CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«一心にタイプの響き鎮魂に | Main | エジプトは民主選ぶか独裁か»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
http://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ゆら揺らぎつくづくボウシと鳴くかいな [2013年08月16日(Fri)]

__tn_20130816185950.jpg西陽を背にして歩く。アブラゼミの音であたりはいっぱい。ジーコジーコ ジージージー ジンジンジージー。

ツクツクボウシも鳴いている。由来は「ツクツクボーシ」と鳴くその声よ。さらに一説、「夏が終わるよ、つくづく惜しい」ツクヅクオシイ、ツクツクオーシ、ツクツクボウシ、とな。

秋が来ちゃうよ、つくづく寂し。夏が行くよと、ツクヅクボウシ。「ツクヅクボーシ、ツクヅクボーシ、ツクヅクボーシ」

あれまあ、ところでこの真夏、惜しいかな? 行ってしまう、つくづく惜しいかい? いやはや、とんでもないこった。できれば早く、つくづく早く行ってほしいよ。涼しさとって代わってな、適度な雨もつれてきて。

ところでこんなに聞こえない?
「スウィーッチン スウィーッチン スウィーッチン スウィーッチン スウィーッチン スウィーッチン スウィーッチン…スピーヨ スピーヨ…グジュジュ…」

夏の終わりのツクツクボウシ。お盆が過ぎたら鳴き出すと、昔はそうだと思ってた。ところが今は夏の盛りに鳴き出すぞ。盛夏に鳴くと決まってた、ミンミンゼミは鳴きません。晩夏のころに鳴き出すぞ。絶滅危惧種と思いきや、夏の終わりにかしましい。

自然の妙か、気候の乱れかわからぬが、セミの世界も変わったよ。まだまだセミの季節は続く。このかしましさ、なくす時きっと寂しさつのります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント