CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

『ふくしま學の会』

『ふくしま學の会』は「学びの共同体」を志向した有志による学習会で、子どもたち一人ひとりの学びの成立を保障する授業のあり方の研究しています。


『ふくしま學の会』について

『ふくしま學の会』は、子どもたち一人ひとりの学びの成立を保障する授業のあり方の研究を目的とした「学びの共同体」を志向した有志による学習会です。
 授業について考えてみたい方ならばどなたでも歓迎いたします。お仲間をお誘いの上、多数の皆様のご参加をお待ちしております。
 会員制ではありませんので、お気軽にご参加ください。

 メール会員登録していただくと、次回研修会の案内等を送信いたします。
 ※このメール会員登録は「メール配信のみ」の会員登録です。
  「ふくしま學の会」が会員制になったわけではありません。
  登録しなくても、研修会への参加は自由にできます。
 ※登録会費は無料です。
 ※くわしくは→メール会員登録について(PDF).pdf
第26回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2019年10月09日(Wed)]
 10月5日(土)天栄村立天栄中学校において、第26回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。坂本篤史先生(福島大学)・安部高太朗先生(郡山女子大)をはじめとした県内の小学校・中学校・高等学校・大学から16名が参加し、充実した研修会となりました。

 竹島 孝先生(天栄中学校 教頭)提供の中学校道徳の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、庄司 康生先生(埼玉大学)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた天栄中学校の教職員のみなさま、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

image3.jpg

<参加者の声>

○いじめの問題を切り口に、様々な手立てを講じた問題解決的な学習過程の中で、価値に迫り、子どもたちの本音が聞けた授業でした。狙いを焦点化していくことで学び合いが深まり、奥行きのある授業につながっていくものと思いました。相手の話を最後まで聞き合える学級づくりが前提になるのだと思いました。

image1.jpg

○竹島先生の授業実践、大変興味深く拝見いたしました。生徒の皆さんの“いじめ”への応じ方、倫理観が各々の発言の端々に現れていたように思います。庄司先生からのまとめにもありましたが、“痛みへの共感”ケアの視点が“応じる”“聴く”を深めていくのですね。

image4.jpg

○“発言のつながりを見る”という視点、とても衝撃的でした!自分のものにできたらいいなと思いました。

image2.jpg

○研修会を通し、たくさんのことを学ばせていただきました。特に「ケアができる生徒を増やしていく」という考え方はハッとさせられました。ケアのできる生徒を育てる学びの共同体を実践していきたいです。脳が半分重なる状態も納得しました、だから、発表会ではいけないのだと…。明後日から授業をするのが楽しみです。

次回、村瀬 公胤先生をお招きしての「第27回『ふくしま學の会』研修会」は12月1日(日)開催予定です。
【本日開催】第26回『ふくしま學の会』 [2019年10月05日(Sat)]
事前申し込みなしの参加も大歓迎です

 ・時間:13:00〜16:30

 ・場所:天栄村立天栄中学校

 ・授業:中学校1年 道徳
 
 ・講師:庄司 康生先生(埼玉大学)

 ・詳しくは、9月20日の記事をご参照ください
【重要】活動計画 変更のお知らせ [2019年10月05日(Sat)]
11月以降の活動計画が変わりましたので、お知らせします。
年度途中での変更申し訳ありませんが、ご了承ください。

令和元年
12月1日(日)
 場所:須賀川市教育研修センター
 講師:村瀬 公胤先生


令和2年
2月9日(日)
 場所:福島大学
 講師:佐藤 学先生


いつもと異なり日曜開催です。
また、初の福島市・福島大学開催になります。
第26回『ふくしま學の会』研修会 ポスター [2019年09月21日(Sat)]
第26回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)のポスターができました。

印刷して、ご活用ください。

第26回『ふくしま學の会』研修会のお知らせ [2019年09月20日(Fri)]
第26回の研修会を以下の通り開催します。

・期日:10月5日(土) 13:00〜16:30

・場所:天栄村立天栄中学校→地図はこちら

・内容:授業DVDの視聴とそのリフレクション
    (中学校1年 道徳)
    (授業者 竹島 孝先生 天栄中教頭)
    テーマ:密度の濃い学びを体感するための、
        「ふりかえり」を工夫した授業づくり
       〜道徳における『ジャンプの発問』を通して〜


・講師:庄司 康生先生(埼玉大学)

・参加費:1000円

・申し込み:下の申込用紙を印刷してFAXするか
      電話でお申し込みください。

      ※懇親会は、研修会終了後須賀川市内で開催します     
      ※事前申し込みなしの参加も大歓迎です。



・問い合わせ先:天栄村立天栄中学校 二瓶
        TEL 0248-83-2222
        FAX 0248-83-2229
        須賀川市教育委員会 藤井
        TEL 0248-88-9168
第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)報告 [2019年08月31日(Sat)]
 8月10日(土)郡山市立橘小学校において、第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)を開催いたしました。県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から34名が参加し、充実した研修会となりました。

 小林 律子先生(郡山市立橘小学校)提供の小学校算数・鹿又 悟先生(須賀川市立白方小学校)提供の小学校社会科の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、秋田 喜代美先生(東京大学大学院)から指導・助言・講演をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた橘小学校の教職員のみなさま、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_4316.JPG

<参加者の感想>

・「よい授業をしたい」との思いで参加しました。「ていねいで説明的な授業か探究的な授業へ」ということが私の大きな課題です。2つの実際の授業を通して、子どもたちが思考を働かせて学ぶ、しかけ・教材の準備・教師の関わり・学習形態などについて具体的に考えることができました。やはり、実際の授業・実際の子どもたちの姿から学ぶということの大切さ、ありがたさを改めて感じました。グループでたくさんお話ししたり、他の先生の考えをお聞きできたことも収穫でした。秋田先生のお話の中には、ハッとする言葉、なるほどと思う内容、そうか!と気づくこと、たくさんありました。とても勉強になりました。貴重な研修の機会を与えていただき感謝申し上げます。

IMG_4270.JPG

・2つの授業を見せていただき、またグループリフレクションを通して先生方のお話を聞かせていただいたことで大変勉強になりました。算数では、課題(ジャンプを含めて)についてどう探究を進めていくか本当に考えさせられました。そのための削ぎ落とした展開について自分も考えていきたいと思いました。社会科では、資料の内容・出し方等本当に大切にしたいことだなと感じました。秋田先生のお話にあった探究する授業について、目指していきたいし、考え実践し続けていきたいと思いました。

IMG_4282.JPG

・本日、初めてこの会に参加しました。今年度より、初任者としてどう社会科を進めていけばよいのか考える日々が多かったので参加しました。授業を提供してくださった鹿又先生の授業記録を視聴し、そして秋田先生のお話を聞き、社会科は探究する教科であることを実感できました。資料の提示の仕方一つで子どもたちの学ぶ意識の高まりは全然違いました。2学期は、今日いただいたたくさんのヒントを生かして授業を実践していきたいと思います。

IMG_4281.JPG

・小林先生の授業を見て、すべての子どもが「できた・わかった」を実感することができるための事前の教材研究、授業構想がとてもきめ細かく、すばらしいと思いました。「わかる・できる授業」から「探究の学び」へ、という秋田先生のご提案は、とても大切な点だなと思いました。教師は、つい「念のため」の指導をしてしまいがちです。ジャンプの学びは教師にとって勇気のいる行為ですが、ぜひチャレンジし、思考を繰り返すことで確かな学びに近づけていきたいと思います。

IMG_4285.JPG

・授業をどうみとるか、どんな授業をデザインするか、子どもの学びの事実を次の授業改善にどう生かすかなど、これから教師自身が考えていかなければならない課題が明確になったことが、自分の一番の学びになりました。

次回、庄司 康生先生をお招きしての「第26回『ふくしま學の会』研修会」は10月5日(土)開催予定です。
第25回『ふくしま學の会』研修会 ポスター [2019年07月23日(Tue)]
第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)のポスターができました。

印刷して、ご活用ください。

第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)について [2019年07月10日(Wed)]
第25回の研修会を以下の通り開催します。

・期日:令和元年8月10日(土)
    9:30〜16:30

・場所:郡山市立橘小学校→地図はこちら

・内容:@授業DVDの視聴とそのリフレクション
    ・小学校2年 算数科 小林律子先生
               (橘小学校)
    ・小学校5年 社会科 鹿又 悟先生
               (白方小学校)
    A講演

・講師:秋田喜代美先生(東京大学大学院教授)

・参加費:1500円

・申し込み:下の申込用紙を印刷してFAXするか
      電話でお申し込みください。
      ※事前申し込みなしでの参加も大歓迎です。
      ※お弁当の注文を受けつけます。500円
       申込用紙に希望欄があります。
      ※懇親会への参加も受け付けております。



・問い合わせ先:天栄村立天栄中学校 二瓶
        TEL 0248-83-2222
        FAX 0248-83-2229
        須賀川市教育委員会 藤井
        TEL 0248-88-9168
第24回『ふくしま學の会』研修会 報告 [2019年06月23日(Sun)]
 6月15日(土)須賀川市教育研修センターにおいて、第24回『ふくしま學の会』研修会を開催いたしました。県内外の小学校・中学校・高等学校・大学から16名が参加し、充実した研修会となりました。

 三瓶 浩美先生(須賀川市立長沼小学校)提供の小学校算数の授業映像視聴とそのリフレクションを行い、その後、村瀬公胤先生(麻布教育研究所)から指導・助言をいただきました。

 すばらしい会場を提供・準備していただいた須賀川市教育委員会、参加いただいた先生方、本当にありがとうございました。

IMG_4211.JPG

IMG_4215.JPG

IMG_4219.JPG

IMG_4227.JPG

<参加者の感想>

・多様な子どもたちが、みんなで一緒に学ぶとはどういうことなのか。どの子にも満足感・達成感の持たせられる授業なのではないかと考えさせられた。今日は、子どもたちの学びの様子から、改めて一人ひとりの子どもたちの学びを保障し、わからないことを聞き合える学級づくりが前提であるということを学びました。今後も子どもたちの多様な学びに応えられるような授業づくりを追究していきたいと思う。

・「自分でできた」という思いを持たせたいという授業者の思いが、落ち着いて45分間集中し続ける、全員がしっかりとまとめまでノートにかけているという姿に表れていました。すばらしかったです。「学び・探究の密度」を充実させるためのジャンプの課題についての村瀬先生のお話、とても勉強になりました。

・三瓶先生、すてきな授業から勉強させていただき、大変ありがとうございました。村瀬先生の深い洞察には、いつもいつも感動させられます。割り算の深さをすることができ、「道具の学び」という概念も納得しました。

・授業提供してくださった三瓶先生ありがとうございました。授業づくりにしっかり取り組んでこられた姿が、授業のビデオやノートからうかがえました。特に、どの児童のノートもすばらしく、授業のねらいが達成されていました。村瀬先生の講演、とても勉強になりました。今回も大きなヒントをいただけました。来週からの授業で生かしていきたいと思います。

・村瀬先生のお話に今日もまた深まりを与えてもらいました。ジャンプの課題の意味も改めて示唆していただきました。学びの本質を1時間1時間の中に落とし込むことは確かに大変ですが、時に子どもたちの素晴らしい姿に触れることができるとうれしいものです。毎時間そんな授業にできるよう目指していきたいと思います。

・村瀬先生のお話は、自分にはなかった視点を挙げてくださり、これからの授業についての課題が見えたように思いました。すぐにはできませんが、やること・やりたいことに気づくことができたことがとても大きかったです。リフレクションでも、先生方のお話を伺うことができ、とても勉強になりました。大人も学び続けることの大切さ・楽しさを知りました。クラスの子どもたちとの生活をもっと楽しんでいきたいと強く思いました。ありがとうございました。

次回、「第25回『ふくしま學の会』研修会(拡大大会)」は8月10日(土)開催予定です。
第24回『ふくしま學の会』 要項 [2019年06月10日(Mon)]
第24回『ふくしま學の会』研修会の要項ができました。

印刷して、ご活用ください。

| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ふくしま學さんの画像
ふくしま學
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukushimamanabi/index2_0.xml