CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ゆるゆるとレモンイエローしまねっこ | Main | 猛暑過ぎミョウガを食べて秋を待つ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
宍道湖に猛々しいかなボーイング [2015年08月19日(Wed)]

fumihouse-2015-08-19T14_00_42-1-thumbnail2.jpg大きく出雲平野を旋回した東京発のボーイング737
猛々しいライトを灯して空を切り裂く飛行音
出雲縁結び空港に降り立とうとしている
宍道湖からの湿っぽい風を受けて
屋上のデッキは少し蒸し暑い
夕方からひと雨降ってまた秋が近づいてくるのだろう
淡いベール雲がかかった空に東の風がみえる
美声の主イソヒヨドリがいた
猛暑の盛りには姿を消して見当たらなかった
炎熱を避けてどこに行っていたのやら
ボーイング機の着陸は近い
2000m滑走路の三分の一辺りで後輪を着けた
着地点とタイヤが奇声を上げ白い煙が立ち上る
100m進んで前輪を着ける
急ブレーキをかけて穏やかに歩いているよう
到着出口には多くのお迎えがいる
お盆休みの頃はもっと喧騒があったことだろう
今は穏やかなお盆休み明けのお昼の時間
それでもこの便は満席
飛行機からはき出されてきたかのような乗客
我が家人も無事に帰還した
また平常が始まる
幸いなことだ

(わが家にある斑入りのススキ。まだ穂は出ていないが、これも秋の七草)
コメントする
コメント