CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年04月 | Main | 2019年06月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年05月26日(Sun) 6月30日開催!NPOと政策形成のこれから−震災後のNPOに学ぶ−


日常にある暮らしの中の困りごとやつぶやきに耳を傾け、自治体や政府へ代替え案を示して政策提言を行う、いわゆるアドボカシー活動はNPOの特徴的な活動です。
特に東日本大震災を機に、市民が安心して暮らせる環境をつくろうと自ら動いた現場がありました。
本シンポジウムでは、エネルギー問題、避難生活に伴う高齢者の困りごと、看取りにまつわる問題から、現状を知り、学び、暮らしの質がより向上するために私たちには何ができるのか、共に考えます。

話題提供者
水戸部秀利さん
(特定非営利活動法人きらきら発電・市民共同発電所 理事長)

村島弘子さん
(特定非営利活動法人移動支援Rera 代表理事)

他、調整中

コメンテーター
大滝精一さん
(大学院大学至善館 副学長)

コーディネーター
石井山竜平さん
(東北大学大学院 教育学研究科准教授)

日時:6月30日 13:30〜15:30
会場:6階 セミナーホール
定員:60名
参加費:無料
パソコン要約筆記有り(NPO法人パソコン要約筆記文字の都仙台

申込はコチラ→★☆★

0510校了.jpg
本企画は、仙台市市民活動サポートセンター開館20周年記念イベント「超!マチノワ〜想像を超える!ワクを超える!これまでを超える!〜」一部です。1日中、様々なイベントを行います。
合わせてご参加ください。
2019年05月25日(Sat) 6月30日開催!「脱スパイクタイヤ運動」から考える市民協働


「仙台砂漠」という言葉を知っていますか?

シンポジウム@sendai002
▲脱スパイクタイヤ運動「仙台砂漠」(昭和58年)



シンポジウム@sendai003
▲「青空が戻った街並み」(平成4年)
出典/さらば仙台砂漠:脱スパイク運動は一市民の投書から始まった



いまから40年以上前、仙台市内は冬用タイヤ「スパイクタイヤ」が路面を削った粉じんで、100m先すら見えないと言われるぐらい、もうもうとしていました。もちろん、多くの人がマスクをつけるなど、健康にも悪い。
その状況をなんとかしようと、立ち上がったのは仙台市民たち。
結果、全国でも有名な「脱スパイクタイヤ運動」が繰り広げられ、国の法律すら変えました。
この運動が無ければ、仙台の冬の風物詩「光のページェント」も楽しめなかったでしょう。
運動に関わった方々と研究者をお招きし、どうやってはじまったのか、どう拡げたのかについてうかがい、これからの市民協働の在り方を共に考えます。

ゲスト
西川善久さん
(当時河北新報社記者、元株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長、現株式会社ベガルタ仙台経営アドバイザー)
菅野拓さん
(大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員/人と防災未来センターリサーチフェロー)
その他、当時運動に関わっていた方々

日時:6月30日 10:00〜12:00
会場:6階 セミナーホール
定員:60名
参加費:無料
パソコン要約筆記有り(NPO法人パソコン要約筆記文字の都仙台

申込はコチラ→★☆★

0510校了.jpg
本企画は、仙台市市民活動サポートセンター開館20周年記念イベント「超!マチノワ〜想像を超える!ワクを超える!これまでを超える!〜」一部です。1日中、様々なイベントを行います。
合わせてご参加ください。


2019年05月24日(Fri) 6/30開催!仙台市市民活動サポートセンター開館20周年記念イベント「超!マチノワ」




想像を超える!ワクを超える!これまでを超える!



0510校了



サポセンは、おかげさまで今月6月に開館20周年を迎えます。
仙台の市民活動の歴史、現在取り組まれている市民活動や企業の社会貢献活動の紹介、
市民による企画を詰め込んだ、
「仙台市市民活動サポートセンター開館20周年イベント 超!マチノワ」を開催します。
仙台のこれまでとこれからのまちづくりを考え、既存のつながりやセクターのワクを超えて、
想像を超える「マチノワ」へと一歩ふみだすこの機会に、ぜひご参加ください。

日 時:6月30日(日)9:30〜17:30

会 場:仙台市市民活動サポートセンター 全館

主 催:仙台市市民活動サポートセンター



「仙台市市民活動サポートセンター開館20周年イベント 超!マチノワ」パンフレットはコチラ


開催企画一覧(クリックで企画の詳細をご覧頂けます)


主催企画

10:00−12:00
「脱スパイクタイヤ運動」から考える市民協働
12:00−12:30
サポセン・コトハジメ塾
13:30−15:30
NPOと政策形成のこれから −震災後のNPOに学ぶ−
15:00−15:30
サポセン・コトハジメ塾
16:00−17:30
サポセン20周年「超!交流会」

市民参加企画
9:30−12:00
スポーツボランティア説明会&マッチング
13:00−15:00
働く人の座談会〜職場の垣根をこえて悩みをシェアしよう〜
13:00−15:00
息子が人を殺しました ー加害者家族の現状と支援を考えるー
13:30−15:00
参加型防災対応カードゲーム クロスロード
9:30−17:30
被災者による手作り品づくりの取り組み  〜とうほくてしごとカタログ「FUCCO」〜

お申込み受付は、6月6日(木)9:00からスタートします。

申込はコチラ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdI3F2sM96ZDL-LgYXEutJnsWyADulGQE_JNTdPHjENZJcOsg/viewform

主催
仙台市市民活動サポートセンター
(指定管理者:特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター)
2019年05月23日(Thu) 6月9日(日)公開!〜土屋トカチ監督作品『コンビニの秘密』上映会〜

こんにちは。スタッフの小林です。
労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)からのお知らせです。

===============

土屋トカチ監督作品

『コンビニの秘密』上映会


===============

●日時:2019年6月9日(日)13:00〜16:00
●会場:仙台市市民活動サポートセンター
(仙台市青葉区一番町4丁目1−3)
●主催: 労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)

konbini_s.jpg

土屋トカチ監督作品『コンビニの秘密』の上映会を行います。

以下作品紹介ページから内容の引用です。

日本全国で約5万5000店が営業するコンビニエンス・ストア。365日24時間営業の店舗が提供するサービスは、いまや私たちの日々の暮らしを支える「社会のインフラ」ともいわれています。
しかし、その一方で、加盟店に負担を強いるフランチャイズ契約、オーナー・アルバイトの長時間労働、見切り販売ができにくいため起こる大量の食品廃棄といった問題も指摘されています。便利さ・快適さの裏で、私たちが失ってしまっているものとは?
コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

電話<労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)>
Facebookはこちら→★☆★
WorKafeは「仕事の悩みを打ち明けて、共有し、解決への橋渡しをする」をコンセプトに活動している労働者のための団体です。現在は会社員、主婦、大学生が参加しています。
2019年05月18日(Sat) 9/1(日)まで開催中!〜やまなみ工房絵画展〜

にしぴりかの美術館からお知らせが届きました。

====================

これをすることで、私は幸せである。

〜滋賀県やまなみ工房の、世界が認める歩み〜

====================

開催期間:5/11〜9/1
開館時間:11:00〜17:30 木曜休館
会場:にしぴりかの美術館
入場無料

df652584d4fbeb436c835f6ce2f9fc02-721x1024.jpg

やまなみ工房の個人が生かされた表現作品は、国内はもとより海外でも大変高く評価されている日本を代表するアールブリュットです。今回は、その80を超える作家の中から10名を選び60点をお借りしました。その溢れる「個人の自由な生き様」「現代美術としての魅力」に感動していただけたら嬉しく思います。

電話問い合わせ先
にしぴりかの美術館
〒981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
特定非営利活動法人 黒川こころの応援団内
代表 小野田豊
Mobile 070-5011-0028
FAX 022-343-7077
Mail info☆nisipirica.com(☆を@に変えて)

====================

ちなみに
関連企画:「地蔵とリビドー」上映会も開催されます。
開催日:6月1日(土)15:40〜16:45(15:30受付)
会場:にしぴりかの美術館
上映協力金:1000円

やまなみ工房イチオシの、このドキュメンタリー映画は
世界のやまなみ工房の日常を描きとっています。
普通の人が普通に表現する事のモノスゴサを感じ取れる映画だと思います。
お時間のある方は是非お立ち寄りくださいexclamation×2
2019年05月17日(Fri) 5月24日〆切<NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業>募集開始のご案内

以下、概要です。

-----------------------------
協力事業

NPO等による文化財建造物管理活用の

自立支援モデル検討事業
-----------------------------


◯募集対象事業
文化財建造物の保存・活用は,これまで所有者と行政機関が主体となって行われてきました。
しかし,文化財建造物が多種多様かつ多数となり,また,国民の関心が高まる中で,
文化財建造物を活動の場としながら地域の発展に寄与したいと考えるNPO法人や市民団体等が増えています。

文化庁では,平成28年度から「NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業(以下,自立支援事業)」を実施しています。
これは,特定非営利活動法人や市民団体等が提案する文化財建造物の自立した維持管理と積極的な活用を図る事業案のうち,実現性や具体性,自立的な発展性に優れたものを選定して,
文化庁の「自立支援事業」として委託して実施するものです。


◯助成対象
文化財建造物の保護に関わる活動をしているNPO等であって,
以下の(1)か ら(5)の要件をすべて満たしているものとする。

(1)特定非営利活動法人,公益法人,法人格を有しない任意の団体である文化財の保存会や研究者のネットワーク組織または文化財保存活用支援団体のいずれかの団体であること。
なお,文化財保存活用支援団体とは,文化財保護法に基づき市町村が指定する文化財の保存・活用に取り組む民間団体である。
(2)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
なお,未成年者,被保佐人又は被補助人であって,契約の締結のために必要な同意を得ている者は,同条中,特別の理由がある場合に該当する。
(3)文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。
(4)政治活動や宗教活動を主たる目的とした団体ではないこと。
(5)法人格を有していない場合には,以下の要件を満たしていること・定款,寄附行為又はこれらに類する規約等を有すること・団体の意思を決定し,執行する組織が確立されていること・自ら経理し,監査する等の会計組織を有すること・団体活動の本拠としての事務所を有すること

○事業規模(予算)及び採択数
事業規模:総額7,000千円程度採択数:4件程度(予定)採択件数は委員会が決定する。

◯スケジュール
(1)公募開始:平成31年4月24日(水)
(2)公募締切:平成31年5月24日(金)
(3)審 査:平成31年6月中旬選定及び業務計画書の提出:平成31年6月下旬
(4)契約締結:平成31年7月中旬
(5)契約期間:契約締結日から平成 32 年 3 月18 日(水)まで

◯提出先
企画提案書の提出方法,企画競争の内容を示す場所並びに問合せ先
〒100-8959
東京都千代田区霞が関3−2−2 文化庁文化資源活用課整備活用部門
TEL:03-5253-4111(代)(内線2798)
FAX:03-6734-3820
E-mail:aseibi★mext.go.jp(★を@に変換してください)

電話問合せ先
様式は自由とし,質問者名,団体名,役職名,電話番号,FAX 番号,E-mail アドレスを明記の上,上記「提出先」にFAX又はE-mailにて行うこと。
回答に関しては,ホームページにて公開している本件の公募情報にて開示するが,審査に関する質問については回答しない。
2019年05月16日(Thu) 今年も始まります!とっておきの音楽祭2019

こんにちは。スタッフの小林です。

NPO法人とっておきの音楽祭から、
イベントのお知らせをいただきました!

=========================

6 / 2(日)開催!

< 第19回とっておきの音楽祭 >

VERY SPECIAL MUSIC FESTIVAL

=========================

とっておきの音楽祭は、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、
音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。

○VERY SPECIAL
       「とっておきの」とは、VERY SPECIAL(ベリー・スペシャル)の訳です。
       一人一人がかけがえのない存在であり、
       音楽のチカラであらゆる個性が輝いてほしいという強い願いが込められています。
○音が笑う街
       誰かとつながれば心が楽しくなり音が笑い、それが街に満ちれば
       さらに心がつながります。
       とっておきの音楽祭と共に、みんなで一緒に「音が笑う街」を創っていきましょう!
〇街がステージ
       心のバリアだけではなく建物のバリアも取り払うため、
       ステージは商店街公園ビル前など、ほとんどが屋外です。
〇合言葉「みんなちがってみんないい」
       姿かたちも生き方も考え方もみんなそれぞれ違います。
       違うことをお互いに認め合い、尊重することが、心のバリアフリーにつながります。
       とっておきの音楽祭では大切な合言葉になっています。

2019.jpg

●開催日:2019年6月2日(日)午前10時〜午後5時(予定)
●ストリート:34ステージ 352グループ参加 
       仙台市市民広場/定禅寺通り/勾当台公園/元鍛冶丁公園
       一番町四丁目商店街/ぶらんど〜む一番町商店街
       サンモール一番町商店街/クリスロード商店街/本町スクエア
       仙台駅周辺など
       会場共催 せんだいメディアテーク
●フィナーレ:午後5時30分〜午後7時(予定) 仙台市市民広場
       障害のある人もない人も多彩な共演をする音楽祭のメインイベント。
       ラストは音楽祭テーマソング「オハイエ」で
       ステージも観客もさらにひとつとなります。

主催:NPO法人とっておきの音楽祭

電話 運営
とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI
TEL&FAX:022-265-0980
MAIL:info☆totteokino-ongakusai.jp(☆を@に変えて)
HP:http://totteokino-ongakusai.jp/
2019年05月15日(Wed) 障害者の「働く」を支える、障害者の思い<コニカミノルタジャパン株式会社 古川修平さん>ぱれっと取材日誌


こんにちは。スタッフの松村です。
サポセン機関紙「ぱれっと」の表紙では毎号、仙台をワクワクさせる人をご紹介しています。

6月号では、コニカミノルタジャパン株式会社東北支店、複合機清掃運用チームで指導員を務める古川修平さんをご紹介します。
取材、執筆を担当するのは市民ライターの平塚千絵さんです。

DSC00591.JPG
▲緊張しながらも丁寧に応える古川さん。写真手前は平塚さん。

古川さんは、脳性麻痺により右半身が不自由で、てんかんの発作もある障がい者です。
コニカミノルタジャパン株式会社で、一般就労を目指す障害者に複合機の清掃技術を指導しています。

コニカミノルタジャパン株式会社では、2012年から企業の複合機清掃を通じて、障がい者の雇用機会を広げようと、福祉施設や取引先、行政と協働で「複合機清掃サービス」という事業に取り組んでいます。

当時福施施設に通所していた古川さんも、この事業に参加した障がい者の一人。
ビジネスマナーやコミュニケーション研修、清掃技術の練習と実習などを経て見事、認定試験に合格しました。
就職の足がかりにと考えていましたが、コニカミノルタジャパン株式会社で障がい者雇用を広げるこの事業を広げることになったことから、障がい者を指導する指導員として2014年、同社に就職することになりました。

DSC00593.JPG
▲ちょっとだけ清掃の様子を見せていただきましたカメラ

清掃マニュアルに「両手を使って…」という記載があっても柔軟に解釈し、他の身体でカバーしスピーディに清掃する古川さん。指導する障がい者の状況も様々なので、指導方法もその人の状況に合わせ柔軟に考えなければなりません。
「日々悩みながら頑張っています」と話す古川さんの原動力や支えとは何なのでしょう…?
ぱれっと6月号をお楽しみに!

位置情報ぱれっとバックナンバーはこちらから→☆☆☆

位置情報ぱれっと4月号(2014)「複合機清掃サービス」→☆☆☆



2019年05月14日(Tue) 7/21(日)〜8/25(日) 体験!2019 夏のボランティア体験会


こんにちは。スタッフの小林です。

ボランティア活動をやってみたいけれど、一人では勇気がいるexclamationハードルが高いexclamation×2
と、思われている方、
この夏、ボランティアの“体験”をしてみませんか?

=========================

6/7 (金) 締切!

2019 夏のボランティア体験会

参加者募集!


=========================

image.jpg

「人の役に立つことをしたい!」「自分の力を生かしたい!」「いろいろな人と接してみたい!」など、
ボランティア活動に興味はあっても、
「自分に合う活動が分からない…」「きっかけがつかめない…」などの理由で、
活動を始められない方が多いのではないでしょうか?
一方で、地域の福祉活動に取り組む地区社会福祉協議会やボランティア団体、社会福祉施設等も
地域の人々の理解や多くの協力者を得たいと考えています。
そこで、ボランティア活動に関心のある中学生以上の方を対象に、
市内の地区社会福祉協議会、ボランティア・市民活動団体や社会福祉施設等で、
ボランティア活動を実際に体験し、様々な人と関わりながら
ボランティア・市民活動への理解を深め、活動を始めるきっかけとしていただくことを目的として
「夏のボランティア体験会」を開催しています。

●体験期間:令和元年7月21日(日)〜8月25日(日)
●申込期間:令和元年5月10日(金)〜6月7日(金)必着
●体験内容:地域イベントのお手伝い、福祉施設での利用者様との話し相手や
      子どもの遊び相手、環境整備、創作活動のお手伝いなど
      (体験場所により異なります)
      ☆まずはチャレンジ!
      ☆この夏、ボランティアデビュー!
      ☆みんなで体験してみよう!
      ☆今しかできない体験を!
●参加対象(すべてに該当する方):
      ⑴ 仙台市内にお住まい、または通学・通勤している中学生以上の方
      ⑵ 事前説明会(@7/6(土)10時〜 A7/6(土)14時〜 B7/8(月)18時〜)
      @ABいずれかに参加できる方
      ⑶傷害保険に加入いただける方
      ※事前説明会でボランティア活動保険に加入できます。
●申込方法: お申し込み方法など詳しくは→コチラ
●主催:社会福祉法人 仙台市社会福祉協議会(仙台市ボランティアセンター)

電話お問い合わせ
社会福祉法人仙台市社会福祉協議会(仙台市ボランティアセンター)
〒980-0022 仙台市青葉区五橋2丁目12-2 仙台市福祉プラザ4階
TEL:022-262-7294  FAX:022-216-0140
E-mail:sendai-vc☆poppy.ocn.ne.jp(☆を@に変えて送信ください)
開所時間:9:00〜17:00
休館日:日曜日、祝日、福祉プラザ休館日
2019年05月12日(Sun) 6/6(木)開催「NPO・市民活動団体のための会計初級講座」


みやぎNPOプラザからお知らせが届きました

6月6日(木)にみやぎNPOプラザで開催される、
「NPO・市民活動団体のための会計初級講座」のご案内です。
この講座では、会計の考え方から、伝票の整理方法、帳簿の付け方のポイントなど、
会計・経理担当者が最低限知っておきたい会計の基礎知識を学ぶことができます。

詳細は次のとおりです。

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

平成31年度

みやぎNPOプラザ会計・税務講座

NPO・市民活動団体のための会計初級講座


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

NPOは会費、寄付金、助成金など、活動を応援してくれる人々のお金を扱うことが多く、
その分きちんとお金の管理をする必要があります。
しかしながら、
「基本的な知識がないまま会計・経理担当となった」
「前任者が辞めて急きょ経理を任された」
「自己流でやっているが正しいのか不安」
NPOにとってこのようなケースは多いのではないでしょうか。

この講座では、会計の考え方から、伝票の整理方法、帳簿の付け方のポイントなど、
会計・経理担当者が最低限知っておきたい会計の基礎知識を学びます。
この機会に適切な会計処理の効果についても理解を深めましょう!
※具体的な決算書の作成方法、税務処理については本講座では取り扱いません。

内容をお知りになりたい方はみやぎNPOプラザまでお問合せ下さい。
講座チラシはこちら→☆★☆

◆日 時:2019年6月6日(木) 13:30〜16:30
◆場 所:みやぎNPOプラザ 第2会議室
◆内 容:会計業務の流れ、帳簿の付け方のポイント、伝票整理の方法 など
◆講 師:小野恵子さん(会計サポーター)
◆対 象:NPO・市民活動団体の会計初任者、これから会計を担当される方、再確認したい方など
◆定 員:20名(申込先着順)
◆参加費:1,000円(税込)
◆持ち物:筆記用具・電卓
◆主 催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
◆企画実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

==============================================
◆申込方法:(1)(2)どちらかの方法でお申し込みをお願いいたします。

(1)添付の申込書、またはみやぎNPO情報ネットから申込用紙をダウンロードの上、
みやぎNPOプラザまでメール、FAXでご送付いただく。
申込書→☆★☆
みやぎNPO情報ネットはこちら→☆★☆


(2)下記お申込事項をご入力の上、メールでお申込みいただく。
≪お申込みフォーム≫
・団体名 
・参加者名
・団体内での役割
・TEL
・FAX

申込み先→npo☆miyagi-npo.gr.jp(担当:丹野 伶菜)
(☆を@に変えてメールしてください)

お忙しい時期とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
人気の講座ですので、お早めにお申込みください。
どうぞよろしくお願い致します。
==============================================

電話お申込・問い合せ
みやぎNPOプラザ
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(担当:丹野 伶菜)
(☆を@に変えてメールしてください)

〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
平日 9:30〜21:30/日・祝 9:30〜17:30
休館日 月曜日、12/29〜1/3