CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«宍道湖が翡翠の色に染まるわけ | Main | 大丈夫意味はなくとも大丈夫»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ほん山で向かう頂上めざすもの [2011年08月29日(Mon)]

子供のころ、オリンピック中継を見ながら、スターターがマイクを通す声が「ホンヤマ、セッ」と私には聞こえた。本山とはなんだろう、「ほんやまをせい」というのは、短いけれどつらい競争の山を登れかな?などと考えた。

さて、韓国・大邱の世界陸上二日目。100m決勝でウサイン・ボルトがフライングで失格した。今回の大会から適用されるようになったフライング一発即失格のルール。最強の競技者がその"犠牲"になったことから、物議を醸している。

今まで使われていたルールは誰でも知っている。「1回目は不問。2回目以降にフライングすれば誰がやっても失格」というやつだ。

全神経を集中してスタートに備える。交感神経は最大限に緊張し、心身ともに極限状態となる。スタートしたと思う間もなく、誰かがフライングして同じ集中作業をまた強いられる。ひとによっては集中力を再現できずリズムを崩す。繰り返された重圧につぶれる場合もあるかもしれない。ライバルを蹴落とすために意図してやられたらたまらない。意図しないまでも、いい加減な競技者に邪魔をされてはかなわない。

競技進行やテレビ中継に影響があることも考慮すれば、フライングを一切認めないという今回のルール改正は当然のことといえよう。

スターターの言葉は「オン・ユア・マーク・・・セット」。号砲とともに(正確には一瞬あとで)飛び出し、わずか9秒あまりで決着がつく。陸上競技、特に徒競走は、単純だからこそ、魅力たっぷりだ。
コメントする
コメント