CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«わたくしの党派をなくし参議院 | Main | ヒグラシが寂びの静けさ連れてきて»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
夏空に吸いて入って始発便 [2015年07月20日(Mon)]

fumihouse-2015-07-20T09_39_34-1-thumbnail2.jpg飛行機が滑走路に向かおうとするときに整備士が敬礼。出発便に手を振る:::::私たちが万全を期して送り出す機体です。ご安心ください。どうか乗務員とともに、ご無事で、楽しいフライトとなることを願っています。また帰ってきてください。お待ちしています:::::そんなメッセージが込められている。

セッカが鳴いている。草むらで規則正しく甲高く、キュッキュッと鳴いている。雀は展望デッキのフェンスの上でチュンチュン鳴いている。滑走路の端に行き着いたJALの始発便は加速を増して疾走する。半ばを越えるとまずは前輪が上がり、全体が浮く。ジェットの加速にまかせて宍道湖上空の空に突き刺さる。

飛行機は空を独り占めして飛んでいく。枕木山を下に見下ろし空を行く。右手の伯耆大山もよく見えるだろう。西の方から晴れが寄せてくる。太陽を穏やかに覆っていた雲は脇役とばかりに蹴散らされていく。陽光がまぶしい。暑い一日が始まった。今日の最高気温予想は、松江も東京も33℃。

(暑さが降ってくる出雲の夏空にムクゲが満開となった)
コメントする
コメント