CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«パソコンを買ったはいいがストレスに | Main | 巡りきて空気も水も素粒子も»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
敬老は幸齢社会の最先端 [2014年09月16日(Tue)]

fumihouse-2014-09-16T18-41-30-1-thumbnail2.JPG昨日は敬老の日。先日総務省が発表した人口推計によれば、現在65歳以上の方は3300万人。昨年に比べ百万人以上も増えています。日本の人口に占める割合は25.9%で4人に1人が高齢者ということになります。もちろん過去最高です。75歳以上の長寿者は12.5%ですから、8人に1人が後期高齢者です。後期高齢者は疾病になったり足腰が弱って医療的なケアが必要になるケースが統計的に増えるわけですが、多くの皆さんは元気です。

そのあらわれとして100歳以上の高齢者は5万4千人にも達し、これも過去最多でした。喜ばしいことに島根は人口比率で全国一です。このことは厚労省が分析するとおり「医療や介護の分野が進歩し、高齢になっても健康に暮らせる環境」ができた結果ですが、島根にとってみれば母数となる人口が70万人を切るなどの社会変動の証左でもあります。喜んでばかりはいられません。それでも健康で長寿を全うしたいという人類の願いの最先端を日本は歩んでいるわけです。素直に喜ぶことにいたしましょう。

【高】齢社会は、【幸】齢社会でなくてはなりません。光り輝く【光】齢社会でもあります。そのことを広く人々が意識する【広】齢社会とするためには実践が必要です。【行】齢社会です。体が衰えていくのは仕方のないことですが、上を向いて歩こう。そう【向】齢社会です。少しはアンチエイジング、すなわち【抗】齢社会の要素も必要ですし、【交】流し【貢】献し熟慮断行する【考】齢社会は進むでしょう。【興】奮しませんか? 【好】感度たっぷりの年配の方々が、黄昏時の晩秋を【紅】葉に彩られながら黄金色に輝きながら散策している図を想像すると。【香】り豊かな【恒】齢社会よ、いつまでも、と願っています。
コメントする
コメント