CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月16日

小学生でお昼ごはんづくり

6月8日(土)2回目の小学生生活学校でした。
前回は学校の行事と重なり、半分の人がお休みでしたが、今回は欠席も少なく、もう一度自己紹介から始まりました。

遠くは長崎県から船に乗って来た人もいて、子どもたちは「福岡市?」「福岡県?」「長崎県!」と、みんなの住んでる所から世界が広がっていく様子が感じられました。



読書は『下手も上手のうち』〜子供読本〜
子どもたちから
「野球で出来なかったことが、練習をたくさんしたら打てるようになった」や
「友達が練習をして上手になったのを見て、自分も頑張ろうと思った」など、感想がたくさん出ました。

今回の内容は、『お昼ごはんを作る』です。
前回食べたカレーを、今度は自分たちで作ります。

まず、カレーに入れる玉ねぎとじゃがいも、トマト、サラダのきゅうりを、畑に収穫に行きます。

IMG_0594.jpg IMG_0590.jpg
お米の研ぎかた、カレーの作り方を聞いて、玉ねぎ、じゃがいも、きゅうりを計って、それぞれ班に別れて作り始めます。
他に採れた、ピーマン、なすを入れる班もありました。
IMG_0605.jpg 
IMG_0600.jpg
IMG_0601.jpg
「いつも皮むき手伝ってる」
「乱切りってどうするの?」
「炒めるの、代わりばんこにしよう」など
班で良く協力していました。

IMG_0636.jpg 
IMG_0652.jpg
おかわりで、他の班のも食べてみて、「同じ材料なのに味が違う」、「トマトの味が濃い」、「なすとピーマン入れて美味しい味になった」と大きい子どもたちの感想。

ルーを使わず、取れたての野菜で作ったカレーとサラダ、本当に美味しかったです。

ご飯の後は、こづかい帳を見合い、次回のお泊まり会の事を話し合って終わりました。

小学生生活学校 上原


posted by 上原 at 14:38| Comment(0) | 小学生生活学校

2019年04月25日

小学生生活学校はじまりました!

福岡友の会が開催している、小学生生活学校は、福岡市内外の小学生が集まり、手仕事や料理、畑や読書など、一緒に生活することを通して「自分のことは自分でできる子ども」を願って、年に6回シリーズで行っています。

一回目、4月20日(土)は、「井の中の蛙」をみんなと読みました。読書をして始めることで、子どもたちも少し意識して、一日を過ごします。

この日の内容は「楽しい工芸」
和紙を折りたたんで、色の液で染めます。
IMG_0525-4-ad61a.JPGIMG_0529-1.JPG
どんなのができるかな?ワクワクしながらそ~っと、染めた和紙を広げます。
IMG_0533-4.JPG
「失敗したと思ったけど、広げたらきれいにできた」
「同じ模様がひとつもない」
と、できた作品を楽しみながら、干して乾かします。

IMG_0535-25002.JPG
ここでお昼。
IMG_0538-bf286.JPG
友の家の庭の畑でとれた、玉ねぎを使ったカレーです。採れたての畑の絹さやも食卓を彩りました。
みんな、おかわりをして、良く食べました。

IMG_0541.JPG
食べたあとは、自分たちで片付け、みんなで掃除をして午後を始めます。

染めた和紙を切って、袋に貼って

IMG_0547.JPGIMG_0549.JPGIMG_0554.JPGIMG_0577.JPG
自分の連絡袋ができました。
この切れはしも、何かに使える」と、切った残りもみんな大事に袋に入れていました。

最後に、大豆の種をまき、畑に夏野菜の苗を植えて、札を立てました。

IMG_0565.JPGIMG_0570.JPGIMG_0566.JPGIMG_0564.JPG
さようならをした後、庭に生えてる筍を堀って帰る人たちもいました。
20190420_140703.jpg次は6月です。
      (小学生生活学校スタッフ 上原)
posted by 上原 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小学生生活学校