CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年07月 | Main | 2013年09月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2013年08月31日(Sat) 9/3開催<被災地の復興支援活動・過疎地域等の地域おこし活動に関わっている方・関心のある方へ>平成25年復興応援隊・地域支援員活動中間報告会


被災地の地域づくりを支援するため、頑張っている人たちがいることをご存じですか?
「復興応援隊」「地域支援員」と呼ばれる彼らは、被災地域の復興のため、地域に密着してイベントサポート、コミュニティ形成支援や情報発信など、実にさまざまな活動をしています。
みやぎ復興応援隊ウェブサイト

9月3日(火)に、中間報告会が開催されるそうです。
県内各地区で活躍している復興応援隊・地域支援員の活動について知ることのできる、貴重な機会だと思いますので、参加されてみてはいかがでしょうか。
以下、概要です。

============================
平成25年復興応援隊・地域支援員活動中間報告会

◆日時
2013年9月3日(火)13:00〜16:45
◆会場
東京エレクトロンホール宮城 601会議室
◆参加費
無料
◆プログラム
13:00 活動報告:復興応援隊・地域支援員各地区からの活動報告
15:15 基調講演:「人による地域支援の可能性と課題」
    講師:田口 太郎氏(徳島大学総合科学部 准教授)

当日の模様を、Ustreamで配信します。
会場に来られない方、ぜひご覧ください。
http://www.ustream.tv/channel/応援隊研修

詳細はこちらをご覧ください。
http://miyagifukkououentai.jp/
============================



2013年08月31日(Sat) 公開プレゼンテーション!仙台市市民協働事業提案制度 平成26年事業

本日8月31日、仙台市市民活動サポートセンターにて、平成26年度仙台市市民協働事業提案制度公開プレゼンテーションが行われました!
blog2.jpg

さて、「市民協働事業提案制度」とは?
地域の身近な課題について、市民のみなさんの提案をもとに、仙台市との協働で解決していく制度です。団体の専門性やネットワークを生かし、新しい発想と手法で解決し、地域のニーズにこたえることにつなげます。
blog1.jpg
▲参加団体のみなさん

今年度は、仙台市と協働し、地域の身近な課題を解決すべく下記3団体が事業提案を行いました。
満月株式会社 ソノベ
仙台市民と外国人で考える多文化共生推進のまちづくり ― 市民ライターによる仙台魅力発見ガイド制作事業 ―
満月NPO福祉ねっと宮城
ふれあい・支えあいのまちづくり推進事業
満月特定非営利活動法人防災士会みやぎ
地域の中の「我が家の防災マニュアル」作成実践教室

このプレゼンテーションは、仙台市市民協働事業提案制度検討会による審査を受けます。どの団体も日々の活動や調査から地域の課題を浮き彫りにし、その解決に向けた事業提案がされました。検討委員会のみなさんとの質疑応答の時間では、実現性・計画性、事業効果についてや、そして何より「市と協働する意味」について深く話されました。お互いの役割分担と、協働だからこそ生まれる効果がどの団体の提案に対しても確認されていました。
予定では、9月中旬に採択候補事業が決定し、26年4月から協働事業が実施されます。
blog3.jpg
▲仙台市市民協働事業提案制度検討委員会のみなさん
「協働とは?」「仙台市市民協働事業提案制度」の詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

位置情報サポセンニューズレター「ぱれっと」では、協働によるまちづくりの事例をレポートしています。ぜひご覧ください→
2013年08月31日(Sat) サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜宮城野区編〜

こんにちは、スタッフのかさいです。
サポセンスタッフが行く!最後に登場となりました、チーム宮城野。
宮城野区在住スタッフ、平野、松村、葛西の3人が、いつも通い馴れているJR仙石線沿線の施設へGO。

訪問した施設は
宮城野区文化センター
宮城野区中央市民センター
宮城野区情報センター
宮城野図書館
原町児童館(のびすく宮城野
榴岡市民センター

まずは、宮城野区文化センターへ。
JR陸前原ノ町駅から徒歩1、2分という立地条件バツグンのところに昨年2012年に開館した施設です。

ここは複合施設で、10月1日に開館した宮城野区文化センターには、音楽用ホール「パトナホール」と演劇向けホール「パトナシアター」を備えています。

宮城野区文化センターは、区民に待ち望まれ出来た施設。
その過程では、市民の意見を取り入れながら開設に至ったと聞いています。
これからますます、宮城野区の地域の文化をつなぐ役割とその活用が期待されます。


DSCN1045_宮城野区文化センター窓.jpg

▲3階まで吹きぬけ、ガラス越しに望む宮城野の風景


併設の宮城野区中央市民センターは、ひと足早い8月開館でしたので、訪問した日がちょうど一年目でした。

DSCN1030_情報コーナー.jpg

▲中央市民センターで開催されるイベントや事業案内
文化センターで開催する、文化・芸術関係のチラシも豊富です。
エレベータ脇には社会福祉協議会中核支えあいセンターの情報ラックも設置されています。
震災関係の情報はココからどうぞ。「サポセンかわら版」も置いてあります。

DSCN1047_情報センター.jpg

▲宮城野区情報センターでは、仙台市の刊行物や行政資料閲覧できます。
宮城野区地元学の冊子も販売していました。

DSCN1032_宮城野区図書館.jpg

▲本・雑誌は7冊まで、ビデオ・CD等の視聴覚資料は2点まで借りられる宮城野区図書館は、地下1階です

DSCN1071_のびすく.jpg

▲原町児童館は、0〜18歳未満の子どもとそれに関わる大人のための児童福祉施設
のびすく宮城野は、0歳児〜就学前までの子育て支援施設で、原町児童館の中にあります。
NPO法人MIYAGI子どもネットワークが指定管理者となっています。


最後に伺った榴ヶ岡市民センターは、榴ヶ岡公園に隣接しています。以前は榴ヶ岡公園軽体育館という名称でした。
運動系・文化系サークルの活動の場として利用されています。
NPOや市民活動団体も活用しているようでした。


さて、仙台市内に情報収集に出かけたスタッフの各区からのレポートいかがでしたか。
これからも、サポセンでは地域の関係機関・施設と連携しながら、復興後の仙台のまちづくりを市民の皆さんといっしょに行っていきたいと思っています。


帰り際、残りの夏を惜しむ蝉の声が聞こえる中
宮城野の“スズムシ”が涼やかに鳴いていました。
もうそろそろ、秋ですね。

かわいい
2013年08月30日(Fri) サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜青葉区編〜 

こんにちは。サポセンスタッフの嶋村です。

8月28日(水)の休館日を利用したサポセンスタッフの地域情報収集。青葉区チーム(橋本・難波・嶋村)は、
青葉区ボランティアセンター
せんだいメディアテーク
戦災復興記念館
エル・ソーラ仙台
公益財団法人仙台市産業振興事業団
を、訪問しました。配架されているチラシなどの情報を通じて、それぞれの施設の特色を感じることができました。突然の見学だったにも関わらず、快く受け入れていただき、ありがとうございました。

@青葉区ボランティアセンター
青葉区ボランティアセンターは、青葉区二日町「仙台市青葉区社会福祉協議会」内にあります。ボランティアをしたい人・必要な人をつなぐための情報提供や相談、講習会などを行っています。

IMG_20130828_105917.jpg
入ってすぐ目につくのは、「支えあい情報広場」のラック。借り上げ民間賃貸住宅にお住まいの方へ向けたイベントや支援のお知らせがそろっています。サポセンかわら版も置いていただいています。
また、地域のボランティア情報やボランティア受け入れ団体のご案内、社会福祉協議会からのお知らせなど、地域福祉の情報が閲覧できます。


Aせんだいメディアテーク
 美術や映像文化の活動拠点であると同時に、すべての人々がさまざまなメディアを通じて自由に情報のやりとりを行い、使いこなせるようにお手伝いをしています。今回は、チラシが配架されている2階と3階を中心に見学させていただきました。

IMG_20130828_113121.jpg
3階の仙台市民図書館には、震災特集コーナーが設置されています。書籍だけでなく、東日本大震災後に発行された新聞、復興支援団体の広報誌のストックなど、圧倒的な情報量でした!

IMG_20130828_113418.jpg
 サポセンユーザーにはなじみのある「骨プロ」。メディアテークの骨プロラックは、2階にあります。サポセンと比べて在庫がかなり少なくなっています!多くの方手に取っていただけているようで、うれしいです。同じ2階には文化・芸術関連のチラシがずらり。


B戦災復興記念館
 仙台市戦災復興記念館では、悲劇を繰り返さないよう仙台空襲と復興事業の記録を保存しています。また、文化・自主活動の場として利用できる記念ホール、会議室があります。
 1階ロビーでは「市電がめぐったせんだいのまち〜なつかしの仙台市電〜」が開催されていました。9月15日までなので、昔の仙台を知っている方、気になる方は足を運んでみてくださいね。

 IMG_20130828_120746.jpg
チラシラックは、そんなロビーの隣に設置されています。
まず目に入ったのが市民センターだよりの数の多さ!市内の全市民センターだよりが配架されています。記念ホールや他の劇場等で行われるチラシが多い中、今年から加わった骨プロラックは異彩を放っていました。

 
Cエル・ソーラ仙台
アエル28・29階にあるエル・ソーラ仙台は、公益財団法人せんだい男女共同参画財団さんが運営しています。28階は研修室や市民交流・図書資料スペース、29階は相談窓口になっています。今回は、28階を見学させていただきました。
 訪問時、老若男女のみなさんが交流スペースで活動されていて、活気に満ちていました。

IMG_20130828_135145.jpg
入口のカウンターには、エル・ソーラからのお知らせや一押し情報が見やすくレイアウトされています。
壁面には各種新聞の切り抜き、蔵書豊富な図書コーナーなど、男女共同参画に関する情報が網羅されていました。

チラシの配架にも工夫がほどこされていて、発想に脱帽!帰り際、さっそくサポセンでも取り入れようとスタッフで話しました。

D公益財団法人仙台市産業振興事業団
 アエルの7階にある仙台市産業振興事業団は、市内中小企業や創業を希望する方への相談・支援機関です。これまでサポセンでは、企業の方と接する機会が少なく、今後どのように関われるか、お話を伺ってきました。貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。


サポセンにお立ち寄りの際、少し足を伸ばして他の施設を覗いてみると、思いがけない情報に出会えるかもしれませんね。
2013年08月30日(Fri) サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜泉区編〜

こんにちは。サポセンスタッフの田口です。
8月28日(水)の休館日を利用しサポセンスタッフが、各区の公共施設を回り地域情報の収集をしてきました。

泉区チーム(田口・小林・松田)が訪問したのは、泉区中央市民センターとのびすく泉中央です。
泉中央市民センターは、地下鉄南北線の泉中央駅から徒歩12分、もともと町役場があった場所だそうで、2階建てで内装は落ち着いた木調のモダンな雰囲気です。

画像 013.jpg

センター奥のホールでは、明るい声がこだまするママさんバレーの真っ最中、その隣にある「泉・ふるさと生活ギャラリー」には、泉・仙台の土地で昔から使われていた生活用品や古民家のミニチュアなどの展示がされており、地域に密着したセンターであることを実感。

画像 016.jpg

急な訪問にもかかわらず対応頂いたセンター職員の小野さんからは、これからも(サポセンと)情報を交換・共有しながら市民のみなさまへよりよいサービスを提供していきたいとお話を頂きました。

のびすく泉中央は、駅から徒歩数分の「図書館」が入るビルの3階と4階です。
こちらも急な訪問にも関わらず、館長の出雲さんに施設をご案内いただきました。
まず特徴的なのは、4階にある「4プラ」というスペース。

画像 034.jpg

ここは、中学生と高校生が安心して自由に集い交流できるスペース。「ダンス」「イラスト」「バンド(音楽)」「演劇」の4つが大きな柱となり、子供たちがそれぞれの発想で趣味や興味を伸ばし、交流し、発信する場所にもなっているようでした、
のびすく泉中央は、骨プロの協力施設でもあり、施設内にチラシラックが多数置かれていました。
画像 031.jpg

画像 030.jpg

画像 041.jpg


「骨プロ担当のスタッフが、すべてのチラシを確認して、対象者の目にとまりやすい場所に配架しています」と、丁寧な対応をいただいていました。

地域の施設には、地域ならではの特徴と情報がたくさんあります。「名前は知っているけど」「場所はわかる」でも、行ったことがないという人は多いかもしれません。泉区の施設は、どれも近所に大きな商業施設が隣接しています。買い物やドライブの途中に「ちょっとだけ寄り道」して、「地域」にふれてみてはいかがですか?
2013年08月29日(Thu) サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜太白区編〜

こんにちは。サポセンスタッフの太田です。
8月28日(水)の休館日を利用しサポセンスタッフが分担し、各区の公共施設を回り地域情報の収集をしてきました。

太白区チーム(太田・佐藤)が訪問したのは、たいはっくる、長町駅前プラザ、子育てふれあいプラザ「のびすく長町南」、太白区社会福祉協議会、南部発達相談支援センター(南部アーチル)です。

「たいはっくる」は、公共施設・住宅施設・商業施設からなる複合施設で、公共施設は、太白区文化センター、太白区中央市民センター、太白図書館、太白区中央児童館、太白区情報センターが入っています。
施設の入口には、市民センターの情報や被災者支援情報のラックが並び、多数の情報を得ることができます。(サポセン発行の「ぱれっと」や「サポセンかわら版」もありました!)
4831.jpg
4833.jpg

児童館棟の屋上には児童館園庭があり、絶景の中、遊具や一輪車で遊ぶことができます。(要受付、小学生以下は大人の付き添いが必要です)
4835.jpg

長町駅前プラザは、地元密着の情報発信、交流拠点で、私たちが訪問したときも、地元の方々が歓談していました。長町の商店街ガイドもありましたよ。

のびすく長町南は、地下鉄「長町南駅」直結の商業施設5階にある子育て支援施設で、たくさんの親子でにぎわっていました。

太白区社会福祉協議会も長町南駅からすぐのところにあり、ボランティア情報や、地区社協の通信などが充実していました。

太白区社会福祉協議会と同じ建物の中にある南部アーチルには、障害児や発達障害に関連した情報がたくさんそろっていました。

今回、太白区の各施設をめぐって感じたのは、地域情報の豊富さです。
サポセンには全市的な情報が集まってきていますが、地域の情報はやはり地域の核となる施設に集まっています。
皆さんも、ご近所の公共施設をちょっとのぞいてみませんか?
2013年08月29日(Thu) サポセンスタッフが行く!地域情報収集〜若林区編〜


こんにちは。スタッフの菅野です。
8月28日(水)の休館日、地域情報収集に行ってきましたexclamation

サポセンの中にいたままではキャッチできない、地域の生の情報。
どんな地域なのか、どんな施設があってどんなスタッフさんがいらっしゃるのか、どんな方々がどのように利用されているのか。実際に伺って、目で耳で肌で感じなければ掴めない情報があるはずです。
また、より良いサービス提供のため、他施設・機関との連携が必要になることもあります。普段から顔の見える関係を構築していくことが大事だと考えました。
しかし、スタッフ全員がサポセンを飛び出して地域へ足を向ける機会を設けることは、なかなか難しいものがあります。
そこで、休館日を活用して出かけることにしたのですくつ
スタッフ3名でチームを組み、それぞれ市内各区(青葉区・泉区・太白区・宮城野区・若林区)を担当しました。

若林区チームは菅野・西川・鈴木の3名。
若林区は仙台市の南東部にあり、仙台湾に面しているため、東日本大震災では海沿いの荒浜地区を中心に津波被害を受けました。今回伺った施設は津波被害のない地域にありましたが、震災抜きには語れないエピソードもお聞きしました。
お伺いしたのは、以下の施設です。
若林区文化センター
若林区中央市民センター
若林区社会福祉協議会
支えあいセンターわかばやし
TRUNK
せんだい演劇工房10-BOX
若林区文化センター、若林区中央市民センター、若林区社会福祉協議会、支えあいセンターわかばやしは、若林区役所近隣に、TRUNKと10-BOXは若林区卸町にあります。


かわいい若林区文化センター・若林区中央市民センター
「地盤が良かったのか、幸い震災でも大きな被害はなかったんですよ」という若林区文化センター。指定避難所ではないのですが、ホールに避難者を受け入れたそうです。
複合施設で情報センターが併設されているため、チラシや市政関連資料が充実しています。
DSC02642.JPG
▲若林区文化センター外観。
 若林区中央市民センター・若林図書館・若林区情報センターとの複合施設です。

DSC02654.JPG
▲区役所脇にあるお堀。
 若林区在住のスタッフによると、3.11の津波は、このお堀にも流れ込んだそうです。

かわいい若林区社会福祉協議会・支えあいセンターわかばやし
地域福祉を支える社会福祉協議会。震災後に設置された「支えあいセンターわかばやし」では、サロンや見守り活動などを通して被災された方のサポートを行っています。
DSC02657.JPG
▲こちらの建物が、若林区中央市民センター別棟。
 若林区中央児童館・若林区社会福祉協議会・若林区ボランティアセンター・支えあいセンターわかばやしが入っています。


足卸町へ移動足
仙台駅から東へ約4km。格子状に道路が走り、倉庫や事務所が整然と連なっている卸町はその名のとおり、卸売業に特化したエリアです。

かわいいTRUNK
TRUNKは、卸町会館5Fにあるクリエイターのためのシェアオフィスです。クリエイターはもちろん、アーティスト、エンジニア、研究者などが、それぞれの知識や技術を持ち寄りながら、よりよい地域社会の実現を目指すプロジェクトが生まれるよう、場の提供をしつつインキュベーション機能や会員相互のコラボレーションを可能にするような支援をされています。
DSC02668.JPG
▲TRUNKにて、スタッフの方よりご説明をいただくサポセンスタッフ。
 「あのお店のパッケージは、こちらのデザイナーさんが手がけたんですよ」
 「見たことある〜!でもそれは知らなかった〜!」

かわいいせんだい演劇工房10-BOX
演劇活動に必要なものがすべて揃っている、仙台の演劇芸術の発信と交流の場です。近隣にある能楽をはじめとする各種文化芸術の創造・交流・発表の場「能-BOX」の管理運営も行っています。
DSC02672.JPG
▲10-BOX外観。
 上から見ると建物が「10」の字になっていることと、
 大きさや用途さまざまな10の部屋があることが名前の由来です。


急な訪問にも関わらず、各施設のスタッフの方々にはとても親切・丁寧に対応していただきました。ありがとうございましたexclamation



2013年08月27日(Tue) 8月28日(水)休館日‐電話不通のお知らせ‐

8月28日(水)の休館日は、全館停電となるため、サポートセンターの電話が不通(通話中)となります。
通常の休館日には、サポートセンターへお電話いただきますと、休館日である旨のメッセージが流れますが、8月28日(水)はメッセージにも切り替わりません。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2013年08月27日(Tue) 8/31開催:仙台市市民協働事業提案制度 平成26年度事業の公開プレゼンテーションを開催します


仙台市からのお知らせです。
以下、概要です。

============================
仙台市市民協働事業提案制度
平成26年度事業の公開プレゼンテーションを開催します


平成26年度に実施予定の協働事業として、3団体からご提案いただいた事業について、下記のとおり、公開プレゼンテーションを開催いたします。
公開プレゼンテーションでは、提案団体の皆さんから事業についてプレゼンテーションをしていただき、講評を行います。
公開プレゼンテーションはどなたでもご来場いただけます。事前の予約は必要ありません。ぜひご来場ください。

◆日時
 平成25年8月31日(土)13:00〜15:00(開場12:30)
◆会場
 仙台市市民活動サポートセンター
 地下1階 市民活動シアター
◆内容
 13:00 開会
 13:10 プレゼンテーションと質疑、講評       
 15:00 閉会
◆提案事業一覧
新月仙台市民と外国人で考える多文化共生推進のまちづくり
 ―市民ライターによる仙台魅力発見ガイド制作事業―
 (株式会社 ソノベ)
新月 ふれあい・支えあいのまちづくり推進事業
 (NPO福祉ねっと宮城)
新月地域の中の「我が家の防災マニュアル」作成実践教室
 (特定非営利活動法人 防災士会みやぎ )

詳細は仙台市HPをご覧ください。
http://www.city.sendai.jp/manabu/shimin/kyodo/1209161_2613.html

サーチ(調べる)協働事業とは?
協働事業は、団体と市が互いに協力して、地域社会の課題を新しい発想と手法で解決し、地域のニーズにこたえることにつなげるものです。
実施にあたっては、団体と市が課題を共有したうえで事業実施目的を確認し、各自の役割分担を明確にしたうえで、地域社会の課題解決につなげていきます。
※「市民協働提案制度平成26年度事業募集」については、こちらをご参照ください。

◆問合せ先
仙台市市民局市民協働推進課 協働推進係
仙台市青葉区二日町1-23 アーバンネット勾当台ビル2階
TEL : 022-214-8002 FAX : 022-211-5986
メールアドレス : sim004100★city.sendai.jp
(★を@に変えて送信してください)
============================


2013年08月27日(Tue) 9/6開催:”今”の被災地の課題を、現場の声から明らかにする〜NPO法人POSSE主催シンポジウム〜


震災直後から被災地支援に取り組んでいる仙台POSSEさんより、シンポジウムのご案内をいただきましたので、皆さまにもお知らせいたします。
サポセン1F情報サロンにチラシがありますので、お立ち寄りの際はぜひご利用くださいね。
以下、概要です。

============================
震災から2年半たったいま、
被災地が抱える課題とは?

〜現地の識者×支援者×被災者で語る被災地の実情と課題〜


今回のシンポジウムでは、被災地の現場に接する様々な立場から、被災地の生の声を届けます。前半に、現場の支援者(POSSEスタッフ)が、被災者の状況と各支援の取り組みを報告します。後半には、当法人と協働で被災者の調査事業に取り組んでいる、東北学院大学の佐藤滋准教授から、「被災地の課題とこれからの支援について」というテーマでご講演いただきます。講演では、調査から見えてきた被災者の現状についてもご報告します。
震災から2年半たったいま、見えづらくなってきた被災地の課題を、現地の識者、現場の支援者、そして被災者という様々な立場からの声で明らかにします。

◆日時
 2013年9月6日(金)18:30〜20:40(開場18:00)
◆会場
 仙台市市民活動サポートセンター
 6F セミナーホール
◆予約:不要
◆参加費:無料
◆タイムテーブル
18:00 開場        
18:30 開会の挨拶&スライドで見る被災地(10分)
18:40 POSSE各事業報告(45分)
19:25 休憩(15分)
19:40 佐藤滋准教授のご講演「被災地の課題とこれからの支援について」(30分)
20:10 トークセッション・質疑応答(30分)
20:40 閉会の挨拶

◆主催:NPO法人POSSE
大学生、若手社会人を中心に若者の労働・貧困問題に取り組むNPOです。2006年に設立し、現在は東京・京都・仙台の3か所に事務所を構えています。仙台POSSEでは、震災後から被災地支援を行っており、現在は無料仮設送迎バスの運行、就労支援、就学支援に取り組んでいます。
<仙台支部連絡先>
仙台市青葉区本町一丁目14-20 本町キクタビル6F
TEL:022-266-7630
E-mail:sendai★npoposse.jp
(★を@に変えて送信してください)
仙台POSSEブログ→http://blog.goo.ne.jp/sendai-posse
============================




| 次へ