CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ひとはみな母性と父性を併せ持ち | Main | 嫌な奴フィルタリングが破綻して»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
雲一つ二つと増えて喜怒があり [2014年09月04日(Thu)]

DSC_0076.jpg朝家を出るときは曇っていた。
風はなく昨夜からの湿気で肌に不快を感じた。
列車に乗って西に向かううちに雨になった。
傘をさして歩くうちに気温が下がった。
雨は本降りとなりアスファルトは水たまりにおおわれた。
冷たい風が出てきた。
ポロシャツを通して寒さを感じるようになった。
窓を閉めた。
雨は3,4時間続いた。
風がなくなった。
やがて雨もやんだ。
すると蒸し暑さに不快になった。
窓を開けた。
変な天気だ。
そして今は雲の合間から日が射して森や海を薄い茜色に染めている。
天気は刻々と変化する。
天気がよいといっては喜び、日照りが続くといっては悲しむ。
ひとは天気に左右される。
今のところ人間はまだ気候には無力だ。おそらくこれからも…。

(沖縄に咲く木の花らしい。調べたが名前はわからない。出雲でもこうして亜熱帯の花が当たり前に咲けるようになってきた)
コメントする
コメント