CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«夏盛り8.15よ70年 | Main | 制御する人智かなわぬ恐竜世界»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
銃弾と鉄拳あびて不死身かな [2015年08月16日(Sun)]

DSC_4187.JPG『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観ました。先週封切ったばかりで人気シリーズですから、客が多かったですね。

冒頭から見せてくれました。ベラルーシの軍事基地から飛び立つ軍用機のハッチにしがみつくイーサン・ハント。命綱は映像処理で消してありましたが(メイキング映像では装着していた)、さぞかしトム・クルーズも怖かったことでしょう。

IMFのような秘密諜報機関があるのやらどうやらは知りません。広い意味での外交は多岐にわたり、国と国との相対関係を決めるものですが、民間人同士の交流や民間企業の商取引から始まって、仲違いがあると国益を守るために国家が介入してきます。虚実取り混ぜた交渉があり、問題がこじれて紛争となれば、民際外交ではらちが明きません。紛争解決のため戦争が始まります。戦争といえば安倍談話ですが、戦争とは最後の手段。粘り強く交渉を重ねなければなりません。戦闘モードに入ったら冷静な判断はできず、軍人も民衆も暴走しがちてす。ましてや旧日本軍のように戦争を続けることが目的化してしまうと、日本は落ちるところまで落ちたのです。

国家の体裁を持っていないテロ組織にどう対処するのか。世界の警察官を自称するアメリカもさぞかし困っていることでしょう。ミッション:インポッシブルでは、秘密諜報機関から派生したスパイによる犯罪シンジケートとハントが戦います。

戦いの過程で敵弾は味方を避けるように周囲をぶち壊し、捕らえられた味方はすんでのところで敵から逃げ、衛星回線を経由してハッキングして敵方のコンピュータを操り、自爆装置も1秒前に解除される。そんな「映画みたいなこと」ばかりが起こります。だからこそ観る者はホッと胸をなで下ろし、胸がすくのです。万能の戦闘力をもつ美女イルサが、敵か味方か終わりまで明らかにならないのもミステリアスです。今回もハントと美女との恋は形にはなりません。

冒頭に出た飛行機のアクションはもちろんのこと、カーチェイスやバイクアクション、肉弾戦の攻防ではハラハラのしっぱなしです。組織のトップが工作した裏切りや物語展開のどんでん返し。楽しい夏休みのレクレーションでした。

(なぜか今日はジョロウグモ。絵になる蜘蛛だ)
コメントする
コメント