CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年10月 | Main | 2011年12月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2011年11月29日(Tue) 東北子どもまちづくりサミット@セーブ・ザ・チルドレン

こんにちは。かさいです。


街中では、イチョウやけやきの葉っぱが落ち葉となって舞っています。

11月20日(日)に行なわれた、子ども支援の国際NGO セーブ・ザ・チルドレン主催
「東北子どもまちづくりサミット」の会場となった国際センターー付近も、
秋模様にきれいに色づいていました。

このサミットは、セーブ・ザ・チルドレンが行なった,
1万人の子どもたちへのアンケートの結果から「自分たちの住む地域の、
まちづくりに参加したい」という子どもたちの声を受けて、
宮城県石巻市・岩手県陸前高田市・岩手県山田町で行なっている
「子どもまちづくりクラブ」の半年にわたる活動の成果を発表するものでした。


「子どもまちづくクラブ」は、それぞれの自治体が策定する復興計画に
子どもたちの意見も反映させようと発足。
小学生〜高校生の子どもたちが週1回集まって、話し合いや
専門家の話しを聞いたり見学会を行なうなどの活動を行なってきました。



その発表内容を、少しご紹介します。

■陸前高田市
クラブ名:絆Save the hope TAKATA
コンセプト:生きるだけの町ではなく豊かに暮らせる町

◎夢まちプラン
まちのシンボルとして陸前高田を照らしみんなが集える「あかりの木」、
高田で有名な「気仙杉」を使ってだれでものんびりできる「子どもの森」が
あるといいなあ。

◎子どもたちからの提言
岩手はみんなのふるさとであり続けて欲しい。今まで以上に産業を盛んにし、
環境にやさしいまちづくりだけでなく、自然と共存したまちにしたい。





■山田町
クラブ名:けっぱれ 山田  Toekomst(KYT)
コンセプト:夢があふれる町〜未来・伝統〜

◎夢まちプラン
津波で流されてしまった施設「花まりん」は、山田町民の思い出の場所。
「花まりん」を再建し、さらに山田町の姉妹都市があるオランダとの交流を
PRするため、風力発電できる風車をを作りたい。
ちなみに、“Toekomst”とは、オランダ語で“未来”の意味。

◎子どもたちからの提言
駅ビルをつくって、山田の特産品や伝統の祭りを紹介し、
にぎやかな活気のあるみんなが集える場所にしたい。




■石巻市
クラブ名:THE ローリング・ストーンズ
     〜俺等はそれをROCKと呼ぶんだぜ〜
コンセプト:大人も子どもも過ごしやすい、
      古いものも新しいものも一緒に Rock'n Rollのまち

◎夢まちプラン
「次世代の畑」は、石巻の人がみんなが使うことのできる畑。
誰でも野菜を直売できて、料理もできる。
農業の楽しさと大切さを知って^次世代に受け継いでもらう場所にしたい。

◎子どもたちからの提言
避難ビルや工場が津波をかぶると産業がとまり,
避難ビルの意味がなくなるので、前もって被害にあった時の
準備をしたり、政策を整えておいたほうがいい。





これらはほんの一部です。
この日子どもたちが発表した、ふるさとの復興に向けてつくった
「夢まちプラン」と提言は、ふるさとの未来を真剣に考えたもので、
多くの可能性が秘められていました。

子どもたちの想いを受けて私たち大人は、これからも子どもたちの声に耳を傾け、
子どもたちが未来を描ける町づくりをしていかなくてはならないと感じました。


このあと、各地域の方に発表する報告会も予定しているようです。
これまでの活動の様子とあわせて、
セーブ・ザ・チルドレンのHPをご覧ください。
 ↓↓
http://www.savechildren.or.jp/jpnem/jpn/index.html
2011年11月29日(Tue) 第2回せんだい市民カフェが開催されました!

こんにちは。かさいです。

「光のページェント」の試験点灯も行なわれたようですね。
今年のスローガンは「光の和、想いをひとつに!」だそうですよ。


さて、11月23日(水・祝)せんだいメディアテークを会場に、
「せんだい市民カフェ」(主催/仙台市)が開催されました。

今回2回目となる「市民カフェ」のテーマは、
「復興まちづくり 考えよう わたしたちのアクション」。
市民ひとり一人が、復興のまちづくりに向けて考えてみようというものです。


まず、ゲストトークとして、新潟県中越地震の時からボランティア活動に携わり、
現在中越防災安全推進機構・復興デザインセンター長を務める稲垣文彦さんより、

「これからめざす復興とは、経済の成長という物差しで計るだけでなく、
地域にとっての豊かさを探し求めていくものではないでしょうか」そして、
「中越での取り組みの中に何かヒントがあるかもしれないので、
一緒に考えていきましょう」と、仙台へのメッセージをいただきました。







続けて、実際に活動をされている4人の方々から、取り組み事例が紹介されました

■地域の「つながり」を考える〜
ほっとひと息できるいこいの場として、仮設住宅などを中心に「パラソル喫茶」の
活動をしている、NPO法人市民福祉団体全国協議会の藤田佐和子さん

■子どもを地域で育む〜
被災した子どもたちへの学習支援活動を通して、震災を機に表面化してきた
子どもを取り巻く問題の解決に取り組んでいるNPO法人アスイクの大橋雄介さん

■地域資源を活かした賑わいを創る〜       
子どもたちや地域の人たちとのつながりを大切に「産直広場ぐるぐる」を展開している
NPO法人冒険あそび場−せんだい・みやぎネットワークの米倉正子さん

■体験を記録する・記憶を伝える
震災の体験やまちの記憶を後世に残し、震災の風化を防ごうと、震災の画像を
アーカイブする活動をしている、NPO法人20世紀アーカイブ仙台の佐藤正美さん
        






そして、参加者が8つのグループに分かれてのワークショップでは、
各グループごとテーマにそって活発な意見交換が行なわれました。
参加者したみなさんは、話し合いからそれぞれが“アクション”を
おこすヒントを掴み、また同時に勇気と元気をももらっていたようでした。


2011年11月29日(Tue) サポセンかわら版vol.18訂正版をUPしました

「震災復興支援活動情報 サポセンかわら版」では、
東日本大震災で被災された方のサポート、お悩みやお困りごとのご相談、
心のケアなどの活動を行う市民活動団体・NPO、
企業の社会貢献による支援活動などの情報をお届けしています。

10月25日に発行したvol.18は、「NPO・市民活動団体の電話相談」を中心に
ご紹介しています。
このvol.18の4ページ目に掲載されている
「ふるさと復興支援・グループ釜南44」さんの
問い合わせ電話番号に間違いがありました。
「ふるさと復興支援・グループ釜南44」さん、
かわら版をお手にとられたみなさん、
たいへん申し訳ございませんでした。
訂正版はこちらです。↓


かわら版は、サポセン館内・市内公共施設で配布しています。ぜひご活用ください。
バックナンバーのPDF版のダウンロードも可能ですので、こちらからどうぞ。
2011年11月28日(Mon) 出前相談@市民図書館

サポセンのなんばです。

11月26日(土)に、シニア活動支援センターの小林と、市民図書館で出前相談を行いました。
ご相談は4件で、セカンドライフに関すること、ボランティアを始めたい等の内容でした。



↑7月に来日されたALTの先生です。ボランティア相談にいらっしゃいました。
何とか聞き取りはできるものの、私のカタコトすぎる英語と小林のジェスチャーで伝わったかどうか不安が残ります。

サポセンとシニアセンターでは、常時こうしたご相談も受け付けています。お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

出前相談は、2か月に1度、市民図書館の一画をお借りして行っています。
次回は2012年1月24日(土)の14:00〜17:00におじゃまします。



2011年11月21日(Mon) 仮設住宅における被災者支援 男女共同参画フォーラム

こんにちは、サポセンの菊地です。

男女共同参画フォーラムで「北京JAC仙台」が企画した「仮設住宅における被災者支援」に参加しました。

 講師はNPO法人ワンファミリー仙台理事長の立岡学さん。立岡さんは仙台市と協働し、あすと長町や宮城野区扇町の仮設住宅、青葉区公営住宅などで見守り事業を行う「一般社団法人パーソナルサポートセンター」の常務理事でもあります。
 


 立岡さんは、NPO法人ワンファミリーの事業を通じて生活困窮者支援を行う中で、様々な制度の狭間に陥ってしまう方のサポートの必要性を感じ、関係団体と連携して一般社団法人パーソナルサポートセンターを、2011年3月3日を立ち上げました。

 NPO法人ワンファミリーは、3月11日の東日本大震災発災後、路上生活者支援のノウハウを活かした炊き出しや、NPO法人ふうどばんく東北AGAINとの連携で、緊急支援を行っています。その数、「物資支援:254か所に456回、2,300種類の品物」、「炊き出し:26,001個のおにぎり、574食の雑炊」など膨大な量です。
緊急支援を行う一方、一般社団法人パーソナルサポートセンターとしては避難所から仮設住宅への移行を見越して、仙台市に仮設住宅の見守り事業を提案し、あすと長町仮設住宅への入居と同時に見守り事業をスタート、取り組みを宮城野区扇町や青葉区公営住宅に展開させ現在に至ります。

立岡さんが考える現在の課題は、
・民間賃貸借り上げ住宅の入居者に対する支援は、個人情報保護の観点から情報が少ない状態。そのため、行政やNPOなどの支援者側からの支援が入りにくい状態となり、仮設住宅と比較して支援格差が生まれている。

・元の地域が仮設住宅、賃貸借り上げ住宅、在宅避難と分断されてしまっており、地域のつながりを取り戻す必要がある。

・復興公営住宅の設置がスタートするが、入居者の意見を反映できていない状況がある。UR公団住宅や阪神淡路大震災の復興公営住宅の中で、先進的な取り組みを行うところの調査などを行う必要がある。

などの課題をお話頂いた以外にも、見守り事業を実施する中で発生したいくつかの課題があげられました。

 同時にパーソナルサポートセンターとしての課題解決に向けた取り組み案などもお話頂き、今後の被災者支援における方向性の一つを来場者のみなさんと学び、共有する事ができました。また来場者の中には様々なNPOの方もおり、講演会終了後には交流の輪がいくつかでき、新たな連携が生まれそうな講演会となりました。

 男女共同参画財団が主催する「男女共同参画フォーラム」は、11月27日(日)まで男女共同参画を中心に復興支援の企画も実施されます。詳しくはこちらをご覧ください。
2011年11月21日(Mon) わすれンTV311「支援のかたち」〜生活支援〜

こんにちは。サポセンのかさいです。

11月20日(日)は、わすれンTV311
「支援のかたち〜生放送!サポセンかわら版〜」の放送日でした。

第9回のテーマは「生活支援」
震災発生直後から現在まで、被災者のニーズをくみ取りながら
継続的に生活支援を行っている
NPO法人POSSE 仙台支部事務局の渡辺寛人さんをゲストにお招きして、
支援の始まりとこれからの活動について、じっくりお話をお伺いしました。


POSSEが目指す支援のかたちは、被災者の必要に応じて、
「日常の生活」をサポートすること。
避難所から仮設住宅への入居のサポート、
不便な立地条件の仮設住宅においての買い物や通院のサポートなどを通して、
被災者の皆さんのニーズを拾い上げながら個々の生活支援につなげています。


その秘訣は?どんな活動をしているの?
仙台POSSEのブログはコチラ

http://blog.goo.ne.jp/sendai-posse


そして、放送は、こちらからご覧ください。

http://recorder311.smt.jp/movie/9095





ではまた、次回の「支援のかたち」もどうぞお楽しみに!


2011年11月20日(Sun) 海岸公園冒険広場 臨時開園

こんにちは、サポセンスタッフの菊地竜生です。

 NPO法人冒険あそび場せんだい・みやぎネットワークは、子どもの「遊び場」を開設し、子どもの自由な遊びを支える活動を行なっている団体です。
震災で、管理運営をしていた「海岸公園冒険広場」は大きな津波被害を受け、現在植樹祭などを行いながら公園に子どもたちの笑顔が戻る日を目指し、活動しています。
その海岸公園冒険広場が、11月20日(日)に一日だけ臨時開園しました。

 前日までの天気予報は雨。ところが当日の朝になると、こんなお天気に恵まれました。

来場していた子どもたちは、汗だくになりながらすべり台をサーッと滑ったり、ノコギリで木をギコギコして何かを作ろうとしたり、とある女の子は遊具に「久しぶりー」と声をかけるなど、溜まっていたエネルギーを発散させるように思い思いに時間を過ごしていました。




 プレーリーダーの根本暁生さんに伺うと「延450名の親子が来園してくれました。この場で子どもたちの笑顔や笑い声を感じられて“うれしい”というのが一番です、中には涙を流してしまうプレーリーダーもいました。」と笑顔でお話して下さいました。

 一方で高台にある広場を下ると、施設管理棟やトイレが、ほぼ津波被害を受けたままの状態で残っています。「管理棟や周囲の松林はダメージを受け、広場から見える景色は変わってしまいました。その現実も見てもらいたい。」と根本さん。



 私が今回感じた現実は、周囲の景色を一変させた津波の恐ろしさと、海岸公園冒険広場のような心から遊べる「場」がある事が、子どもやその家族にとってどれだけ大事な事かという2つです。

 海岸公園冒険広場の臨時開園は、3月末までにあと2回実施される予定です。臨時開園の予定は「NPO法人冒険あそび場せんだい・みやぎネットワーク」のホームページなどでお知らせされます。気になる方は、ぜひ次の機会に足をお運びください。
2011年11月20日(Sun) 昔を語る会@中野地区和田町内会

こんにちは、吉田です。

11月20日、高砂市民センターにて、中野地区和田町内会と昭和の懐かしい8mmフィルム映像を収集し、展示や上映活動を行っているNPO法人20世紀アーカイブ仙台の共催で、「昔を語る会」が行われました。

当日は40人近い地域の方々が集まり、昭和の田植えの様子やイナゴ取り、結婚式やお祭りなど、昔なつかしの映像が上映されました。


懐かしい映像がきっかけで、会場はアチラコチラで昔話に花がさきました。

これは「回想法」といって、懐かしい写真や映像などを使って、脳を活性化させる今注目の認知症予防法なんだそうです。

NPO法人20世紀アーカイブ仙台は、仮設住宅や市民センターなどで定期的に上映会を行っています。

地域で「ウチでも開催したい!」などご興味がある方はお問い合わせください↓
NPO法人 20世紀アーカイブ仙台
 TEL  022-387−0656
 FAX 022−387−0651

今回の企画は、和田町内会から毎年定期的に行っている敬老会にて、高齢者の方々が楽しめる場をつくっていきたいとサポセンにご相談いただき、

NPO法人20世紀アーカイブ仙台さんをご紹介し、敬老会での「昔を語る会」の開催に至りました。

サポセンでは、仮設住宅や町内会などから、地域課題をお聞きし、その課題解決を行うNPOのご紹介をしています。気軽にご相談ください。










2011年11月20日(Sun) みやぎNPOプラザ開館10周年記念フォーラムに行ってきました

こんにちは。菅野です。
11月19日(土)、今年10周年を迎えたみやぎNPOプラザの
記念フォーラムに行ってきました。


▲楽しそうなプログラムがたくさんありました



▲あいにくのお天気でしたが、多くの方がいらしていました



▲メインプログラムのパネルディスカッション、
「みやぎのNPO〜これまでの10年、これからの10年」


この10年間で、NPOの存在はだいぶ知られるようになりました。
しかし、信頼性や財源の確保、人材育成・安定した雇用など、課題も残っています。
これらの課題を次の10年で解決できるよう、サポセンも頑張っていきたいです。

みやぎNPOプラザさん、10周年おめでとうございます!
これからもよろしくお願いいたします笑顔
2011年11月18日(Fri) 中学生の職場体験

こんにちは。サポセンの平野です。

11月16 日から三日間、3人の中学生の皆さんがサポセンで職場体験の実習をしましたので、そのご報告です。

80箇所を超える職場候補の中からサポセンを選んくれたことにまずは感激。
さらに、せっかくの日曜日を下見のために時間を使ってくれたことにも感激。
そして、三日間を通しての働きぶりには大感激。

職場体験では、窓口業務や、館内の見回り、情報整理などを体験してもらいました。
サポセンにある市民活動団体・NPOの情報も収集しながら、「NPOのいろは」についても、
少しだけ学びました。


         ▲ 利用者の方に鍵の貸出中

とにかく元気でひたむきな3人の姿に、スタッフ一同ただただ感激と感謝あるのみでありました。大きな声での挨拶は来館された利用者の方々からも好評で、お褒めの言葉も頂きました。

わずか三日の短い体験でしたが、これからの生活の中で振り返った時には「大きな三日間」であったと思ってもらえれば嬉しいし、そうなるようにと祈っています。
3人のこれからを期待しています。お疲れ様でした。
| 次へ