CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«おでかけで深呼吸なり気をかえて | Main | 斐伊川を越えて就職狭き門»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
太陽の放射のごとき花なれば [2011年10月29日(Sat)]

セイタカアワダチソウの季節になった。今や秋盛りの花の代表格となった。戦後に貨物船経由でアメリカから入ってきたといわれ、一時は秋の花粉症の元凶と言われた(のちに濡れ衣とわかったが)。鉄道沿線は黄色の花でおおわれ、秋の風物ススキを駆逐するとも言われた。幸いに今は両者は共存して秋の風景をつくっている。

その名のとおり、「背が高く」「泡立った」草である。黄色い粉砂糖をたっぷりまぶしたケーキのような、アルプスの峰々に黄色い新雪が降り積もったような風情を感じる。

花を観察してみると、花びらのごく細い小菊を数千も集めた作りになっている。中心の丸いところに放射状に花びらが広がるのは太陽の形だ。セイタカアワダチソウは太陽を無数に集めた花なのだ。

山陰本線沿線も休耕田も川べりもどこもかしこも、アワダチソウの黄色がある。菜の花の色よりは濃く、ひまわりの色よりは薄いこの黄色いミニ太陽。太陽が染める秋を楽しもう。
コメントする
コメント