CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«青空とカンナの黄色目に留まる | Main | 薄暮には魔物がひそんで人を食う»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ほしいなあ紙の月だよパパ取って [2014年09月12日(Fri)]

fumihouse-2014-09-12T18-24-32-1-thumbnail2.JPGペーパームーンは紙の月。ペラペラ薄くて天から今にも落ちてきそう。今朝の澄んだ空、高い空。白い月がかかってる。まさにペーパームーン。白くて淡くかかってた。

一昨日は満月。一昨々日は中秋の名月。満月は十五夜で新月から十五日目の月。九月の十五夜は中秋の名月。満月ならば十五夜で、十五夜なのに満月ならぬとは不可思議だ。たまたま今年は十五夜と満月が一日ズレただけ。

月が満ちて欠けてなくなって、三日月になって上弦の月へ。さらに満月になるまでは二十九と半日。ちょうど三十日ならば何のことはないけれど、この半日が曲者だ。このズレが満月と十五夜を引き離してしまった。

太陽から見れば月は常に完全な満月。日に照らされて月は輝く、これ当たりまえ。月は欠けたり満ちたりを繰り返す。地球と月の位置によりけりで地球人からの見え方が違うだけ。

完全なる満月を地球人が見ようと欲すれば太陽と地球と月は一直線。ところがそうなってしまうとジレンマだ。皆既月食となって満月は見られない。おやおや皮肉なジレンマだ。

来月の満月。その皆既月食が見られる。日食ほどダイナミックではないけれど、宇宙の偶然楽しもう。名画『ペーパームーン』を観るのもいいかも。詐欺師と少女が織りなす心温まる旅物語。ほっこり温まるのもいいかもね。それともカールさん、『パパ、お月さま取って!』の絵本でも開きますかね。

(満月ほどは丸くないタンポポのわたぼうし。ふわふわ飛んで新たなボウシをつくります)
コメントする
コメント