CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月18日

ダーニングのすすめ

婦人之友5月号に紹介されているダーニング。
20190517_130837.jpg
記事のはちょっと高度ですが、もっと手軽にやっている会員のダーニングを、南方面の生活勉強会で教えてもらいました。

Yさんは、風合いと貝ボタンが気に入って数十年愛用しているカーディガン。
20190518_120157.jpg
はじめは袖口など、よれたところを補修しながら、虫食いも諦めず…。
この日は虫食いの補修の仕方を見せてくださいました。

用意するのはフェルトとボンド、針、アイロン。
20190517_130719.jpg
フェルトを切って、ボンドで裏から虫食いの穴をふさぎます。
20190517_125429.jpg

20190517_125726.jpg
表から、針でほつれを寄せながらつつき、馴染ませます。
20190517_125513.jpg
アイロンで押さえて仕上げると、
20190518_113810.jpg
おお!よく見ないと分かりません。すごいです!

他にもモチーフを作ってかくしたり…。
20190517_130351.jpg20190517_130419.jpg
絹地を割いて編んだもの、フェルトと綺麗なボタンで作ったもの。物を大事にする気持ちも相まってとても素敵と思いませんか?

他の方も漂白で失敗した時の工夫を持ってきて見せてくださいました。


20190518_114345.jpg20190518_113950.jpg
刺繍で他に無い素敵なものに生まれ変わってます!
20190517_130250-f3fbd.jpg
これは別の方の虫食い補修。

いろんなアイデアをもらい、物を大切にする思いと、私もやってみようという意欲が沸いてきて、参加してとても良かったです八分音符

(南方面 上原)

【その他の最新記事】
posted by 上原 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック