CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年06月 | Main | 2015年08月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2015年07月31日(Fri) まいぷろ〜取材体験で地域のお祭りに飛び込め!〜

こんにちは。スタッフの佐藤です。

「まいぷろ」が、今年もスタートしました!
宮城野区中央市民センターが若者社会参画型学習推進事業として、7月から12月まで全9回開催するプロジェクトです。
昨年から引き続き、サポセンも事業のお手伝いをさせていただいています。
初回オリエンテーションは、7月11日(土)に行われました。

7月20日(月・祝)第2回は、取材体験!
高砂市民センター(仙台市宮城野区)で行われた「平日夕涼みフェス」におじゃましました。

ゲストは、かわいいカメラ女子ピクニック隊かわいいのみなさん。

b4.jpg
▲左:大林さん 中:千葉さん 右:隊長の池内さん 

カメラ女子ピクニック隊は、「女子目線・カメラ目線で仙台の観光を元気にする」というコンセプトで、カメラを持った女子たちが街を歩きます。普段は12月6日開業予定の地下鉄東西線の各駅周辺で活動しています。思わぬ視点でまちを切り取り、魅力を掘り起こす女子たちと、まいぷろメンバーは興味をもったコト・人に次々と取材していきました。

b5.jpg
▲取材にご協力いただいた「平日夕涼みフェス」

「平日フェス」は、宮城野区の民生委員、市民センター、市民活動団体、町内会が連携し、復興に尽力する地元の人たちに楽しんでもらおうと企画されたもの。食、ワークショップ、音楽などが楽しめる内容で、地域の人達が大勢集まりました。

b1.jpg

▲取材のノウハウは習っていません。でも、自分で動きながら習得する「まいぷろメンバー」

b3.jpg

▲「かわいい」「おもしろい」「初めて見た」などなど、あ!っと思ったらすかさずカメラ!

b2.jpg

▲フェス出展者のみなさんも快く取材に応じてくださいました!

初めての取材。最初はガチガチに緊張していましたが、たくさん話を聞き出せたようですぴかぴか(新しい)

次回は8月1日(土)
平日フェスの取材をもとに「たがじょうしきかべ新聞部」のみなさんと壁新聞0号をつくります。お楽しみに!!

前回(7/11)の様子→

2015年07月28日(Tue) <人気ランキングTOP3>広報・団体運営など、活動のお困りごと解決に使える!〜市民活動お役立ち情報〜


「市民活動お役立ち情報」とは、その名の通り市民活動に役立つ情報を、テーマごとにA4用紙1枚に”ギュッ”とまとめたサービスです。
現在10のテーマを扱っていますが、利用者のみなさんに人気なのは、一体どのテーマなのかexclamation&question
ちょっと調べてみましたサーチ(調べる)
それでは、TOP3のご紹介ですexclamation


市民活動お役立ち情報 人気ランキングTOP3
1位:メディア活用大作戦
新聞、ラジオ、情報誌など、仙台のマスメディアのイベント投稿欄をまとめました。
多くの方に情報を届けたいという時には、やはりマスメディアの力を借りたいですよね。
プレスリリースにお役立ていただいているようです。

2位:チラシ・ポスターの置ける場所
仙台市内でチラシやポスターを設置してもらえる場所をまとめました。
サポセンでチラシを印刷して、このお役立ち情報を活用してチラシを配布している方が多いのでしょうか?お役に立てているなら、何よりです。
ここに載っている場所以外でも、お願いすると置いてもらえることがあります。勇気を出して、聞いてみましょう!

3位:NPOって何だろう
「NGOとNPOって、何が違うの?」
「NPOとNPO法人って同じもの?」
などなど、サポセンスタッフもよくお受けする質問たちをまとめました。
ニュースなどでよく耳にするようになった「NPO」ですが、一体どんなものなのか、まだまだ浸透の余地がありそうですね。
ちなみに…
サポセンでは8/23に90分でNPOの基礎がわかる「NPOいろは塾」を開催します。詳細こちら→



以上、「市民活動お役立ち情報」人気ランキングTOP3の結果を見ると、広報分野においてご活用いただくことが多いようですね。
掲載情報は随時更新しておりますし、新しいテーマも検討中ですので、今後もぜひご活用ください!

「市民活動お役立ち情報」は、サポセンの1F情報サロンと印刷室、3F相談・つながるサロン、5F交流サロンに配架しています。
ご自由にお持ち帰りいただけますので、ご利用ください。
また、サポセンのホームページからPDF版をダウンロードすることもできます。
こちらからどうぞ→


市民活動お役立ち情報 テーマ一覧
1 NPOってなんだろう?
2 チラシ・ポスターを置けるスペース
3 市民活動団体が利用できる機材一覧
4 仙台市内ホールマップ
5 ボランティア相談窓口
6 助成金のいろは
7 規約の作り方
8 報告書の作り方
9 メディア活用大作戦
10 名義後援って、どうやって受けるの?

2015年07月27日(Mon) 8/22開催<市民活動団体・NPOのための活動力強化講座>こうすれば伝わる!社会課題の見える化講座〜調べる・伝える 相手に伝える極意を学びます〜


「世の中には、困っている人がたくさんいるんだよ」
「ふ〜ん。たくさんって、どのくらい?どんな風に困ってるの?」
「…あせあせ(飛び散る汗)
今取り組んでいる活動について説明しようとして、うまくいかなかったこと、ありませんか?
分かりやすく伝えることができれば、活動に協力してもらえたりするかもしれません。

「どうせ分かってもらえないバッド(下向き矢印)」とあきらめないで、
「データとかって、なんだか難しそうたらーっ(汗)」としり込みしないで、
この機会に一緒に学んでみましょうexclamation


こうすれば伝わる!社会課題の見える化講座
〜調べる・伝える 相手に伝える極意を学びます〜


強化講座全体.jpg

日 時:8月22日(土)14:00〜16:00
講 師:認定NPO法人地星社
    代表 布田 剛 さん
会 場:仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール
内 容:社会課題の見える化(調べる・伝える)方法と、
    その考え方を事例を通して分かりやすく学びます。
    助成金申請や事業提案などの際、
    事業内容の伝え方で苦労されていませんか?
    取り組みを、図式化したりデータで伝えれば
    はじめての相手にも伝わりやすくなりますね。
    ぜひこの機会に一緒に学びましょう!
定 員:20名(先着順)
対 象:市民活動に携わっている方
    事業戦略を策定する立場の方
    助成金申請などを行う方
    活動広報を行う方
参加費:無料
申込み・問い合せ:仙台市市民活動サポートセンター
TEL 022-212-3010/ FAX 022-268-4042
MAIL: sendai★sapo-sen.jp(★を@に変換)
※メールでお申込の方は、件名を「見える化講座」として、団体名・参加者名・TEL・メールアドレス・団体の活動内容をお知らせください。
電話・FAX・窓口でも受け付けています。
チラシ兼申込み用紙(PDF)→課題のみえる化講座チラシ.pdf


2015年07月25日(Sat) 8/23開催!市民活動を「学ぶ」時間:NPOいろは塾〜90分でNPOの基礎を学ぼう!〜


市民活動を「学ぶ」時間:NPOいろは塾
〜90分でNPOの基礎を学ぼう!〜


manabu.jpg

日 時:8月23日(日)午前10時半〜12時
会 場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
内 容:1.NPOについての基礎知識
    2.NPOはじめの一歩
    3.サポセンガイドツアー
定 員:20名
参加費:無料
申込み開始:8月6日(木)
申込み・問い合せ:仙台市市民活動サポートセンター
TEL 022-212-3010/ FAX 022-268-4042
MAIL: sendai★sapo-sen.jp(★を@に変換)
※メールでお申込の方は、件名を「学ぶ時間」として、氏名・年代・住所・TEL・FAXをお知らせください。
 電話・FAX・窓口でも受け付けています。
申込用紙(PDF)→123-mousikomi.pdf

▼チラシ
A4_omote.jpg
A4_123ura.jpg


2015年07月21日(Tue) 8/9まで開催中〜多様な性にYES!虹色七夕〜


8月6・7・8日には、仙台七夕まつりが開催されます。

サポセン5F展示スペースでも、7月18日〜8月9日まで、願いを込めた「七夕」が飾られます。
開館時間内なら、どなたでも無料でご覧いただけますので、この機会にぜひサポセンに足をお運びください。

==============================================
七夕特別企画展示 多様な性にYES! 虹色七夕
Lesbian/Gay/Bisexual/Transgender/etc…多様な性にYES!


レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなど、多様な性の当事者たち。
なかなか存在が見えづらいですが、東北にもたくさんの当事者たちが生活しています。
本企画「多様な性にYES! 虹色七夕」では、そんな東北の当事者たちが制作した七夕飾りを展示します!
多様性を認め合い、尊重し合って暮らせる社会を願って……

期間:2015年7月18日(土)〜8月9日(日)
   9:00〜22:00(月〜土)9:00〜18:00(日・祝)
   ※7/22(水)は施設休館日
会場:仙台市市民活動サポートセンター 5F展示スペース
入場無料

位置情報展示作品/制作団体
Anego発 “多様な東北夏祭り” /Anego
アルタイル-夏彦星-/やろっこ
レヅルプロジェクト/♀×♀お茶っこ飲み会・仙台
虹色七夕に願いを 2015ver./東北DEアソビ隊&みどり虹色茶会
虹色天の川/SMILE+HONEY+学生団体
夢への道しるべ/東北HIVコミュニケーションズ&レインボー・アドボケイツ東北
セクシュアリティ用語解説/レインボーアーカイブ東北

詳細はこちらをご覧ください。(関連イベントもあります)
東北レインボーSUMMER2015

IMGP0962.JPG

==============================================



2015年07月21日(Tue) 9/11〆切<日本とアジア・オセアニアの若い世代の交流促進や人材育成に取り組む団体へ>第9回かめのり賞 募集〜かめのり財団〜


顕彰・支援のお知らせです。
以下、概要です。

==============================================
第9回 かめのり賞

◆趣旨
日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした相互理解・相互交流の促進や人材育成に草の根で貢献し、今後の活動が期待される個人または団体を顕彰します。

◆賞の内容
正賞:記念の楯 副賞:活動奨励金50万円 (10件まで)

◆対象(個人/団体の資格)
@NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
A5年以上の活動歴があること
個人、ボランティアグループや任意団体として活動を始め、その後、法人格を取った団体は、事業内容が同等であれば法人格前からの活動も活動歴とする
B日本とアジア・オセアニアの架け橋となる活動を目的としていること
C過去5年間、かめのり賞の表彰を受けていないこと(第4回〜第8回表彰者は応募不可)

◆対象となる活動
日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした次のような活動
@国際交流・協力にかかわる活動
A多文化共生にかかわる活動
B国際貢献に携わる人材を育成する活動
対象となるか判断が難しい場合には、事務局にお問い合わせください。なお、過去の表彰者やその活動内容は、ホームページでご覧いただけます。
*かめのり賞が対象とするアジア、オセアニアの国・地域 *
インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、東ティモール、フィリピン、ブータン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス、台湾、香港、マカオ
オーストラリア、キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、ニュージーランド、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア、ニウエ

◆応募方法
応募書類を当財団まで郵送等で、お送りください。
財団ホームページから応募要項・応募用紙のダウンロードができます。
http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html

◆締 切
2015年9月11日(金) 必着

◆書類提出先・問い合わせ先◇
〒102-0083  東京都千代田区麹町5-5 共立麹町ビル103号室
公益財団法人かめのり財団 「かめのり賞」係
電話:03-3234-1694 FAX:03-3234-1603
E-mail:info★kamenori.jp(★を@に変換)
URL:http://www.kamenori.jp/
==============================================

2015年07月19日(Sun) 7/25(土)、いよいよ「ちょっと。ボランティア」開催します!!


こんにちは、サポセンスタッフの菅原です。
2015年7月25日(土)開催の「ちょっと。ボランティア」は、
ケニアの職業訓練所で作られたものを販売するための準備を体験します。

先日、打ち合わせのためにNPO法人アマニ・ヤ・アフリカの事務所へ行ってきました。
アマニ・ヤ・アフリカは、ケニアと仙台を結ぶ教育と手仕事を支援している活動をしています。
事務所の扉をあけると、ケニアの動物や自然をモチーフにした民芸品、アクセサリーが目に飛び込んできました。
まるでケニアにいるような感覚になります。

アクセサリー.JPG
▲色とりどりのケニアの民芸品や雑貨

動物.JPG
▲ゾウやキリンなどの動物やトンボやチョウの置物

打ち合わせは、理事長の石原輝さん、理事の佐藤優子さんとサポセンスタッフで行いました。
当日の時間配分、ボランティア作業内容等の確認を行いました。

打ち合わせ.JPG
▲石原さんにケニアの紅茶を入れていただきました。

「目的も年代もさまざまなひとたちが集まり、お互いお話しながら作業することで、時間を有意義に使っていただけるとうれしいです」
と佐藤さんは、「ちょっと。ボランティア」当日を楽しみにしています。


ひらめきイベント概要については、こちらのリンクをご覧ください。
ちょっと。ボランティア「ケニアの人たちの自立をサポートしよう!」
 ※定員に達しましたので、申込受付は終了しています。


2015年07月18日(Sat) まいぷろ〜壁新聞づくりで、あなたの力を地域で発揮しよう〜

こんにちは。スタッフの松村です。

宮城野区中央市民センターが若者社会参画型学習推進事業として、7月から12月まで全9回開催するプロジェクト「まいぷろ」が今年もスタートしました!
昨年から引き続き、サポセンも事業のお手伝いをさせていただいています。(昨年の成果発表会はこちら)
7月11日(金)、第1回におじゃましてきましたので、ご報告します。

「まいぷろ」は、大学生をはじめとする10代〜20代の若者を対象とした事業です。若者が自分の力を伸ばし、自分の思いを行動に表し、自分の地域で活動するための一歩を応援する講座を実施しています。
今年は「壁新聞」というツールを活用。地域のお祭りや仙台うみの杜水族館などを取材し、ネット時代には珍しい、壁新聞で発信します。
メンバーは、宮城県内の大学生8人、高校生2人、山形県の大学生2人の12人です。

1回目のゲストは、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター事業部長の桃生和成さんです。自身の大学時代の活動を紹介しながら、「まいぷろ」を活用してみんながやりたいことを実現するにはどうしたらいいか、アドバイスしました。
b1.jpg
▲中央奥:桃生さん 興味深く話を聞くみなさん

b2.jpg
▲自己紹介では、「僕シャイなんで…」と言いつつ次々と面白い自己紹介が。キャラクターが垣間見えました。

b4.jpg
▲また、二人一組になって「インタビューすること」と「インタビューされること」を体験しました。インタビューした相手を自分の言葉で紹介し、理解を深めました。

b3.jpg
これから12月まで、様々なゲストと街歩き、取材、執筆、発信の体験を通じてまちに飛び込みます。「まいぷろ」の様子は、随時サポセンブログでも発信していきます。次回もお楽しみに!



2015年07月17日(Fri) 仙台のワクワクビト取材!The Anniversary Party 豊田亜美さん〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの松村です。

サポセンニューズレター「ぱれっと」の表紙では、毎号仙台のまちをワクワクさせる人をご紹介しています。
バックナンバーはこちら→

9月号のワクワクビトには、映画上映会「アニバーサリーパーティ」を友人と主催する、豊田亜美(とよた つぐみ)さんが登場します。世界で起こっている人権問題や貧困問題などを、誰でも参加しやすい「映画鑑賞」を通じて考えようと活動しています。

豊田さんは、現在22歳。東北学院大学3年生です。7月10日の夕方、取材・執筆を担当してくれる情報ボランティア@仙台の学生記者高橋直道くんと加藤里香さんといっしょに土樋キャンパスにおじゃましました晴れ


b1.jpg
▲食堂にて。右:豊田さん 左奥:加藤さん 左手前:高橋くん 

取材や撮影では、少し緊張感はありつつも、同年代で話がはずんだ様子。学生記者の高橋くんと加藤さんは「自分と同じ学生が、頑張っていることを知れて刺激になった」「面白かった」と感想を聞かせてくれました。

取材内容は、ぱれっと9月号に掲載予定です。お楽しみに!

2015年07月16日(Thu) 募集期間7/7〜9/9<地域において、より良い子育て環境づくりに取り組む方へ>第9回未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰


表彰・支援のお知らせです。
以下、概要です。

==============================================
第9回 未来を強くする子育てプロジェクト
あなたの近くで、スミセイは子育て支援に取り組み続けています。


子育て支援活動の表彰
地域において子育て環境づくりに取り組む、団体や個人を表彰します。
◆表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰状、副賞100万円 ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰状、副賞50万円 ※10組程度
◎スミセイ震災復興応援特別賞/表彰状、副賞50万円 ※3組程度
◆趣旨
より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集します。各地域の参考になる特徴的な子育て支援活動を社会に広く紹介し、他地域への普及を促すことで、子育て環境を整備し、子育て不安を払拭することを目的としています。
◆対象
より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体(規模は問いませんが、次の要件を満たすことが必要)を対象とします。
※東日本大震災の被災者の支援、復興のために子育て支援活動を行う個人・団体も募集します。
◆要件
@子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
A活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
B活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
C日本国内で活動している個人・団体であること。
D震災復興応援特別賞の対象については、東日本大震災の被災者の支援、復興のために子育て支援活動を行う個人・団体であること。
◆応募方法
応募用紙を「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイトからダウンロードの上、必要資料と一緒にお送りください。
必要資料=@活動風景の写真Aその他の活動内容がわかる資料(パンフレットなど)

女性研究者への支援
子育てと研究活動の両立に努力されている女性研究者を支援します。
◆表彰
◎スミセイ女性研究者奨励賞…10名程度
助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給します。助成期間は2016年4月から2018年3月までの2年間の予定です。
◆趣旨
育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。
◆対象
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の規定を満たす方の中から決定します。
◆要件
@人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
A原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
B原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
C2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
D現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
E支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
※この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。
※国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。
◆応募方法
応募用紙を「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイトからダウンロードの上、必要資料と一緒にお送りください。
必要資料=最近の論文など、1、2点

募集要項詳細や、応募用紙ダウンロードは、「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイトをご覧ください。

◆宛先・お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局T係
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
TEL:03-3265-2283(平日10:00〜17:30)
主催:住友生命保険相互会社
==============================================


| 次へ