CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«マラソンは人生なりや考える | Main | 羽が生え弦を結んで笑みをとる»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
仕事にはマネジメントが重要で [2014年02月15日(Sat)]

__tn_DSC_1784.JPG先日受けた職場リーダー論と実践研修より。覚え書きとして。

■総論的定義類
・仕事の意義とは、1/生活の維持、2/やりがい、3/生き甲斐、4/能力を高める、5/社会貢献⇒研修内容も部下に教えることもその一つ。
・報連相ができればOJTはできる、PDCAは本来なら当然のこと。
・組織とは、共通の目標又は目的をもち、それを達成しようとする二人以上の集まり、集団。その成立要件は、1/目的(目標)、2/協働の意欲、3/役割分担、4/秩序、5/良いコミュニケーション
・マネジメントの目的とは、人を通して目標(目的)を達成すること。
・目標と目的の違い
 目標/目印。攻撃の的、実現・達成をめざす水準。目標は、目ざす地点・数値・数量などが具体的。
 目的/実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。目標に比べ、抽象的で長期にわたる目あて。
・戦略とは、目標を達成するための考え方、シナリオ、方針(strategy)。戦術とは、目標を達成するための過程における実践的処理、方法(tactics)。
・目的を達成するために、大目標がある。小分けの目標を立てさせることがマネジメント。
・総務・庶務業務は目標設定が難しそうだが、事前に備えるべきリスクマネジメントの項目はいくらでもある。いかに危機を招きそうな問題点の芽をつみ取り、伸びしろにいかに着目するか。
・定例会議を労働強化的な見方でながめてはいけない。個々人の執務能力を高め、職場をよくし不測の事態に備えることであれば、確信を持って説得できるはず。

■マネジメントの4つの側面
    "現状維持の側面"
┌─┬─────┬──────┬──┐
人" │協働体制  │業務の遂行 │" 仕
の動│チームワーク│         │目事
側機├──────┼─────┤標の
面づ│指導・育成  │問題解決   │達側
 け│         │職場風土改善│成面
  " │        │         │ " 
└─┴─────┴──────┴──┘
    "現状を打開する側面"
 *自分が期待される点、心がけている点を付箋に書き上げて4つのマスに貼り付けると見えてくるものがある。

■上司と部下のPDCAサイクル
 <上司>  <部下>
  命令→
┌→P─┐┌→P─┐
│    ↓│    ↓
A     D A    D
↑    │↑    │
└─C←┘└─C←┘
     ←報告 *上司のPDCA、部下のPDCAは連携する

■部下の指導、育成
┌→計画・企画──┐
│ ┌─↑──┐  ↓ 
統制←動機付け→組織化
↑ └────┘  │ 
└──委任←───┘ 
  *報連相に部下とのつながりができる
  *動機付け(スケジュール管理、優先順位決定)

■命令の仕方
 1 ハイと言わせる
 2 メモをとらせる
 3 5w3h
   what内容/why目的/when起源/who担当者/where場所
   how方法/how much予算/how many数量
 4 復唱させる
 5 優先順位は上司が決める
  それができない=部下のスケジュール管理や執務内容をわかっていないことの証明

■報告の肝要
 1 中間報告の重要性
 2 終わったらすぐに報告
 3 命令だした人に報告
 4 結論から述べる(→理由→経過)
 5 正確に報告(事実と感想は別に)

■指導、育成の心構え
・指導とは何がよくて、何が悪いかの基準を示すこと。戦術である。
・育成とは、効果的な動機付けができるよう戦略的に臨むこと
・メールだけでは本物のコミュニケーションができなくなる。対面で話をすることが大事
・定期的な組織ミーティング、個々対面で育成目標を話し合うことは不可欠

   あるべき姿     育成目標
 −)現 状     −)現 状
  ───────   ──────
   問題点       教育ニーズ
コメントする
コメント