CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«哲学を思弁するなりのんびりと | Main | 葵立ち梅雨の彩り夏近し»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
うるう秒余分な時間さにあらず [2015年07月01日(Wed)]

fumihouse-2015-07-01T12_31_19-1-thumbnail2.jpg今日はうるう秒の日。8時59分59秒のあとは、8時59分60秒。次に9時0秒がきた(らしい)。今回が26回目で2012年7月1日以来とのこと。

「うるう」とは「閏」。余分なことであり、正統ではなく傍系であること。でも貴重な時間。一秒だけだが、長い一日を大切にしよう。そして刻々と間断なく過ぎる時間を愛しみたい。時間を大切にするとは自分の生命を大切にすることだ。そして他人の人生に敬意をはらうことなのだ。

昨日東海道新幹線のぞみ号で焼身自殺した71歳の男。アパートで老人が孤独をはかなんで命を自ら断ったという図式であれば同情の余地もあるが、周囲が止めたにもかかわらず、やってしまうとは。しかも他人を巻き添えにして、多大な経済的損失を被らせてでも、死にたかったのか。ここまで愚かなんじゃあ、開いた口がふさがらない。

あんたの人生は閏だったと悲観したのかもしれないが、それでもやっぱりかけがえのない命だったはずなんだがねえ。ましてや巻き込んで死なせたり怪我をさせてしまった他人は、もっとかけがえがないんだよ。哀れな老人だ。いやいや、あれほど悲惨に他人を巻き添えにした憎っくき奴だ。
コメントする
コメント