CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月06日

「家計簿」を付けるようになったら自動販売機でジュースが買えなくなる?

IMG_2083 2.jpg



家計簿を付けるようになると、
買い物への意識が変わります


良い意味でのブレーキになったり、
逆にここはアクセルを踏んでもいいかなと
思えるようになったり、
いろいろな効果を感じられるのです


なぜって?


それは、確かな根拠がそこに
あるからです



福岡友の会の中央方面では、
7月12日に初の試みとして
会場を外に変えて、
一般の方をお迎えしての
生活勉強を開催しました



今年入られた新しい会員の
お友だちの方がお客様として
来てくださいました



まだ、家計簿をつけてはいらっしゃらないけれど
友人を通して興味を持たれたようです




家計簿は、1月始まりなので、
6月までの半年を終えたところ



会員は、毎月の収支の結果を
表に記入して予算進捗を見ます



企業でも予算進捗は必ず行っています



例えば、会社で言えば
事務費の年間予算が100万円だとして
毎月の支出を計算していって、
今予算の中からどの程度使っているのかを
%で見ます



半年のところで45万円使っていれば、
予算進捗は45%ということになるわけですね



これをすることで、予算をオーバーしているのか
しているとして、どれくらいなのか?



後、どれくらい余裕があるのか?などが
一目瞭然なのです



家庭も会社も予算の額こそ違えど、
予算内でどのように経営するか、
家計を賄うかは同じです



家計の数字は、予算進捗だけの
ためにあるのではありません


そこには、家庭の数だけ物語(ストーリー)が
あります



お祝い事があって、交際費や
特別費(直系の親や子どもに関する費用)が
かかってしまったわ〜


という場合、出費は痛くても
楽しみもそこにはあります



逆にお葬式で費用が嵩張ってしまえば
そこには、悲しみや辛さがあります


家計簿にはその家庭の
その年の歴史や思い出が
刻まれるのです



会員同士でこの半年の
物語を聞き合います




IMG_2084 2.jpg





会員の一人が言いました



仕事先の同僚に家計簿の話しをすると
「家計簿なんて付けたら、
自動販売機でジュース買えなくなるやん」と
言われたそうです



そうなんですよ!


ジュースを買うのがいけない訳ではなく、
割高の自動販売機を使うことに
ためらうようになのです


そして、同じ買うなら
スーパーでまとめることで
1本当たりは割安になるなと
いうことが実際に体感として
肌で感じられるのです



それが、もう一歩先に行くと、
ペットボトルは、プラスチックフリーの
考えからいうと、良くないので
マイボトルを用意しようと
経済だけでなく環境問題にも
目がいく、考えが行くように
なるのです



家計簿効果は計り知れない



節約するためにあるのではなく
自分の人生、生き方そのものだと
改めて思いました



何年も家計簿を付けていると
その帳面自体が、
確かな数字の根拠であり、
生活の記録であり、
何よりもその家庭の歴史なのです



それが確かであるから、
安心して生活ができるのです



家計簿を家庭の土台に据えることで
豊かになれる
ご一緒に体験しませんか?



今回、お客様としていらして
くださった方も、家計簿をつける大変さより
そこから生まれる家庭の未来
ご興味持ってくださったようです



IMG_2086 2.jpg



また、「かけいのひろば」
開催します



こちらでご案内しますので
次は、あなたも是非ご参加くださいね!



<中央方面 金澤>
続きを読む・・・
posted by 金澤 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計のこと

2019年07月16日

東方面【7月土曜の集まり】〜初めて企画の『家計簿つけ隊』〜

【7月の土曜の集まり】
るんるん撃退!レシートの山るんるん
無題.png

雨の中、東方面最北端のメイトム宗像に会員7人が集まりました。

☆読書のあと、一人ひとり家計簿をつけるきっかけや今の記帳の実態について報告し合いました。

☆今日からパソコン家計簿をつけ始めることになったYさんは、溜まっていた7月分のレシ−トとPCを抱えての参加。

P_20190713_114913.jpg
持ってきたレシートの山を日別に分ける作業を皆で手伝いました。
Yさんは口座簿の作り方やレシート機能の使い方を伝授され、いざ入力。

☆その間に6か月決算に取り組む人も。

☆家計簿話に花が咲き、あっという間に時は過ぎ、今回は6ヶ月決算を見合うところまではいきませんでした。

P_20190713_114941.jpg
☆会員手作りのゼリーとケーキでお茶を頂きながら、今日のまとめと次回の予定の話し合い、、、。のつもりでしたが、話題は尽きず、「今度は『レシートたまっていません会』をしましょう」という声も聞かれました。

☆今日のまとめはまとまらず、でしたが、まさに”家計簿つけたい”人の楽しい集まりとなりました。

次回の日時は未定ですが2学期にまた『つけ隊』集まります。
家計簿(まだつけてなくても)つけたい人は是非来てくださいね!ひらめき
東方面 跡部

posted by Atobe at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計のこと

2019年07月04日

東方面『土曜の集まり』 〜7月は『家計簿つけ隊』〜

東方面の『土曜の集まり』はいろんなことをやっています。
5月は託児用の『パン講習』6月は子どもたちと『さつまいも苗植え』。
7月は『家計簿つけ隊』です。

東方面【7月の土曜の集まり】7月13日

るんるんみんなで家計簿の話をしましょうるんるん

講習会といった形態ではなく、気軽に参加できる会です。

記帳が続かない人も励まし合いながら、
わからないところは聞き合いながら、
家計についての情報交換も、

レシートがたまっていたら持ってきてここでつけてしまいましょう、
といった雰囲気で。

会員外もwelcome。どなたでも参加O.K.です。

ひらめきここに来れば家計簿の話ができるという「場」を皆で作りましょう!ひらめき無題.png
持ち物
・当座帳   バッド(下向き矢印)
・家計簿 (今から始める人には、練習帳があります)
・6ヶ月決算(できている人)
・電卓
・レシート(たまってる人)

☆家計簿で悩んでいる人も楽しんでいる人(?)も、集まれ宗像メイトムへ手(グー)
東方面 跡部



posted by Atobe at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計のこと

2019年06月23日

かけいのひろば

 かけいの ひろば.jpg




100年安心と言われて来た日本での老後…

2000万貯金と年金問題も取り沙汰されて、

生活に不安を覚えることもありますよね


本当は貯金の額よりも、いくら必要で、

自分はどんな暮らしがしたくて

今、どうすればいいのか



それがわかると数字が一人歩きすることは

なくなるのではないでしょうか



老後や貯金への不安を取り除くことは

工夫次第でできるのです





・日々の暮らしを自分らしく楽しみながら、これからくる教育費の山を越えたい
・老後は、年金だけで大丈夫?貯蓄2000万?!と不安を覚える
・節約?倹約?どうしたらいいの?
・家計簿をつけようと思っても続かない
・何にどれだけ使っているか自分のお財布の中がよくわからない
・他の家庭の家計を見てみたい!



そんな風に思っている方、ぜひ遊びにいらしてください


「かけいのひろば」では、

家計簿やレシートを持ち寄って、

お互いの工夫を聞き合ったり、

テーマを決めて話し合ったりしています




今後定期的に開催していく予定です



あなたのご参加をお待ちしております


【日時】2019年7月12日(金曜日)10:30〜12:30


【場所】あすみん 会議室A

【参加費】無料

【お持ちいただくもの】電卓、家計簿・レシート(お持ちであれば)、筆記用具

           手ぶらでちょっと覗いてみたい!も大歓迎です

【お問い合わせ】福岡友の会 中央方面
        mail:こちらまで




平均寿命がどんどん伸びる中で、

どうやって生きて行くかを考える時、
日々の暮らしやお金の話しは
無関係ではありません



どうやって生きるか=どう暮らすか


それぞれが大切にしたいものがあり、
お金をかけたいところ、
かけたくないところがあります



十人十色、家計の中身も
それぞれですが、
よそのお家の家計は
普通は見ることができません



まるごとではないけれど
よそのお家の家計を知ると
大きなヒントがたくさんあります


それを参考にして
自分の家の家計のこと
考えてみませんか?


「友の会」では、こどもの時から
お小遣い帳つけることを
日課にしています


私の息子は、「友の会」を創設した
羽仁もと子先生がやはり創設した
東京にある自由学園を卒業しました


そこでは、寮生活をしましたが
お小遣い帳を毎日つけて、
寮母さんにみていただき、
月末に締めて、翌月はじめに
ハガキで親元に報告がきます


IMG_2013-1.jpg


ハガキの表面には、一言コメントもあります


IMG_2015.JPG



もう、8年も前のものですが、
捨てられずにとってあります



日本は、「お金」の話をするのは
どこかはしたないという風潮がありますが、
こどもの時から、なににどう使うのかを
学ぶことは、素晴らしいことです


親が、日々の暮らしを大切にしている
姿を見せるには、家計を把握していることが
基本ではないかと息子を見ていて思います



という私もまだまだ途上です


家計の勉強というような堅苦しいものではなく
家計について楽しく話して、続けるコツを
シェアできたらと思います



ぜひ、ご参加くださいね!


<中央方面 金澤>


posted by 金澤 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家計のこと