CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
フクとま(フクシマとつながる苫小牧)
 旧名称「福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会」
「福島の子どもたちの被ばくを少しでも減らしたい、距離を超えた「つながり」を作りたい」 
 福島で暮らす子どもと親たちへ向けた情報発信とメンバーの活動の記録です。
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
追加募集! 保養支援「この夏...苫小牧へ!2017」[2017年06月26日(Mon)]
保養支援対象者の追加募集です!

 保養支援対象者募集は、6/22で締切りましたが、一組空きが出たので追加募集します。

1 募集数 1組(3人以下。母親と子ども)
      必ず「H23.4.2〜H26.4.1に生まれた幼児」
     が含まれること。
      ※親戚の子、知人の子などは対象外です。
      ※中学生以上は追加募集の対象外です。
      ※既に決まっている家族の構成から、父親は不可。

2 募集期間 6月27日〜7月7日(金) 
       申し込み受付は電話のみ。(最下部に記載あり)
       受付時間13時から20時。
       先着により決定。

3 保養支援期間  
    2017年 7月31日(月)仙台港発
          8月 1日(火)苫小牧港着    
          8月 7日(月)苫小牧港発
          8月 8日(火)仙台港着

4 居住地から苫小牧への交通機関
    居住地から仙台港までの交通機関はご自身で手配して
   いただき、仙台港から苫小牧港までのフェリーの手配は
   当方が代行します。 

5 実費負担及び交通費について
     中学生以上 17,000円  
     小学生 8,000円  
     未就学児以下は無料
    ☆実費負担は、食費、宿泊施設利用費、寝具代、入浴
     料金、消耗品等、滞在中の生活にかかる費用の一部
     を負担していただくものです。この他、こちらが提
     供する以外のおやつや飲物などの購入費及びコイン
     ランドリー使用料は自己負担です。
  ★実費負担については、申し込み受付後に請求書を
     お送りします。
    ※振込手数料はご負担ください。
    ※キャンセルの場合は、当方からの振込手数料を除い
     た額を返金いたします。実費負担

6 その他の事項は、5月28日の記事をご覧ください。

7 注意事項〜以下をよくお読みください。
       ★1項で示すとおり、必ず居なければならない
        年齢の子が居ます。(誕生日に注意!
       ★宿舎は雑魚寝です。
       ★観光を期待する方には向いていません。
       ★朝食作りや掃除は、保養に来た方が中心に行
        います。
       ☆毎日、1家族に1人、担当のスタッフが付き
        ます。
       ☆昼、夕食は、スタッフが作ります。

《申込先》  
  フクとま(フクシマとつながる苫小牧) 石田
    携帯電話 08032917167
    
      
フクとま映画会「内部被爆を生き抜く」[2017年06月23日(Fri)]
 自分とこのブログの更新を忘れてた!!

 もう、明日の朝になっちゃいますが、

以下のとおりフクとま映画会を行います。

 福島第一原発爆発事故から6年経ちますが、

未だに放射能は放出されています。

 原発の存在に対する意見は様々ですが、

現実に原発があり、稼働すれば、

事故が起きることも想定しなければなりません。

 もし事故が起きたら、


私たちはどうやって被ばくを防げばいいのか、

被ばくによる影響を減らせばいいのか。

 今一度考えてみませんか?

 ぜひ、いらしてください無料です。


日時  平成29年6月25日 9時半開場 10時上映

会場  苫小牧市文化会館2,3会議室

参加費 無料


 ★同会場で13時から、フクとまスタッフ会議が行われます。
  今年も、福島から苫小牧市を、幼稚園児を中心にした家族が訪れます。
  滞在中の生活のサポートをしてあげたいと思う方、午後からの会議に飛び入り参加ください。

  歓迎です!
保養「支援」について[2017年06月02日(Fri)]
 いよいよ、明日から「ほよ〜ん相談会」が始まります。

 いわき、二本松は苫小牧より5、6℃、気温が高いようですね。


 さて、フクとまの保養も今年で6回目となりました。

 フクとまの「保養」は、あくまでも「北海道に行って保養を行いたい(保養者)」という方が主人公です。
 フクとまの役割の基本は、「保養者の滞在中の生活の支援」です。
 
 「滞在中の生活支援」とは何かというと、苫小牧に来るまでの交通費と滞在中の生活費に対する「経済的支援」と滞在中の家事と子どもの遊びに対する「暮らしの支援」の2つです。


 この2つの支援を、「福島の子どもたちの健康を守りたい」と思う、市民や団体からの寄付、自治体や団体の助成金を活用して実施しています。
 
 保養の実施には、15名くらいを1週間滞在させるために交通費を含めて50万円くらいかかります。
 40名くらいのスタッフが必要ですが、みんな手弁当で、フクとまに経済的な利益はありません。
 保養者に求める「実費負担」は、保養という企画への参加費ではなく、滞在中の生活費を負担するだけなんですよね。
 去年までは、分かりやすく「参加費」としていましたけど。
 
 実費負担は、できるだけ長く保養を続けていくために求めるもので、「来年も保養支援を行うための寄付」という側面もあります。
 

 保養を企画することが、旅行業に抵触するのではないかと言われています。

 確かに、宿舎の手配やフェリーの手配など、パック旅行を企画しているのと同じ作業なのかもしれません。

 でも、自分自身で宿舎や交通機関を手配して北海道の各地に散らばった保養者の元に、フクとまのスタッフを派遣するなんてことはできないし、いただいている寄付や助成金も効果的に使えない。
 
 フクとまの保養の場合は、保養者同士、保養者とフクとまスタッフが交流して、心をリフレッシュさせたり、疑いを支えるつながりを作り出すのも目的。
 保養者が、散らばっているようでは、そういう目的も達成できません。
 (「同じ釜の飯を食った仲」って大事なことですよね)

 だから、どうしても宿泊施設と交通機関は、フクとまが代表して確保しなければならないんですよね。

 いただいた寄付や助成金は、可能な限り子どもたちのために使いたい。

 これって、北海道のおばさんが、本州に暮らす甥や姪を北海道に遊びに来させるのと同じです。

 「なんも心配すんなー。宿も飛行機もおばさんがとっといちゃるから、空港に迎えにいっちゃるから、あんたたち私の言ったとおりにしておいで〜」

 このとき、おばちゃんは、甥や姪に会うことが楽しみ(利益)で、何も代償は求めないでしょう?

 フクとまも同じなのです。

 「保養」という企画の販売ではなく、「北海道で保養をしたい人の保養」の支援なんですよね。


 宿もフェリーも、フクとまがとっといちゃるだけなんです。

 

 あ、スタッフは、おばさんが9割だしね。(笑)

 
滞在中の日程[2017年05月30日(Tue)]
 苫小牧滞在中の生活をどのようにサポートするか、日程の一例をご案内します。

 これはまだ案の段階なので、変更が有りますのでご承知おきください。

**************************


8 / 1 (火)
仙台港⇒苫小牧到着
オリエンテーション+ママタイム 歓迎会

8 / 2 (水)
バス遠足(高丘浄水場+北大研究林)

8 / 3 (木)
北星公園/(アロママッサージ)

8 / 4 (金)
ママタイム/キッズタイム(いもほり)
北海道vs福島県郷土味比べ

8 / 5 (土)
錦大沼

8 / 6 (日)
バス遠足(アイヌ民族博物館)/送別会

8 / 7 (月)
藍生葉染め/ぷらっと港市場
苫小牧出発⇒仙台港へ
 
フクとまの保養について[2017年05月29日(Mon)]
 保養支援を行ってる団体は、いくつもあります。

 ご自身が考えている保養に一致する支援を行う団体を選んでくださいね。

 フクとまの保養に対する考え方とサポートは次のとおりです。

*****************************

★フクとまの保養に対する考え方 
  フクとまは、保養を「被ばくを避けるための一時避難」とし
 て考えています。
  被ばくについては、「どのくらいまでなら心配ないか」とい
 うようには考えず、もっとシンプルに考えます。
  生物は、長い時間をかけてその土地の環境に適応するように
 身体を作って行き、それは次世代にも引き継がれて行きます。
 もし、その生物が生きる環境に大きな変化があれば、身体にな
 んらかの負担がかかることになるでしょう。
  福島第一原発爆発事故が起きた後、福島県と近隣の多くの地
 域(以下「福島」とします)で空間放射線量がこれまでの2倍
 以上に増えました。そして、今も2倍以上という地域がたくさ
 んあります。身体に何らかの負担がかかっていると考えるのは
 普通のことだと思います。(それが明らかに身体に表れるもの
 かどうかは、次の段階の議論です)
  保養は、一時的に住み慣れたところを離れるので、身体に負
 担をかける面もありますが、それよりも「被ばくをしない」こ
 との方が、身体的にも精神的にもメリットがあると考え、保養
 を行う方を支援しています。(日本のどこに居ても被ばくをし
 ますが、それは原発爆発事故前の福島と同じ状態、すなわち身
 体が適応してきた範囲内です)

★フクとまの保養の支援の特徴
  滞在中も半日は子どもとしっかりと関われる方、合宿形式の
 保養でも問題ない方、観光.的なものがほとんどなくても問題な
 い方に向いたものになっています。
  また、保養期間が1週間と短いため、保養の効果を上げる観
 点から、普段の生活でも、少しでも被ばくを防ぐための対応を
 している方に向いています。
  具体的には次のとおりです。
   ◎幼稚園、保育園相当年齢の幼児が中心。
   ◎一家族に最低一人のスタッフが担当で付く他、全体を見
    るスタッフを数名配置
   ◎朝食は自分たちで、昼夕食はフクとまスタッフが作る。
    (お米、味噌、野菜等の主な食材は、地元のJA、ナチュ
    ラルショップ、福祉施設等から、無償、廉価で提供して
    いただいているので、それを十分活用します。基本は和
    食であり、朝食はご飯と味噌汁です)
   ◎宿舎(町内会館)の掃除はフクとまスタッフも手伝う。
   ◎近くの児童公園でのごく普通の遊びや大自然の麓の森林
    公園での自然を使ったゲームや散策が滞在中の活動。
 
フクとま保養支援「この夏...苫小牧へ 2017」のご案内[2017年05月28日(Sun)]
 2017年度のフクとまの保養支援のご案内です。

 今年のフクとまの保養支援は、以下のとおりです。

 申込受付は6月3日からです。
 それまでのお問い合わせはメールでのみ受け付けます。


7月3日追加募集締切りました!
現在キャンセル待ちの受付中です。


************************
 
フクとま保養支援「この夏...苫小牧へ 2017」

1 支援対象者  
(1)年齢   
   2011(H23).4.2〜2014(H26).4.1に生まれた幼児と
  その兄弟と保護者。
  (保護者は最大2名まで。例えば親と祖父母の2世代が
  参加することはできません)
(2)居住地域 
   福島県及びその近郊で、現在の空間放射線量が
  0.07μSv/h(苫小牧の最大値)を上回っている地域に、
  現在住んでいる方。
(3)募集数  
   最大4組(親を含め10〜12名程度)
(4)日常生活で何らかの配慮を必要とする方は、申し込み時
  に、あらかじめご相談ください。

2 支援期間  
    2017年 7月31日(月)仙台港発
          8月 1日(火)苫小牧港着    
          8月 7日(月)苫小牧港発
          8月 8日(火)仙台港着

3 支援内容  
    5/29掲載「フクとまの保養(一時避難)について」
   及び5/30掲載「滞在中の日程例」をご覧ください。
    なお、日程例の内容は現時点での基本的なものです。

4 居住地から苫小牧への交通機関
    居住地から仙台港までの交通機関はご自身で手配して
   いただき、仙台港から苫小牧港までのフェリーの手配は
   当方が代行します。 

5 実費負担及び交通費について
(1)実費負担(全実施期間をとおして) 
     中学生以上 17,000円  
     小学生 8,000円  
     未就学児以下は無料
    ☆実費負担は、食費、宿泊施設利用費、寝具代、入浴
     料金、消耗品等、滞在中の生活にかかる費用の一部
     を負担していただくものです。この他、こちらが提
     供する以外のおやつや飲物などの購入費及びコイン
     ランドリー使用料は自己負担です。
  ★実費負担については、申し込み受付後に請求書を
     お送りします。
    ※振込手数料はご負担ください。
    ※キャンセルの場合は、当方からの振込手数料を除い
     た額を返金いたします。

6 申し込み及び支援対象者の決定について
(1)申し込み受付
    2017年6月3日(土)〜6月22日(木)
    ★受付時間 13時〜20時
    ※6/4の「ほよ〜ん相談会」会場(二本松市)では、
     11時から受付。
    申込先 携帯08032917167
        (電話以外では申し込みをお受けできません)
    担当  石田(都合により電話に出られない場合、担当
       が変わる場合があります)
(2)支援対象者の決定
    6月24日(土)13時〜16時に連絡します。
    (申込が定員を超えた場合は、申込者の世帯構成などを
    考慮して決定します)なお、キャンセルする場合は、で
    きるだけ早く連絡してください。

《お問い合わせ》  
  フクとま(フクシマとつながる苫小牧) 石田
    携帯電話 08032917167
    Eメール(PC) pucca-fukutoma@asahinet.jp
    ※携帯等で、PCからのメールの受信拒否設定をしている
     方は解除してください。

今年も「ほよ〜ん相談会(保養相談会)」に参加します![2017年05月26日(Fri)]
 「ほよ〜ん相談会」(主催311受入全国協議会)に今年も参加します。

 今年は、苫小牧から派遣する、いつもの室崎と、

今年から開設した「フクとま福島出張所」の2名(いわき会場では1名)が参加します。

 日程は以下のとおりです。

 会場でお待ちしています!
 
 フクとまの保養支援の対象は、

「幼稚園・保育園相当の年齢の子どもとその兄弟と保護者」。

 詳細は、明日か明後日のブログでご案内できると思います。

 まずは、「ほよ〜ん相談会」のご案内。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

【日程と会場】

★2017年6月3日(土)

 浜通り相談会(いわき市)13:30〜17:00

 会場:いわき市生涯学習プラザ4階
    (いわき市平字一町目1番地 ティーワンビル)


★★2017年6月4日(日)

 中通り相談会(二本松市)11:00〜15:00

 会場:福島県男女共生センター1階
    (福島県二本松市郭内一丁目196-1)


 311受入全国協議会HP
ボランティアって?[2017年05月22日(Mon)]
 5月11日の記事で、「中学生スタッフの一人が、中学生
主張発表大会で最優秀賞になりました!」と紹介しました。

 このブログを読んでくださっている方にも、その内容をご
紹介します。

 紹介するにあたっては、ご本人と親御さんに了解をいただ
いています。また、内容には一切、手を加えていません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


 「ボランティア」と聞いて皆さんはどのような印象を持た
れますか?「無料奉仕」「人助け」「寄付や募金活動」・・
人それぞれ、様々な印象があるでしょう。
 私は4年前から「フクシマとつながる苫小牧」略して「フ
クとま」というボランティア団体の事業に、母と2人で毎年
参加しています。夏休み期間中、福島の子どもたちを苫小牧
に招いて、保養を目的とするお手伝いをしています。
 皆さんもご存知の通り、福島では、6年前、東日本大震災
が起こり、多くの方がなくなり、また、今でも不便な生活を
強いられています。
 福島原発事故が起きたとき、福島県や近隣で空間放射線量
がこれまでの2倍以上に増えました。そして、今でも2倍以
上の地域がたくさんあるそうです。放射能汚染から逃れるた
めに福島を離れたくてもそれぞれの事情があって離れられず
に不安な気持ちで住み続けている人がたくさんいると聞きま
した。特に小さなこどもがいる親たちは、もっと心配してい
るでしょう。少しの間でも放射線量の少ない土地で過ごすこ
とによって体への負担や精神的な負担を減らすことができる
そうです。
 「フクとま」は、主に見就学児を対象としていて、福島で
は普段できないような土、水、草木に直接触れ、自然を満喫
し心身ともにリフレッシュしてもらう目的で活動しています。
 そして、今年のフクとまへの参加は私にとって特別なもの
となりました。母は仕事の都合で今年は参加できません。聞
いたときは少し迷いましたが、子どもたちのあのうれしそう
な顔を思い浮かべると、自分一人でもやってみたいと思い、
一人で参加することに決めました。大人のボランティアスタ
ッフの中に一人で入り、しっかり活動できるか不安もありま
した。今までは何となく母についていって大人に甘えていた
ボランティア活動でしたが、今回は一人です。こども一人ひ
とりに目を向け、危険な目に遭わせないように、そして、楽
しく過ごせるように気を配ります。大人の一員になったよう
な気がして、とても責任を感じました。
 一日目、私は「フクとま」の旗を掲げてフェリーターミナ
ルで子どもたちを出迎えました。どんな子が来るのかとても
緊張しましたが、それはすぐに吹き飛びました。子どもたち
がとても人なつっこく、すぐに打ち解けられたからです。何
日間か一緒に過ごすうちに、私のそばにくっついて、ひざの
上に乗ったり甘えてくる子どもたちがかわいくて仕方なくな
りました。私は、少しの間でも苫小牧で自然と触れ合い、思
い切り遊んでほしいと心から思いました。それと同時に、も
う二度とこのような原発の事故を起こしてはいけないと強く
思いました。
 「ボランティア」は頑張ってもお給料はもらえないし、疲
れるし、面倒なこともある大変なイメージがありますが、私
は母から離れて自分の目で、実際に見て体験してみて今まで
感じたことのない感情が生まれてきました。子どもたちやそ
の親たちが本当に楽しそうに伸び伸びと過ごしている様子を
見て、とてもうれしい気持ちになったり、様々な年齢の参加
者やスタッフと交流して視野が広がり自分自身の成長に気づ
いたりしたこともありました。
 そして、何と言っても「人との出会い」のすばらしさです。
この保養が終わったら、もう二度と会うことができないかも
知れないからこそ一瞬一瞬が大切な時間です。一緒に遊び、
食事をし、お風呂に入り、絆が深まるほど「また会いたいね」
という気持ちが生まれてきます。遠く離れた場所に住んでい
ても、こうしてつながりを持つことができるのです。
 ボランティアとは人と人との「出会い」「つながり」「絆」
などかけがえのないものをたくさん与えてくれます。
 私はこれからも自分のできる限り、このような活動に参加
していきたいと思います。皆さんも、ぜひボランティアに参
加してみてください。きっと自分が大きく成長できるすてき
な出会いが待っていると思います。

スクリーンショット(2017-05-14 8.33.03).png

スクリーンショット(2017-05-14 8.55.57).png

スクリーンショット(2017-05-14 9.04.39).png
フェリーターミナルの売店が改装したよ[2017年05月12日(Fri)]
 フェリーターミナルの売店が改装したというので、
見学に行ってきました。

 この日、保養でお世話になる太平洋フェリーは...
スクリーンショット(2017-05-10 19.50.43).png

スクリーンショット(2017-05-10 19.51.00).png
 
 「きたかみ」が着岸していました。
 今の、太平洋フェリーの運航表を見ると、今年は、コレにあた
りそうな感じですね。

 苫小牧港と仙台港を結ぶ船としては、一番型が古いですが、
でも立派な船ですよ。


 さて、フェリーターミナルの売店。
 黒を基調としたシックな感じになりました。

 スクリーンショット(2017-05-10 19.52.25).png

 北海道を代表するお菓子はたいてい揃ってます。

 小樽の「あまとう」のマロンコロンが無いのは、
すごく不満だけどね。(笑)

 以前と比べて、肉とか魚の冷凍加工品類が減ったかな。

 小物が増えたような気がする。

 千歳空港の様には行かないけど(アレが異常なんだよね。他の
空港と比べて分かった)、充分だと思います。



 
去年の中学生スタッフが「苫小牧市中学生主張大会」で一番に![2017年05月11日(Thu)]
 去年の保養は、中学生のボランティアがすごく活躍してくれた
と昨日までの記事に書きました。

 そのうちの1人が、
市内の中学生の主張大会で最優秀賞になりました。

スクリーンショット(2017-05-10 19.56.55).png

 すごく、すごく、嬉しかった。

 もし、フクとまの5年間の保養への取り組みが、
何らかのご褒美をもらえるに値するものだったとしたら...
これ以上はない最大のご褒美です。


 彼女が述べていたことの中で一番感動したのは、ボランティア
の本質をきちんと表現していたことです。

 もちろん、福島の現状や保養についても、きちんと、分かりや
すく述べていました。

 それはそれでとても重要なことですけれど、でも、やはり、
彼女自身が体験したボランティアというものを、彼女の言葉でみ
んなに伝えていたこと、それが一番大切なことだと思います。

 ボランティアは「自分がしたくて始めるもの」です。
 始めるときには、それで自分が何を得るのか分からないし、
そもそも「得る」ことを目的としているわけではありません。
 振り返ったときに、結果として何か得るものがあったとき。
 それが大きなものだと思うか、つまらないものだと思うか、
それも自分次第なのです。
 
 彼女の発表は、自分のしたこと、心の動き、そしてこれを
とおして得たもの、それを、他の事柄で飾ること無く、それ
だけを正直に伝えているものだと感じました。

 そして、きっとそれがよかったのだと思います。

 だって、ひいき目でなく、発表を終えた後の拍手は一番大きく
長かったですから。


 もし、将来、これよりも大きなご褒美があるとしたら...
それは北海道に何かあったときに、フクとまに参加した子どもた
ちが、北海道の子どもたちを助けてくれることでしょう。

 もちろん、「何か」は起こることが無く、
永遠に実現しないご褒美であることが一番なんですけどね。
| 次へ
検索
検索語句
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

フクシマとつながる苫小牧さんの画像
http://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml