CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«斐伊川を越えて就職狭き門 | Main | 地球丸70億の人命や»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
西東輝きわたる惑星よ [2011年10月31日(Mon)]

久しぶりに金星がお目見えした。
夕方の西空低くに、宵の明星として。
少し生暖かい空気、空も湿気が多そうだ。
飛行機雲が二本交差し、太く発達しつつある。
何種もの橙色に染まる夕焼け空と雲。
金星は負けずに光を放つ。

松江大橋から目を東に転ずれば低い位置に木星が輝く。
これから一晩中輝く。
両者をやじろべいの支点で結べば軸は天頂となる。

南西には三日月が存在を主張する。
毎夜毎晩育つ私を見てよと。
夜長の秋に道行く人を導いてくれるだろう。

明日から11月。
また夏日が来るかもしれないと。
今年もあと2ヶ月。
いったいどうなっていることやら、トホホ。
コメントする
コメント