CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年08月12日(Fri) 「伝えたい!」記事に込めたアツイ思い〜まいぷろかべしんぶん部・生みの苦しみ編〜


こんにちは。スタッフの松村です。

宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、壁新聞づくりを通じて若者が地域で活躍する機会を作っています。 サポセンでは、昨年に引き続き、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。

第5回目、7月26日(火)尚絅学院高校。今日は、前回取材した地域のお祭り「平日フェス2016」と「うみの杜水族館」の記事執筆に取り組みます。
普段、サポセンニュースレター「ぱれっと」の制作で取材・執筆・編集を担当している黒川と松村でお邪魔しました。

カメラ取材の様子はこちら⇒平日フェス2016うみの杜水族館

2.jpg

宮城野区中央市民センターの千葉さんから、書く前に改めて「この記事で誰に何を伝えたいのかを考えましょう」と伝えられました。
さらに、読んだ人にどうなってほしいのか想像しながら書きました。

4.jpg

書いた人から、千葉さんやサポセンスタッフに見せ、推敲、推敲。
学生さんたちが原稿を持ってきてくれると同時に話してくれる、たくさんの「面白かったこと」「感動したこと」「気が付いたこと」に私たちも共感しながら、その思いをどうすれば読む人にも伝えられるか一緒に原稿を練りました。

次回は書いた記事を紙面にレイアウトします!
完成までもう少しです。

これまでの様子
1回目(6/25)→
2回目(7/2)→
3回目(7/18)→
4回目(7/25)→





2016年08月11日(Thu) 誰もが働きやすい職場をLGBTの視点から考えてみよう!〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは、スタッフの菅原です。

「みなさんはLGBTを知っていますか?」

LGBTとは、Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭文字をとった、性的少数者を表す総称です。性的少数者は13〜20人に1人の割合で存在するといわれていますが、普段の生活で性的少数者に出会うことはほとんどありません。なぜなら、差別や偏見を恐れて、自分が性的少数者であることを隠して生活している人が多いからです。

と、いうことで今回ご紹介する本はこちらです!

「ありのままの自分」で働ける環境を目指して
職場のLGBT読本

LGBT.jpg


本書は、職場という観点から、1000名以上のLGBT当事者及び非当事者に行ったアンケートの
調査結果をもとに、LGBTを取り巻く職場環境について詳しく考察しています。
また、性的少数者に対する企業の先進的で最新の取り組みについても事例を交えて紹介しています。
LGBTが働きやすい職場について考えることは、子育て中の人、障害のある人など「誰もがありのままの自分」で働ける環境を考えるきっかけにもつながります。

/////////////////////////////////////
著者:柳沢正和 村木真紀 後藤純一
出版社:実務教育出版
/////////////////////////////////////

黒ハートサポセンで本を借りよう
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」と考えている方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。

2016年08月09日(Tue) すみれの会 遺された苦しみを語れる場所


「自死は、多くが前触れもなく起こってしまいます。突然遺された家族が受け入れなければならない辛さや苦しみは、本人でないと分からないし、乗り越えるのは決して容易ではありません」と自死遺族支援「すみれの会」の代表の小田島佳子さんは語る。

 会の発足は2006年10月。社会福祉法人「仙台いのちの電話」の事業の一環として始まった。自死遺族から「仙台には遺族の声を聴いてくれる場所がない。辛い気持ちを知ってほしい」との声が上がったのがきっかけだった。

 遺族が抱えるのは、大切な人の自死の予兆に気付けなかった、止められなかった後悔や悲しさ、喪失感。時には遺族へと向けられる周囲の目にも悩まされる。精神的・社会的な要因に同時に向き合わなければなないが、それらをひとり胸の内に抱え続けるのはとても辛い。そんな気持ちを話し、分かちあう場所がすみれの会だ。

 遺族はスタッフのサポートを受けながら、それぞれの胸に抱えた思いを語り合う。相談内容や名前など個人情報は守秘義務で守られているので、遺族は安心して話をすることができる。また、予約の必要はなく、自分のペースで参加することが可能だ。「ゆっくりでいいんです。自分の言葉で、自分の思いを整理してください。そうすれば、また自分の足で、自分らしく歩いていけますから」。

 活動は仙台市市民活動サポートセンター=仙台市広瀬通=で、第1土曜日(大切な人を自死で失った遺族が対象)と、第3土曜日(家族を自死で失った遺族限定)の月2回、午後1時から3時まで行われる。参加費は300円。

 時には参加者が一人も来ないこともあるという。そんな時でも、変わらず会は開いている。

 「すみれの会を必要としている人に、会の存在が知られてないのではと感じます。いつもの場所、いつもの時間に行けば、安心して話を聞いてくれる誰かがいることを知ってほしい」と小田島さんは語る。

すみれの会 遺された苦しみを語れる場所_すみれの会 遺された人たちが語り合う.jpg
▲すみれの会の活動場所となる一室。「安心して話ができるよう、お花と音楽と、美味しいお茶を用意して待っています」と小田島さんは語る。

(仙台市若林区 千葉智美)
2016年08月09日(Tue) 自然とともに地域とともに 〜食から始まるつながり〜


自然とともに地域とともに 〜食から始まるつながり〜.jpg
▲「学んだことが生活の中で反映できたという受講者の声が一番嬉しい」にこやかに話す佐藤さん

 NPO法人「おりざの家」理事長佐藤宏美さん(54)は、仙台市太白区長町にある「cafeおりざ」で、各種の料理教室・講座を主宰する。玄米のおいしい炊き方や野菜中心の献立を教えたり、こんにゃくやびわの葉を使って体調を整える自然療法を指導したりしている。

 教室を始めるきっかけは20年前の自身の体調不良。医者に診てもらったが、具体的な病名が分からず、日に日に体調は悪化した。ある時出会った本で、不規則な食事の取り方や生活習慣が原因であることに気づかされた。それまでの生活を改めると、徐々に体調は回復していった。

 食を見直す過程で、玄米の持つ力を知った。白米は発芽しないが玄米は発芽する。「命ある食べ物」である玄米を食べる意義について周囲に話したことが、今日の活動につながっている。おりざはラテン語で「稲」の意味だ。

 9月からは新たな試みを始める。家庭の事情などにより、一人で夕食を食べている「孤食」の小・中学生や高齢者に、栄養バランスの取れた食事を無料で提供する「子ども食堂」の活動だ。

 地域の主任児童委員も務める身。ある会合で「子ども食堂」について語る講師の話にくぎ付けになった。「『見過ごせない、私もやりたい』って講師の先生に申し出ました」

 食堂は「おりざの食卓」と名付けた。食事を提供するだけに留まらず、子どもたちには後片付けなどを手伝わせるつもりだ。生活力を身に付けたり、世代の異なる人との交流を深めたりしてほしい。

 商店街の人たちも応援してくれている。「こういう試みが、中学校区ごとにあったらいいのになあと思う。私は長町で頑張ります」。

「おりざの食卓」は登録制。当初は週1回開催。来年3月からは週2回、将来的には月〜金曜開催を目指す。連絡先は022(249)1625。

(仙台市泉区 佐々木めぐみ)
2016年08月08日(Mon) 仙台うみの杜水族館を取材しよう〜まいぷろ壁新聞部〜


宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、壁新聞づくりを通じて若者が地域で活躍する機会を作っています。 サポセンでは、昨年に引き続き、事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。

今年度第4回目めの7月25日(土)、部員たちは、仙台うみの杜水族館へ取材に行ってきました。

魚の泳ぐ姿、色・形など、よく見ないと気付かないような細かいところまで、じっくり観察し、水族館に何回も足を運んでいる人でも、「そうだったんだ」「なるほど」と興味を持ってもらえるようなネタを探します。

2.JPG
▲写真を撮ることも、壁新聞を作るために大切な仕事。どうすれば臨場感が伝わる写真が取れるのか、工夫を凝らします。

3.JPG
▲昨年度参加したまいぷろメンバーも応援に来てくれました。
「自分だけの感覚に偏らないよう、他の人からはどう見えるのかを考えて」と、壁新聞を読む人のことを意識して取材するようアドバイスをもらいました。

5.JPG
▲後半はチームを変えて、「面白い発見」をお互いに話し、意見交換をします。
同じものを見ていても着眼点はさまざま。他の人の意見を聞くことで、新しい疑問や気付きが生まれました。

4.JPG
▲注目しているのは、水族館の人気者チンアナゴ・・・ではなく、一緒にいる別の魚。湧いた疑問の答えを探るため、案内版をじっくり読んでメモを取ります。

次回7月26日(火)は、今日の取材をもとに、壁新聞に載せる記事をつくります。今日の取材がどんな記事になるのか、楽しみです。

これまでの様子
1回目(6/25)→
2回目(7/2)→
3回目(7/18)→

2016年08月06日(Sat) すみれの会 自死遺族心打ち明ける場


 人が自ら命を絶つ。肉親の「自死」という衝撃に直面した場合、遺族らは心に深い傷を抱え、傷心と混乱の日々を生きる。


 「苦しみの全てを理解することはできません。でも、聴き手と話し手の心が向き合った時、新たに発見する人生があります」。自死遺族を支援する「仙台いのちの電話すみれの会」代表、小田島佳子さんの確信だ。

すみれの会 自死遺族心打ち明ける場.jpg
「秘密は守ります。安心しておいでください」と呼び掛ける小田島さん


 小田島さんは終末期医療の現場で30年以上カウンセラーとして働き、細りゆく命に不安と悲しみを抱く患者・家族と向き合ってきた。その傍らボランティアとして、悩みを持つ人の相談に応じる「いのちの電話」の活動にも関わってきた。

 いのちの電話は2006年、自死遺族のサポートに特化した「すみれの会」を発足。遺族の窮状やそのケアの不足を感じていた小田島さんは仲間と共に支援の在り方をゼロから模索し、15年からは代表を務める。

 活動は月2回、小さな語り合いの集いがメインだ。会場は仙台市市民活動サポートセンターの一室。いすを車座に並べ、テーブルには花を飾って、渦中にある人の来場を待つ。

 進行役は、いのちの電話の研修を受けたスタッフが担う。参加者は順番に一人ずつ、ここに至るまでの出来事を打ち明ける。

 とはいえ、家族らの自死を打ち明けることはたやすいことではない。会場を整え、遺族らの来場を待っていても、誰も来ない日もある。それでも、集いを中止することはない。

 「自死遺族が辛さを感じた時、『いつもそこにある存在』として思い出してほしいんです」と小田島さん。終了予定時刻まで、救いを求める人を待ち続ける。

 大切な人の自死に苦しむ人に必要なのは、長い時間だけではない。つらい胸の内を打ち明け、一瞬でも心の荷を降ろす場所があってこそ、前を向ける。

 人知れず苦しむ人たちをそっと支える人の輪は、街の片隅で10年の時を刻んだ。

(仙台市宮城野区 伊藤友里)

メモ  集いは、家族や友人らをなくした人が対象の毎月第1土曜と、家族限定の第3水曜の月2回。時間はいずれも午後1―3時。参加費300円。予約不要。連絡先は仙台いのちの電話事務局022(718)4401
2016年08月06日(Sat) 8/25開催<地域を盛り上げたい、面白くしたい方にオススメ>SENDAI Social Innovation Night vol.2


仙台市より、イベントのお知らせをいただきました。
サポセン1F情報サロンでチラシ配布中です。

以下、概要です。

=======================================================

SENDAI Social Innovation Night vol.2

今話題の社会起業家がINTILAQに集結。
真夏の夜、社会起業をテーマに
「誰かのために」
「地域のために」
という熱い想いを語り合います。

1 日時:平成28年8月25日(木曜日) 18時30分〜21時30分(開場18時)
2 場所:INTILAQ東北イノベーションセンター(仙台市若林区卸町2-9-1)
3 定員:60名(先着順)
4 参加費:無料
5 モデレーター
 〇 藤沢 烈 氏(一般社団法人RCF代表理事)
6 ゲスト
 〇 岩佐 大輝 氏(農業生産法人株式会社GRA代表取締役CEO)
 〇 武田 昌大 氏(Share Village Project村長・トラ男プロデューサー)
 〇 堀江 敦子 氏(スリール株式会社代表取締役社長)
 〇 渡邉 さやか 氏(一般社団法人re:terra lab.代表理事/株式会社 re:terra 代表取締役)

詳細・チラシはこちらをご覧ください
http://sendai-tokku.jp/news/20160722-299/

お問い合わせ(★を@に変換)
仙台市プロジェクト推進課:mac001630★city.sendai.jp
INTILAQ東北イノベーションセンター:info★intilaq.jp

=======================================================


2016年08月05日(Fri) サポセンの仙台七夕〜今日もみなさんの願いを飾ります〜


ぴかぴか(新しい)今年もやってきました仙台七夕ぴかぴか(新しい)
毎年8月6・7・8日は「仙台七夕まつり」が開催されます。 5日の前夜祭は、仙台西公園周辺一帯を会場に花火が夏の夜空を彩ります。 期間中は、アーケード商店街を中心に、街中が七夕飾りで彩られ、多くの観光客が訪れます。

七夕飾り.jpg

サポセンの小さな七夕飾りは、いつもサポセンを利用し活動している「仙台に夜間中学をつくり育てる会」のみなさんが作ってくれました。→


tanabata.jpg

今日、早速短冊に願いを込めてくれたのは、交流サロンの常連さんNPO法人ドットジェイピーの学生さんたち。

tanabata2.jpg

みなさんもサポセンに来館した際は、ぜひ願い事を書いてくださいね。
お待ちしております!
2016年08月05日(Fri) ぱれっと8月号発行しました!


こんにちは。スタッフの松村です。
ぱれっと8月号発行しました!

8-2.jpg
仙台七夕の時期ですね!爽やかな水色のぱれっと。

●今月のワクワクビト
ギャップジャパン株式会社・仙台三越babyGap店長 猪口良太さん

アメリカの創業者、ドリス&ドン・フィッシャー夫妻の「洋服を売る以上のことをしよう」という志を受け継ぎ、若者のキャリア支援を中心にさまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。
そんなGapで働く猪口さんは月1・2回、仙台の一番町でゴミ拾いをするボランティア活動に参加しています。仕事と地域活動の両立のウラにはどんな仕組みや思いがあるのでしょうか…。

手(パー)取材・執筆を担当するのは、情報ボランティア@仙台の学生記者のみなさん。
8月号を担当したのは、東北大学3年の橋直道さんと三浦侑紀さんです。
取材した内容は、情報ボランティア@仙台のブログでも詳しく書かれています。
ぜひ覗いてみてください!→

●特集
ラジオを通して広がるネットワーク
若林区民がつくる「ラヂオはいらいん若林」


若林区は、歴史的な町並みや伝統ある商店街が残る地域、流通・工業地帯である卸町・六丁の目地域、農業が盛んな田園・海浜地域と様々な表情をもつ地区です。東日本大震災の際には、東部沿岸部は津波で甚大な被害を受けましたが、2015年には地下鉄東西線が開業し、復興に向けてのまちづくりが進んでいます。その時々の若林区の姿や魅力を発信しようと、市民・行政・企業が協力して取り組むラジオ番組づくりを紹介します。

●市民ライターが市民団体をご紹介
「人と犬との健全な関係を築くには」NPO法人エーキューブ

市民ライターの方々が、仙台で活躍する市民活動団体を取材し、団体の活動のこと、自分が感じたことを発信します!今月は、市民ライター泉久恵さんが、動物と人間の共生をめざすNPO法人エーキューブの活動現場に飛び込みました!
カメラ取材時の様子はこちらから→NPO法人エーキューブが活動する現場、成犬譲渡会に行ってきました〜

市民ライターとは
サポセンが2014年から河北新報社と共催で開いてきた「市民ライター講座2014・2015」を受講し、取材・執筆のノウハウを学んだ市民の方々です。自分たちの暮らしの中にある地域の課題や、面白い!と思った取り組みを市民目線で発信しています。
これまでの活動「マチノワプレス」→

●他にも!
活動に役立つ本の紹介や、サポセンのイベント紹介などなど情報盛りだくさんです! 
サポセン館内や市内公共施設、お店などでも配布中!ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。
ダウンロードはこちらから→

=====================================================
手(チョキ)「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。
アンケートフォーム




2016年08月05日(Fri) すみれの会 遺された人たちが語り合う



すみれの会 遺された苦しみを語れる場所_すみれの会 遺された人たちが語り合う.jpg
▲すみれの会の活動場所。「季節の花を飾り、音楽をかけ、美味しいお茶を用意して待っています」と、すみれの会の小田島さん



仙台には、自死で大切な人を亡くした人たちが安心して語り合える場所がある。「仙台いのちの電話 すみれの会」だ。「悲しみを話せる場所が無い」という自死遺族の声を受け、2006年10月に仙台いのちの電話の事業の一環として始まった。

活動は毎月第一土曜と第三水曜。仙台市青葉区の仙台市市民活動サポートセンターで13時から15時まで開催している。第三水曜は自死で家族を亡くした人、第一土曜は友だちなど自死で大切な人を亡くした人たちを受け容れる。「家族を亡くした方の悲しみはとても深く、人生そのものを失ったと話す人もいます」と代表をつとめる小田島佳子さんは語る。

活動を始めた頃、第三水曜と第一土曜に参加者は分かれていなかった。だがそれぞれの立場の人が互いの立場に気を遣わず、ありのままの気持ちを話すことを考え、第三水曜は家族を亡くした人のみを対象にした。涙が溢れて話すこともままならなかった参加者は、回数を重ねて少しずつ自分の言葉で語るようになる。段々と整理がつくと「自分自身も誰かを支えることが出来るかもしれない」と考える人も出てくる。より対象が広い第一土曜に参加出来るようになり、大切な人を失った思いを多くの参加者とわかちあい、充分に思いを話せた参加者はやがて自分の力で自分らしく自分の人生を歩いていく。

参加費は300円。その他に準備する物は無い。ふらっと訪れていいし、来るのをやめても良い。同じ時間、同じ場所で活動するすみれの会は誰も来ない日があっても待ち続けている。

「『生きていて良いんだ』と自分で思えるようになった人の、凛とした強さは素晴らしいです」と小田島さんは語った。

(仙台市若林区 小塙理恵子)