CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年06月13日(Tue) 週末一軒家プロジェクト<中山モダンハウスがある中山地域ってどんなまち?>ぱれっと取材日誌A


こんにちは。スタッフの松村です。
ぱれっと7月号の取材で、2度目の中山モダンハウス訪問です。

b.jpg

玄関全開の一軒家から、子どもの声。モダンハウスに入居する方のお子さん、「くーちゃん」だな?と、もう親しい友人宅を訪ねるような気分ですかわいい

今回は、中山モダンハウスの週末一軒家プロジェクトで賑わう中山が、いったいどんな地域なのか。地元中山でヨソモノの取り組みを支えるお二人にお話しを伺いました。

d.JPG
NPO法人中山街づくりセンター 副理事長
中山学区連合町内会 副会長
三宅 偉雄さん

e.jpg
NPO法人中山街づくりセンター 理事
なかやま商店街振興組合 専務理事
千葉 貴裕さん

中山地域は、仙台の郊外住宅団地の草分け的存在として、1964年から大規模な団地開発が行われました。三宅偉雄さんは、30代の頃、最初の住民として中山に移住した世代です。ゼロからのまちづくりに奮闘してきました。千葉貴裕さんは、その子ども世代。「おもしろいおじさんたちがいるなぁと、自分たちも地域づくりに加わっていきました」と千葉さん。
三宅さんは、「やろう!と決まれば、千葉さんが地域のタテ、ヨコ、ナナメの話しを整理してコーディネートしてくれる」と、感心して話します。

c.jpg
中山モダンハウスの運営者の一人、有限責任事業組合モダンタイムスの岩間さん。
「こんな人たちがいる地域だから、やれると思った」と中山の魅力を話します。

a.jpg

取材の後も、古本の交換会をやろう!家庭菜園の収穫祭をやろう!など、次々にアイディアがあふれます。
この協働の取り組みは、ぱれっと7月号で特集します。
お楽しみに。




| 次へ