CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ミルコメダ新たな銀河40億年 | Main | 7月の最後の週末夏盛り»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
悩ましき蜩鳴いて人も泣き [2015年07月24日(Fri)]

fumihouse-2015-07-24T18_35_19-1-thumbnail2.jpg蜩(ひぐらし)のことを、またもや書きます。≪出だしは低く、徐々にスピードと音量を増して、再びゆっくりと収束していく。その揺らぎには、地から湧き出してきたかのような得体の知れな≫さがあると。

違っていました。出だしからトップスピードです。しかも音は低くない。カナカナカナとやや金属的に飛び出して一秒間に4,5回も音を繰り出す。持続はせずに2,3秒で声は収まる。せわしない印象がないのは、音が切なく響いてくるからでしょう。遅くなって消え入るように終わる。思う間もなくすぐに鳴き出す。これを繰り返します。

彼らに特筆すべきは、シンクロするところです。山全体がザワザワっと揺らぐのです。若干ズレることで声の塊に揺らぎを感じさせ、いっそう切なさを募らせるのです。やるせなくて悩ましい感じが存分に出ています。日が暮れるまで続きます。

怪談話にはいい素材になりますね。「おめぇのことを好いている、必ず連れ添って所帯を持つからなぁ」と言った舌の根も乾かないうちにあたしを手込めにするなんて……死んでも死にきれないよぉおまえさん。あんたをすぐ迎えに行くから、三途の川を一緒に渡りましょうよ……。

そんな怪談劇があるかどうかは知らないけれど、今夕も悶々と悩ましく蜩は、日を暮らしていくのです。

(夕陽に照らされてムクゲが咲いている。さすがにて今日は邇摩高校も暑かった)
コメントする
コメント