CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«かぐや姫天にも上るその気持ち | Main | 元朝に気持ち新たに時が過ぎ»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
暮れていく晦日の仕舞う時間なり [2013年12月31日(Tue)]

__tn_20131231205902.jpg大晦日も暮れていきます。ただいま夜の九時前。紅白歌合戦が盛り上がっています。

ところで「晦日」(みそか)。もともとは三〇日目の月の日。太陰暦では月の最終日ですが、太陽暦に替わったのちは二八日でも三十一日でも晦日といいます。そして暦年の最終月の最終日が大晦日。

さらに「晦」という字。みそかの他には、カイとか、つごもりと読みます。暗いとか、くらますという意味があるのですが、もともとは月が隠れるということです。月の三〇日目は新月で月齢ゼロ。太陽と地球との位置関係では月が真ん中に入るので、ときどき月食がおこります。

私たちは日毎日毎の営みを繰りかえし、月の最終日がやって きて、「今月も終わったか」と感慨を憶えます。それを十二回繰り返すうちに、今日の大晦日にいたるわけです。

なんだかんだと言いながら、ことしもあと3時間。この一年、このブログをご愛読いただきありがとうございました。皆さまにとってステキな午年になりますように。どうぞよい年をお迎えください。

(写真は大晦日の出雲の空。明るい太陽が時折きらめいた)
コメントする
コメント