CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ブログにて情報発信ひとの耳 | Main | 笑えない高名木登り過ちて»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
インタビューしやすくしたら良い話 [2010年08月28日(Sat)]

ジャーナリストの池上彰氏がNHK出版の『伝える極意』でもって、池上流インタビューの極意を教えてくれている。

1 インタビューする相手を調べる
2 質問は3つにしぼる
3 相手を楽しい気持ちにさせる/「そうなんだ!」「どうして?」は魔法の言葉
4 キーワードでメモする

簡潔にして重要なポイントだと思う。相手に関する情報を集め、相手を知る。そうしなければ、聞きようがないし、質問をさらに深めようがない。幸いに今はネットの力で簡単に予習ができる。

たくさん相手のことを調べたからといって、質問を多く用意しすぎると、話があちこちに飛んだ場合に「聞きたいことに戻さなければ」と気がせってしまうことがある。自在に話を進め、相手から有意義な情報を引き出すためには、簡潔な方がいいのかもしれない。

相手を乗せることによって双方の会話がスムーズに発展的に進む。しっかりと傾聴し、的確な質問を上乗せていくことで相手はきっと楽しい気持ちになるだろう。

録音でもしなければ、話を再現することはできない。テープ起こしをしなければならないような場合でなければ、相手の話を聞くことがまず大切だ。ノートの方ばかり向いてペンを走らせていては、相手の気持ちを乗せていくことはできないことと思う。
コメントする
コメント