CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
いっしょに作って、いっしょに食べよう 2019秋 番外編の2[2019年10月13日(Sun)]
 11日記事の「あんクリサン(←今、名付けた)」の作り方。

 おいしいあんこと、おいしい生クリームと、おいしいサブレを用意します。
ankuri1.png

 世界一美味いあんこ。
ankuri2.png

 見かけ2つは同量。
ankuri3.png

 混ぜます。
 いやぁ、どうしましょ。
ankuri4.png

 サブレに載せます。
 もっともっと載せたい♡
ankuri5.png

 挟みます。
 うあぁあ♡
ankuri6.png

 完成!!
ankuri7.png

 なまらうまい♡ハート(トランプ)

いっしょに作って、いっしょに食べよう! 参加者募集中!
issyonitukutte.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 番外[2019年10月11日(Fri)]
 番外編。

 あ、それ、作りたい!って思う人、いるかも。

 NHKの朝ドラをきっかけに話題になったお菓子、帯広市近く音更町の柳月の「あんバタサン」。


 10月8日の記事で「さつまいもの生クリーム添え」を紹介しましたが、それで作った生クリームが余りました。

 私は、ケーキには生クリームだけが付いていればいいと思うくらいの生クリーム好き。

 そして、その日はお彼岸で、カミさんはあんこを炊いておはぎを作っていました。

 私は、あんこで日本酒を吞めるくらい、あんこ好き。

 そして、多分、カミさんの作るあんこは世界一美味い。

 さらに、私は子どもの頃、小樽の「あまとう」でクリームぜんざいを食べて以来、甘い物のミックスの最強は「あんこ×生クリーム」だと思っている。

 これは...。

 思いつきました、美味しいサブレを買いに行きました。

 で、作ったのはコレ。

20190923_151423.jpg

 生クリームとあんこを混ぜた物を、サブレで挟みました。

 サブレは、イオンの六花亭で買った「マルセイビスケット」。

 マルセイバターサンドのビスケット部分です。

 柳月のライバル会社で作っちゃった。

 本当は、きのとやの「札幌農学校」で挟みたかったんだけど。

 うまかった〜。

 さらに思いついて、ラップにくるんで冷蔵庫で一晩寝かせたら、まるでマルセイバターサンドのように、サブレがしっとりしました。

 えーと、ダイエット中...。


 「いっしょに作って、いっしょに食べよう!」参加者募集中!

issyonitukutte-mini.png

チラシはコチラ→issyonitukutte2.pdf
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 その5[2019年10月10日(Thu)]
 さて、メニュー紹介の最後は「トンギスカン」。

 ジンギスカンを羊肉ではなく豚肉でやるわけで、豚肉をあらかじめジンタレ(ジンギスカンのタレ)に漬け込んでおきます。

 「ジンギストン」とおいう名前で売られていることが多いと思う。
 でも、店頭でしばしば見かける様になって10年も経ってないんでないかなあ。

 私は「『トンギスカン』の方が、いいんでない?」って思っていたので、今回のメニューではトンギスカンで。

 ジンギスカン鍋を持ってくわけにはいかないので(重いし)、今回はフライパンでやります。

 こんな感じ。

DSCF0869.JPG

 下に、玉葱ともやしを敷いてます。

 ジンギスカン専門店に行くとね、もやしを使わないとこが多いんだけど、私は使いたい。

 ジンギスカンは北海道料理の代表格だけど、羊肉の99%はニュージーランド及びオーストラリアからの輸入。

 でも、豚肉を使えば100%北海道産の北海道料理です。

 
 ところで、そのうち、エゾシカ肉を使った料理をやりたいねえ。

 ほんと増えすぎて、近所うろうろして邪魔なんだわ。(うちは、市内中心部だよ)

 人間を恐れなくなってて困るのさ。

 今なら、素人でも弓持たせれば射れるわ。

 牛とか豚とか食べ得る場合でないんだわ、ホントはあせあせ(飛び散る汗)

 issyonitukutte-mini.png

 チラシはココ→iisyonitukutte.pdf
 
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 その4[2019年10月09日(Wed)]
 3品目。

 デザートですね。

 サツマイモの生クリーム添え。

DSCF0871.JPG

 揚げたサツマイモにシナモン風味の生クリームを付けて食べるという...この生クリームがまたおいしくて、たまりません!

 砂糖は、てんさいとうを使うので、ちょっと色が付きますが。

 生クリームは、生乳100%、添加物無し。(よつ葉乳業さん)

 今回のメニューは、白米、肉、油、砂糖、クリーム...。

 私も「あ!」と思ったけど「子どもにはあまり食べさせたくない取り合わせだなあ」って思う方もいるっしょ?

 でも、まあ、一年に一度のお祭りだと思ってるんるんぴかぴか(新しい)

 おおらかに晴れ

 issyonitukutte-mini.png

 チラシは10/6の記事からダウンロードを。
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 その3[2019年10月08日(Tue)]
 では、次の料理のご案内。

 ポテトサラダ。

DSCF0868.JPG
 
北海道の2大ジャガイモは、丸っこい男爵と卵型のメークインですね。

 男爵はほくほくしていて粉ふきいもやコロッケ向き。

 メークインは煮崩れしにくいので、カレーとか煮物向き。

 今回使うキタアカリは、お母さんが男爵(「母が男爵」って妙な感じ 笑)、お父さんはツニカ(お父さんの名前の方が女性っぽい。ロシアとか北欧にいそう)というでんぷん用のジャガイモを親に持ちます。

 キタアカリは、家庭向けの品種としては北海道で3番目の栽培面積(でも、男爵の9分の1、メークインの4分の1くらい)で、男爵系のほくほくしたジャガイモです。
 だからポテトサラダにも向いてます。

 私のカミさんは、キタアカリが好き揺れるハート

 黄色っぽいイモなので、人参やキュウリが混ざると、色の対比が美しく、見た目も美味しいポテトサラダになりますよ。

 なお、私、ポテトサラダを上手に作れず、カミさんの下、特訓中です。

 当日は...大丈夫ですよ!!

 issyonitukutte-mini.png

 チラシは10/6の記事からダウンロードを。
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 その2[2019年10月07日(Mon)]
 さて、この秋の「いっしょに作って」は、いったい何を作るのか?

DSCF0864.JPG

 けっこういいしょ?

 お店屋さんなら、1200円くらいとるしょ。
 輸入食材、一つも無いし。
 生クリームだって、100%生乳ですからね。
 (何が違うか...スーパー行って成分表を調べてみて)

 これが600円手(チョキ)

 さて、まず紹介するのかコレ!

chepruru.png

 アイヌ民族料理のチェップルル。

 前回は、オハウを紹介したんだけど、あの時は糠ニシンを使いました。

 今回は、新巻か山漬のサケを使う。

 野菜は、大根、人参、長ネギで、それにイモ団子を入れます。

 味付けは昆布出汁に塩のみ。

 サケから出る旨味がメインなので、どれだけいい新巻か山漬が手に入るか。

 それが全てを決める。

 シンプルだけど美味いよ〜。

 ところで、オハウとチェップルルは、何が違うのか?

 オハウで糠ニシンでなく、サケも使うしね。(そっちの方がポピュラー)

 ジャガイモではなく、ジャガイモと片栗粉で作るイモ団子を使うとこ?

 うーん、分からないあせあせ(飛び散る汗)

 issyonitukutte-mini.png

 チラシは10/6の記事からダウンロードを。
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋 その1[2019年10月06日(Sun)]
 2019年の保養は無事に終わりました。

 福島から4組の親子が来苫し、町内会館で寝食を共にし、苫小牧のふくトマスタッフと交流しながら、大自然に包まれて一週間を過ごしました。

 さて、1ヶ月後に迫ったイベントのご案内。

 今度は、苫小牧からふくトマスタッフが(代表だけですが)郡山に出張します。

 「いっしょに作って、いっしょに食べよう! 2019秋」のお知らせです。

issyonitukutte-mini.png

チラシはココ→iisyonitukutte.pdf


 親子での調理体験です。(詳細はチラシをご覧ください)

 北海道と福島県の食材を合わせて、みんなで一緒に、美味しい料理を作りましょう!

 今回の北海道代表の食材は...

アキアジ(鮭)、豚肉、玉葱、ジャガイモ、生クリーム、昆布、鮭節。

 福島県代表の食材は...(一部近隣県)

大根、長葱、人参、キュウリ、もやし、サツマイモ、果物。


 美味しく食事をいただいた後は、ドーミン&ケンミンクイズなども予定しています。

 10月7日から募集開始ですダッシュ(走り出すさま)
ふくトマ ウトナイ湖冬の小運動会 終わりました[2019年04月17日(Wed)]
 あー、結果をアップしてなかった。

 2月17日に行った「ふくトマ ウトナイ湖冬の小運動会」。

 今年も楽しんでもらえたみたい。

 来年もやるつもりで〜す。

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.09).png
 雪の中からアイスホッケーのパックを探す「エゾリスは忘れん坊」。
 今年は雪が少なくて楽でした。

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.23).png
 長靴を拾って戻って来る雪上駆けっこ「長靴取ってきて!」

スクリーンショット(2019-04-15 15.28.38).png
 一番左は大人です。
 惨敗でした...。(重いと埋まるしね)

 さ、メインは雪上綱引き。
スクリーンショット(2019-04-15 15.29.40).png
 女の子ばかりの様に見えますが、後ろに男子がしっかり居ます。

スクリーンショット(2019-04-15 15.39.38).png
 一回戦は「雪の王」が1人で相手しましたが瞬殺。
 2回戦は、部下が加わりましたが、一蹴されました。

 来年は本当に王様を連れてきたいな。
いっしょに作っていっしょに食べてきました!![2019年04月16日(Tue)]
 3月30日に福島県郡山市で行った、ふくトマ初の出張イベント。

 「いっしょに作っていっしょに食べよう! 北海道と福島の食材で!」の報告です。

 初めての土地でイベントをやるというのはなかなか難しいですね。
 
今回は4組10名の参加でした。

 開催時期等、たくさん反省点はありますが、僅かですが、保養以外で郡山市の方ともつながりができました。
 これを生かして、秋にも行いますよ!!

スクリーンショット(2019-04-15 14.35.15).png
 本日の食材。北海道と福島のジョイント。

スクリーンショット(2019-04-15 14.42.06).png
 赤飯作り。食紅と塩を溶かした熱湯に給水させたもち米を入れて吸わせます。
 もち米は福島産。

スクリーンショット(2019-04-15 9.01.37).png
 蒸し上がったら金時豆の甘納豆を入れて蒸らします。

スクリーンショット(2019-04-15 14.53.13).png
 「よく寝たイモ(メークイン)」 協力して皮むき中。
  甘いんですこのイモ。

スクリーンショット(2019-04-15 14.41.44).png
 雪の下貯蔵のニンジン。

スクリーンショット(2019-04-15 14.56.06).png
 東北産の長ネギ。

スクリーンショット(2019-04-15 14.40.57).png
 協力して計量中。

スクリーンショット(2019-04-15 14.43.13).png
 右の汁物(アイヌ民族料理「オハウ」)がメインだったら、スープ皿に盛ればよかった。

スクリーンショット(2019-04-15 14.42.54).png
 日本では北海道だけで採れる「ハスカップ」のジャムで作った寒天。

 食後は、北海道と福島のご当地クイズなどして楽しみました。

 今年の秋もやります!
 お楽しみに!!
いっしょに作って、いっしょに食べよう! 北海道と福島の食材で![2019年03月26日(Tue)]
 本日が締め切りですが、集客に苦戦中...。

 締め切りを29日迄延ばしますから、申し込みお待ちしています! 


「いっしょに作って、いっしょに食べよう!
  北海道と福島の食材で!」


 2018年9月、厚真町、安平町、むかわ町、苫小牧市他、北海道で大きな地震がありました。
 その際には、東北の方々から心配や励ましの声を沢山いただきました。
 8年前の東日本大震災以降に生まれた東北と北海道のつながりは、現在も続いています。
 私たち「ふくトマ」も、そのつながりの中から成長してきた市民グループです。
 私たちは、子ども達の未来のため、このつながりをこれからも残しておきたいと思います。
 このイベントは「ふくトマ」が北海道から出張して行う、北海道と福島の食材を使った、小さな、そして美味しく楽しい、交流イベントです。
 いっしょに作って、いっしょにおいしく食べましょう!

1 会場      郡山市中央公民館(調理室)
          郡山市麓山1丁目8−4
2 開催日時    平成31年3月30日(土) 
          10:00受付 
          10:15〜15:00
3 参加対象    開催日に中学生以下の子どもとその親
          (または祖父母)。
4 定員      親子で合わせて20名程度
          (申し込み多数の時は先着順)
         中学生以下の子どもの保護者は単独でも参加可能
5 参加費     保護者及び中学生800円、小学生500円、
          3才以上300円、2才以下無料
6 今回の料理   オハウ(アイヌ民族料理 三平汁の原型)、
          赤飯(北海道式)、菜の花と貝柱のご飯、
          他デザート含め2品
7 申込み期間   平成31年3月5日〜26日
          ★3月29日迄募集します
          (定員になり次第締め切り)
8 申込み・問合せ ふくトマ 石田     
          携帯電話 09052235476

 申し込み、お待ちしています!

 チラシ ↓
fukusimadetukuttetabeyou2.pdf
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
リンク集
どれくらい見てくれてる?

ジオターゲティング
プロフィール

ふくトマさんの画像
http://blog.canpan.info/fukutoma/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukutoma/index2_0.xml