CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«過ちはどこのだれにもあるものさ | Main | 旅に出て夢は枯れ野を駆けめぐる»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
雲切れ間今年初めてダイヤ見る [2015年01月12日(Mon)]

fumihouse-2015-01-12T13_21_43-1-thumbnail2.jpg一昨日の夜は雲の切れ間から星空が眺められた。今年初めての星空観察だ。澄んだ夜の闇を背景にまばゆいダイヤモンドがある。冬場の天気。晴れ間は長く続かず波状的に雲がやってくる。快晴でなかったが星がきれいだ。

オリオン右足のリゲルは白面のイケメン。右回りにいくと、大犬座のシリウスは全天一明るい恒星。ギラギラと雄渾だ。子犬座プロキオン。小型のシリウス。白々と若々しい。双子座のポルックス、兄弟星カストルと並んで黄色く光る。御者座のカペラ。馬車を進める御者のコートは薄黄色。牡牛座のアルデバランは赤色で、赤い汗をかいてダイヤの先頭を進んで行く。

リゲルの対角、ベテルギウスは赤色巨星。ダイヤモンドの輝きの心臓部にあって冬の天を統べる。プレヤデス星団(昴)はダイヤを引き立てる小さな宝石かも。東を見れば煌々と明るい木星が見える。しし座のレグルスの近くにあってダイヤモンドの台座となっているかのようだ。

絢爛豪華な冬の星座。明るい一等星に、さらに明るい木星を加えて、この冬も楽しめるだろう。天空に想像の長い線を引いて宇宙のきらめきを感じてみたい。
コメントする
コメント