CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«おつきあい同んじように付き合って | Main | 夜更けてカエルが鳴いて眠たかろ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
春はいい。直線的に過ぎさても [2014年04月24日(Thu)]

__tn_20140424193041.jpgひとが過ごす時間というものは直線的に進むのでしょうか。歴史年表が左から右へと流れていくように時間軸は移っていくものなのでしょうか。それとも、時は重なるように上へ上へと過ぎていき、樹木の年輪が積み重なるように蓄積されていくのでしょうか。左から右へ、だけだと経験は蓄積されず、年月を経ても時間は周回するだけで、経験も思考も他人との関係も蓄積されないと、感じることがあります。そんなときは自信を失っていることが多いのです。

自分らしく邁進すればいい。他人はどうあれ、自分の道を進むと思い切れるときはいいのですが、くじけ気味のときには、周回するだけの自分の時間にあいそを尽かしたくなるときもあります。清々しくて晴れわたった青い春の空のようになれれはいいのですが…。そういえば、今日の空は格別でした。霞は多少はかかっているものの、暖かい日差しが辺りに満ちて、日だまりにいると心が浮き立つ清々しさを感じる一日でした。

春はいい。なんといってもいい。ツツジが咲き始めて(躑躅と漢字で書くとおどおどろしい)、百花繚乱のゴールデンウイークの季節がやってきました。もちろん遊んでばかりはいられないのですが、この春を楽しみたいものです。

(そろそろシバザクラの季節も終わる。この色合いが地面の絨毯のよう)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント