CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年11月 | Main | 2014年01月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2013年12月28日(Sat) 本年もサポセンをご利用いただき、ありがとうございました〜年末のご挨拶と、年末年始休館のお知らせ〜


2013年も、残すところあとわずかとなりました。
今年も多くの方にサポセンをご利用いただき、たいへん感謝しております。

サポセンは12月29日(日)から1月3日(金)まで、年末年始のお休みをいただきます。
新年は1月4日(土)午前9時から開館いたします。

新年には、また元気なみなさまとお会いできますことを楽しみにしております。
よいお年をお過ごしください。


<<<1月のサポセン>>>
参加者募集中です。お申込みお待ちしております。

15日(水)13:30〜15:30
NPO運営基礎講座「社会保険労務士に聞く 労務手続き入門講座」
詳細はこちら→

18日(土)
シニア専門相談「子どもと遊ぶプロになろう!児童館ボランティアに興味・関心がある方の個別相談会」
詳細はこちら→

26日(日)10:30〜12:00
NPOの基礎―いろはの”い”を学ぶ講座「NPOいろは塾」
詳細はこちら→


2013年12月28日(Sat) 1/15申込〆切<高齢者・障害者・青少年分野における非営利セクターの方へ>NPOマネジメントフォーラム2014 参加者募集


一般財団法人青少年国際交流推進センターより、NPOマネジメントフォーラム参加者募集のお知らせをいただきましたので、みなさんにもお知らせいたします。
デンマーク・ニュージーランド・イギリスの非営利分野で活躍する青年とのディスカッションプログラム。通訳つきなので英語に自信がなくても安心です。
高齢者・障害者・青少年分野における、社団法人や財団法人・学校法人・医療法人・社会福祉法人などの公益団体、NPO法人・協同組合・社会貢献活動を行う営利を目的としない任意のボランティア団体に所属している方、行政の担当者を含め非営利団体と関連があるお仕事をされている方が対象とのことです。
以下、概要です。

============================
NPOマネジメントフォーラム
ボランティアの育成〜ボランティアの力を発揮するには〜


【事業の目的】
多様な個人が能力を発揮しつつ、自立してともに社会に参加し、支え合う「共生社会」を実現するためには、国際社会や地域社会に積極的に貢献する社会活動への広範な参加が必要不可欠です。
「NPOマネジメントフォーラム」(第12回NPO運営研究会議)は、高齢者・障害者・青少年の三つの分野の非営利セクターで活躍する日本と諸外国の青年が一堂に会して、各国の非営利セクターの事情や活動事例に基づく有益な情報を共有し、実践的な意見交換を通じてNPO運営に関する能力の向上を図り、それぞれの分野において社会活動を支え、その中心的な担い手となる青年リーダーを育成することを目的として実施します。
【ねらい】
今年度の「NPOマネジメントフォーラム」は、日本とデンマーク、ニュージーランド、英国の高齢者・障害者・青少年分野の専門家・活動実践者による合宿型のディスカッション・プログラムの中で、非営利セクターにおいて青年層がどのようにリーダーシップを取っていけるかについて議論します。
非営利セクターの活動の拡大・充実には、ボランティアの力が不可欠です。また、ボランティアの活動が、課題解決の大きな力となります。その力を最大限に引き出すために非営利団体が取り組むこととして、ボランティアの発掘・育成だけでなく、ボランティアのリーダーとなる人の育成や、ボランティア活動を幅広く支援するネットワーク・つながりを強化することで、ボランティア活動に継続的にかかわる人材の育成を目指します。

日程:2014年2月27日(木)〜3月2日(日)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
主催:内閣府、一般財団法人青少年国際交流推進センター

対象者:
・全日程に参加可能な方
・23歳から概ね40歳まで
・日本を活動基盤とする非営利団体(高齢者・障害者・青少年分野)で3年以上の活動歴のある方(職業・ボランティアの別を問いません)
・上記非営利団体と関連がある活動もしくは仕事をされている方
英語力は問いません(基本言語は日本語として、英語通訳がつきます)

参加費:無料(開催会場までの往復交通費は自己負担)
・期間中の食費・宿泊費・移動費は主催者負担
・ボランティア保険に加入します(保険料は主催者負担)

応募方法:以下の提出書類を、Eメールまたは郵送で提出してください。
(1)申込書
ウェブサイトからダウンロードできます。郵送ご希望の方は、問い合わせ先までご連絡ください。
(2)作文:ディスカッショントピックの志望動機(和文、1,000字程度)

応募〆切:2014年1月15日(水)午前10時必着
選考の上、結果を2014年1月22日(水)までに、ご本人へEメールまたはFAXにて通知します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.centerye.org/event/2013/npomf2014/index.html

応募書類提出先及び問合せ先:
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-35-14東京海苔開館6階
一般財団法人青少年国際交流推進センター
NPOマネジメントフォーラム担当
TEL:03-3249-0767 FAX:03-3639-2463
E-mail:core★iyeo.or.jp(★を@に変えて送信)
============================



2013年12月27日(Fri) 平成25年度宮城県NPO活動実態・意向調査

宮城県と仙台市では、東日本大震災による被災地・被災者の中長期的な復興支援にあたるNPOの組織基盤強化に必要な支援事業の在り方を検討するため、合同で調査を実施しています。

調査結果は、来年度以降の施策を充実させるための貴重な資料となりますので、御協力いただきますよう、お願いいたします。

○調査回答期限:平成26年1月10日(金曜日)
(※当初の回答期限 平成25年12月24日(火曜日)から延長しました。)


○問い合わせ先:特定非営利活動法人 杜の伝言板ゆるる
(電話 022−791−9323)

○調査の概要は、こちらのページをご参照ください。
 http://yururu.com/tyousa/


○調査票は、宮城県のHPよりダウンロードできます。
 http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyosha/h25npo-chousa.html


※調査票が郵送されている団体の皆さんは、同封の返信用封筒(切手不要)にて、返送してください。
※WEBでの回答もできます。以下の調査の概要からご回答ください。
 http://yururu.com/tyousa/
2013年12月27日(Fri) 2/1開催:震災復興とみどりのまちづくりについて考える〜百年の杜づくりフォーラム ふるさとの杜再生へ向けて〜


仙台市から、平成25年度百年の杜づくりフォーラムのお知らせです。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、ご来館の際はぜひご利用ください。
以下、概要です。

============================
平成25年度 百年の杜づくりフォーラム
ふるさとの杜 再生へ向けて


2011年3月11日の東日本大震災により、仙台市東部沿岸地域の海岸林、干潟、公園、居久根などのみどりは大きく失われ、地域の風景は一変してしまいました。みどりの復興については、単にこれまでのみどり環境を再生させるにとどまらず、防災的な機能を付加しながら、いかに震災の記憶を風化させることなく継承させていくのか、そして、いかにより多くの市民の方と、関わり合いを深く持ちながら進め、末永く継続させていくかが課題となります。
このフォーラムでは、「杜の都・仙台」のみどりや風景をいかに再生し、未来へ継承していくのか、それぞれの専門家からの意見を通し、震災復興とみどりのまちづくりについて考えます。

◆日時:2014年2月1日(土)13:00〜16:00

◆会場:せんだいメディアテーク7階 スタジオシアター

◆内容
・市政策概要説明
 東部沿岸地域におけるみどりの諸政策について
・活動事例報告
 仙台平野「みんなの居久根」プロジェクト〜南蒲生地区をモデルに〜
 榊原進(NPO法人都市デザインワークス代表理事)
・パネルディスカッション
 市民参加の「風景」再生に向けて
 <パネリスト>
 榊原進(NPO法人都市デザインワークス代表理事)
 廣瀬俊介(東北芸術工科大学大学院環境デザイン領域准教授)
 山崎亮(studio-L代表)
 <コーディネーター>
 本江正茂(東北大学大学院工学研究科准教授)

◆定員:120名(抽選) ※参加費無料

◆申込み
1.「百年の杜づくりフォーラム参加」 
2.住所 3.氏名(ふりがな) 4.電話番号
を記入の上、
官製はがき、ファックス、Eメールにて
下記のお問い合わせ先まで申し込みください。
申込期限:平成26年1月7日(火)必着

◆お問合せ
仙台市建設局百年の杜推進課
TEL:022-214-8389
詳細は仙台市ホームページをご覧ください。
http://www.city.sendai.jp/midori/1205222_2445.html
============================

2013年12月26日(Thu) 1/31申込〆切<環境教育や国際交流に関心のある方へ>若者のための環境教育×国際交流ミーティング


公益財団法人キープ協会(山梨県)より、若者向け宿泊ミーティングのご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際にご利用ください。
以下、概要です。
申し込みは団体ホームページで詳細を確認の上、お申し込みください。

============================
若者のための環境教育×国際交流ミーティング

30歳未満の大学生・専門学校生・留学生限定の、環境教育×国際交流ミーティングの参加者を募集。アメリカ大使館の助成により参加費は無料。
「環境教育」「国際交流」2つのキーワードを軸に、教育・社会貢献・ビジネス・交流など、さまざまな視点での時間を過ごします。
八ヶ岳の麓、心地よい森の中で、約30年にわたり「環境教育」「国際交流」にさまざまな実践を積み重ねてきたキープ協会が運営にあたります。

■主 催:公益財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール
■日 程:第1回 2014年3月2日(日)〜4日(火)<2泊3日>
    第2回 2014年3月7日(金)〜9日(日)<2泊3日>
   第3回 2014年3月17日(月)〜19日(水)<2泊3日>
■参加費 : 無料 (アメリカ大使館助成事業)
■場 所:山梨県清里高原(公益財団法人キープ協会)
■対 象:30歳未満の大学生・専門学校生・留学生
■定 員:各回15名
■選考基準
@被災地(岩手・宮城・福島)に在住もしくは出身の方を優先
(東北の若者を支援するアメリカ大使館の「TOMODACHI」プロジェクトとして、交通費も補助します。)
A作文(参加動機を400文字程度)
B日本語で講義等を実施するため、日本語の日常会話が出来る留学生
■締 切:1月31日(木)
■お問合せ先
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
TEL:0551-48-3795  FAX:0551-48-3228   
E-mail:forester★keep.or.jp(★を@に変換)
http://www.keep.or.jp/taiken/otona/kankyoukokusai.php
============================

2013年12月26日(Thu) 2014年1月〜3月開催<被災地に暮らす30〜40代女子の方へ>震災から今までの出来事や感情を整理して、ほっとする時間を過ごしませんか?〜こころると〜く&こころる和の会〜


おとな女子3040PROJECTさんより、イベントスケジュールのご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、ご利用くださいね。
以下、概要です。

============================
被災地に暮らす30〜40代女子のための
こころると〜く & こころる和の会


こころると〜く

日 時/2014年2月2日(日)10:00〜12:00
会 場/エル・ソーラ仙台(アエル28階)
定 員/女性15名 託児あり
参加費/500円 
申込締切1月29日(水)
おいしいお菓子とお茶を片手に、のんびりおしゃべりしましょう。
羊毛フェルト作家の天江由美さんをゲストに迎え、小物作りもおこないます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こころる和の会

日 時/2014年1月19日(日)13:00〜16:00
会 場/エル・パーク仙台 和室(141ビル5階/仙台三越定禅寺通り館)
定 員/女性12名 ※託児なし
参加費/500円
申込締切1月15日(水)
日本人の私たちが、ほっとする和の空間。
三味線方・杵屋松紀三さん(東京)をゲストに迎え、ゆっくりくつろぐ時間をお届けします。

日 時/2014年3月9日(日)13:00〜16:00
会 場/緑水庵
定 員/女性12名 ※託児なし
参加費/500円
申込締切3月5日(水)
1月に続き、三味線方・杵屋松紀三さん(東京)をゲストに迎え、風情ある茶室で開催します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひらめきイベントは、事前のお申し込みが必要です。
詳細をHPでご確認の上、E-mailにてお申込みください。

◆申込・問い合わせ◆
おとな女子3040PROJECT
HP→http://oj3040.exblog.jp
E-mail→oj3040project★excite.co.jp
(★を@に変えて送信してください)

サーチ(調べる)おとな女子3040PROJECT
メンバー全員が被災地在住の30〜40代女子。
東日本大震災を経験した同世代の女性たちが、震災から今までの出来事や気持ちを安心して話せる場を開催しています。
============================

2013年12月24日(Tue) 2/28〆切:出演者・作詞・音楽サポート募集〜音楽のチカラで、あらゆる個性が輝く! とっておきの音楽祭2014〜


毎年6月、仙台の街中で開催される「とっておきの音楽祭」。
障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しむストリート音楽祭として、2001年に仙台で始まり、現在では日本各地でも開催されるようになっています。

来年2014年は、6月1日(日)に開催されます。
現在、出演者・作詞・音楽サポートを募集中だそうです。
サポセン1F情報サロンに募集要項がありますので、ご来館の際にはぜひご利用ください。

============================
障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで心のバリアフリーを目指す音楽祭
とっておきの音楽祭2014
出演者・作詞・音楽サポート募集要項


◆出演者募集
・グループでも、家族でも、ひとりでも、どんなジャンルでも音楽祭の趣旨にご賛同の方を募集します。
・演奏場所は、定禅寺通り、勾当台公園、アーケード商店街、仙台駅前など主に屋外ステージになります。
・演奏時間は最大30分(申込状況により、演奏時間が25分になる場合もあります。なお、転換時間は前後5分です。)
ご自身の演奏(パフォーマンス)の映像(DVD)または、音源(CD)をステージ、フィナーレ出演などの参考にさせていただきますので、お送りください。(VHS、MD不可)
・ご送付頂いた、映像、音源はご返却いたしませんので、ご了承ください。
・パフォーマンス映像について。DVDカメラで撮影されたファイルは、ディスクに記録した後、Windowsメディアプレーヤー等で「再生」出来ることを確認し、ご送付ください。
・著作権に関して。参考音源、映像にオリジナル曲以外を録音し、申込をする場合は、著作権料(複製権)がかかる場合があります。詳細はJASRAC(日本音楽著作権協会)などにお問合せ下さい。
・参加者ミーティングは、4月27日(日)午後に、せんだいメディアテークで行ないます。
※参加費
・一人につき参加費1,500円となります。(ただし、未就学児は無料です)複数のグループに出演される方(最大2グループ)は1グループごとに1,500円となります。
・出演決定グループには、参加者ミーティングの案内と振込用紙を4月上旬にお送りいたします。必ず4月18日(金)までに、 郵便局よりお振込みください。入金確認後、申込完了と致します。
・入金後、キャンセルの場合、返金できません。ご了承ください。
※ピアノレンタル料(ピアノ希望者のみ)
・ピアノレンタル料の一部を負担して頂きます。ピアノの台数には限りがありますので、ご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。 
・1グループ(グランドピアノ 5,000円 アップライトピアノ 3,000円 電子ピアノ 1,000円)。ピアノレンタル料は、6月1日当日受付にてお支払いただきます。(参加費と一緒に振り込まないで下さい。)

◆作詞募集、音楽サポート募集
・詩で自分の思いを伝えたい方、障害があって演奏ができない方々の歌詞を募集しています。
・応募された詩の中から、参加グループが曲をつけて発表します。(5〜6曲予定)
・採用作品については、1作品につき参加費1,500円をお支払い頂きます。
※詳しくは、申込書をご覧ください。

◆募集期間
2013年12月中旬〜2014年2月28日(金)※当日消印有効

◆申込み方法
・郵送
申込書をダウンロードし必要事項をご記入の上、映像又は音源と一緒に郵送してください。
ダウンロードはこちらから→
・メールフォーム
※楽器配置図、映像又は音源をご郵送ください。
メールフォームはこちらから→

詳しくはこちらをご覧ください。
http://totteokino-ongakusai.jp/sanka.html

◆お申込み・お問合せ
とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI
〒980-0014 仙台市青葉区本町2-9-3-6F
TEL:022-265-0980 FAX:022-716-5717
Mail:info★totteokino-ongakusai.jp(★を@に変えて送信)
HP:http://totteokino-ongakusai.jp/index.html
============================

2013年12月23日(Mon) 1/15(水)開催!<有給スタッフ・有償ボランティアがいるNPOに特にオススメ>NPO運営基礎講座「社会保険労務士に聞く 労務手続き入門講座」


有給スタッフ・有償ボランティアを抱えるNPOの方に、特におすすめの講座です。
「今後有給スタッフを雇えるようになりたい」とお考えの団体さんもOKですよ。

近頃は、有給スタッフや有償ボランティアがいるNPOが増えています。
□NPOは、人件費の財源などいろいろと不安定…たらーっ(汗)
□労務経験のあるスタッフが団体内にいるとは限らない…バッド(下向き矢印)
□社会の課題解決のため、活動を続けて行きたいexclamation
この機会に労務の基礎と考え方を身につけて、スタッフやボランティアが、安心して長く活動できる環境を目指しましょう!

■日時 2014年1月15日(水)13:30〜15:30
■会場 仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール(6階)

■内容
 @NPOの労務環境の特性について
  ・NPO調査結果に基づく説明
 A労務の基礎実務
  ・雇用から退職までの労務管理について
  ・就業規則について
  ・必要な帳簿について
  ・相談機関について  など

☆講師:黒政健さん(社会保険労務士、くろまさ社会保険労務士事務所)
☆講師紹介
2010年 くろまさ社会保険労務士事務所開設
2011年 震災後石巻で助成金支給申請アドバイザーとして支援活動を行う
得意分野:就業規則作成や雇用関係の助成金申請の支援

■定員 10団体(申込先着順/複数名参加可)
■参加費 無料
■対象 有給スタッフ・有償ボランティアがいるNPO・市民活動団体
■申込方法
 申込書にご記入の上、サポートセンター1階受付、またはFAXにてお申込みください。
■申込書ダウンロード
 20140115労務講座チラシ兼申込書.pdf

■お問い合わせ
 仙台市市民活動サポートセンター TEL:022-212-3010 FAX:022-268-4042

■企画・実施:(特活)せんだい・みやぎNPOセンター
2013年12月20日(Fri) 1/29開催<みて・知って・つながる子育て支援>〜子育て支援活動の”今”が分かる!!活動見本市〜


のびすく泉中央より、イベントのお知らせをいただきました。
※子育てふれあいプラザ(のびすく)は、子育てを総合的に支援し、子育てが安心してできるまちの実現を図るため、仙台市が設置する施設です。詳しくは→

サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際にぜひご利用ください。
以下、概要です。

============================
子育て支援活動の”今”が分かるexclamation×2
子育て支援活動見本市


子育て支援活動を行っている方々の活動をご紹介する「子育て支援活動見本市」を開催いたします。実際に子育て支援活動のステージ発表や活動紹介のパネル展示をご覧いただき、イベントや講座の企画にご活用いただけたら幸いです。

日時:2014年1月29日(水)13:30〜16:00(開場13:00)
会場:仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央4F
申込不要です。直接会場にお越しください。

ステージ発表(13:30〜15:00)
昨年度は、楽器の演奏やタッピングタッチなど、バラエティに富んだ団体の発表がありました。今年度も様々な分野で活躍している子育て支援活動団体が発表する予定です。

パネル展示・チラシ設置(13:30〜16:00)
仙台市で活動している子育て支援団体のパネルやチラシを設置します。実際に活動している支援者と交流することで、新しいアイディアや企画が生まれるかもしれません。出入り自由なので、お気軽にご参加ください。

交流会(15:00〜16:00)
ステージ発表の後は、出演者や子育て支援活動団体と出演交渉や名刺交換などつながる時間ですイベントの出演交渉やお互いの活動のコラボ企画が生まれています。観覧者の方もぜひご参加ください。

お問合せ
仙台市子育てふれあいプラザのびすく泉中央
火〜日10:00〜17:00 祝日の翌日を除く
〒981-3133 仙台市泉区泉中央1-8-6
TEL:022-772-7340 FAX:022-375-0671
============================


2013年12月19日(Thu) 1/19開催<環境学習や防災・減災教育などに関心のある方へ>第2回ニッセイ緑の財団復興支援シンポジウム「広がれ、つながれ学校の森」


(公財)ニッセイ緑の財団より、シンポジウムのご案内をいただきました。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際にご利用ください。
以下、概要です。

============================
第2回ニッセイ緑の財団復興支援シンポジウム
広がれ、つながれ学校の森


震災という自然の脅威は、生きる為に自然を学ぶことの大切さを教えてくれました。
環境学習や防災・減災教育の場、地域と学校が繋がる場、様々な学外支援者と協同する場としての「学校の森」がもっと広がることを望んでいます。
1 かつての学校林を環境学習の場に再生!
2 木の名前を知らなくても樹名板があればOK!
3 地域やPTAのサポートで安全管理もOK!
4 総合学習/理科/図工/生活科/国語…どんな教科でも森は生徒の自由な発想を引き出す!
5 学校に森がなくても「学校の森」はOK??
学校、地域、PTA、森の達人が協力して実現させる“子ども達が元気一杯遊んで学べる「森の学校」”子ども達の元気いっぱいの発表を聞いてください!
ひらめき先生のお困り事解決!学校の森達人相談コーナーも!

◆開催日時
平成26年1月19日(日)12:00〜16:30

◆会場
せんだいメディアテーク1階オープンスクエア

◆プログラム
12:00 木と遊ぼう 木工体験等 開始
13:00 主催者挨拶
13:15 生徒による「学校の森」取組み発表
15:00 「学校の森」子どもサミット
15:30 子ども達の木工体験(お土産づくり)
    並行して先生他参加者での交流会
16:30 閉会 

◆発表校
岡山県 :西粟倉村立西粟倉小学校
東京都 :多摩市立豊ヶ丘小学校
宮城県 :仙台市立泉松陵小学校・仙台市立愛子小学校
     仙台市立南材木町小学校・仙台市立川前小学校
     仙台市立三条中学校・柴田町立柴田小学校
     柴田町立西住小学校・角田市立藤尾小学校
     松島町立松島第五小学校・涌谷町立小里小学校
     石巻市立北上小学校(北上プレーパーク有志の会)

◆参加申込方法 
≪メールの場合≫
氏名(ふりがな)・住所・電話番号・所属先を記載の上、下記アドレスへ送信下さい。
≪FAXの場合≫
下記登載の募集案内の申込書に必要事項を記載の上、財団事務局宛にFAX下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nissay-midori.jp/news/index.php?newsid=20131209-163154

◆主催・お問合せ
公益財団法人ニッセイ緑の財団(担当:入口)
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-21-17虎ノ門NNビル8F
メール:info★nissay-midori.jp(★を@に変換)
TEL:03-3501-9203
FAX:03-3501-5713
============================


| 次へ