CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年10月 | Main | 2016年12月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年11月13日(Sun) 大好評でした!「Girl Rising―私が決める、私の未来―」DVD上映会〜マチノワWEEK報告〜


こんにちは、スタッフの菅原です。
マチノワWEEK4日目、11月6日(日)にサポセン6階セミナーホールで、DVD上映会を開催しました。
このプログラムは、公益財団法人せんだい男女共同参画財団の企画提供により、男女共同参画推進せんだいフォーラム2016関連企画として実施しました。

作品は、女性の社会進出へのひとつである「女子教育の重要性」について訴えた
「Girl Rising―私が決める、私の未来―」です。

4_Girls Rising写真.jpg

女子教育は、公平な社会をつくるだけでなく、世界の貧困問題を解決することにつながります。
当日は、23名の参加がありました。
(映像提供:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン)

内容は、早すぎる結婚や、震災、貧困、強制労働、性的虐待、女子教育を阻む様々な障壁など、生まれた環境やタイミングによって世界の女の子たちが直面する状況や彼女たちの持つ可能性・未来を描いたドキュメンタリー風作品です。

IMG_0013 (640x480).jpg
▲上映作品を鑑賞する参加者の様子

作品を見終えた参加者からは、
「女性の貧困について関心を持つ大事な時間を得ることができた」「世界で女の子たちが置かれている厳しい状況についてリアリティをもって感じることができた」というような感想を頂きました。

「できることから、動き出してみようと思います」
と実際に、会場に設置された募金箱に寄付をした参加者もいらっしゃいました。

今回の上映会を通じて参加者のみなさんに、女性であるために様々な困難に直面する途上国の女の子たちの問題や女子教育の重要性について知ってもらうきっかけになりました。


2016年11月13日(Sun) 東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会〜マチノワWEEK報告〜


スタッフの嶋村です。

マチノワWEEK4日目の11月16日(日)、東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会を開催しました。

東日本大震災発生直後から現在まで、様々なボランティア活動が行われています。
仙台市の多くの学生たちが復興支援活動に従事し、現在でも東北3県でその活動は続いています。
また、2016年4月に甚大な被害を受けた熊本市でも、仙台市の学生たちは実地調査やボランティア活動を積極的に行いました。
当日は、そうした学生たちの被災地での経験や活動、日頃の取り組み等が紹介されました。

このプログラムは、東北大学高度教養教育・学生支援機構 課外・ボランティア活動支援センターの企画提供、仙台市まちづくり政策局との連携により実施しました。

全体.JPG
▲学生や町内会、行政など、様々な立場の24名の方が参加しました。

西塚さん.JPG
東北大学地域復興プロジェクト“HARU”の西塚孝平さん

東北の復興支援・地域再生を目的として立ち上げられた学生ボランティア団体「HARU」は、
主に宮城県内で活動してきました。
西塚さんからは、HARUのこれまでの様々な活動実績の紹介から、
現地ニーズの発掘の仕方、今後の活動についてお話頂きました。
さらに、HARUはどんな信念で活動していて、どんな気付きがあったのか、参加者と共有しました。

山本さん.JPG
東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室学生スタッフチーム(SCRUM)の山本賢さん

東北大学は、他県からの入学者の多い大学です。
東日本大震災の経験を継承し、被災地の問題に取り組む「SCRUM」は、活動の1つに、
被災地のスタディツアーを企画しています。登壇した山本さんには、スタディツアーについてと、自身が従事している福島県いわき市と、熊本市での支援活動について、報告頂きました。

渡邉さん.JPG
▲東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室学生スタッフチーム(SCRUM)の渡邉勇さん

渡邉さんはSCRUMに参加し、主に岩手県陸前高田市の支援活動に携わってきました。
また、今年度は、HARUと協働で熊本県熊本市や岩手県岩泉町の活動に参加しました。
渡邉さんには、陸前高田市での活動や、東日本大震災で得た経験を熊本の大学生と共有することで、どのような気付きが得られたかをお話いただきました。

菅野さん.JPG
一般社団法人パーソナルサポートセンターの菅野拓さん

コメンテーターとして登壇した菅野さんは、主に福祉の分野で、東日本大震災と熊本地震の支援に参画しています。
ボランティアとは別の目線による、災害の状況について説明しながら、学生たちのそれぞれの取り組みについて賛辞し、エールを送りました。

参加者からは、
「現地に行ったからこそいえること、伝えられることを学生の皆さんにお話いただけた」
「目から鱗で、素晴らしい活動だと思った」

などの声がありました。
また、シンポジウム終了後の情報交換も活発に行われました。

サポートセンターも、学生主催の復興支援やまちづくり活動を応援しています。

西塚孝平さん、山本賢さん、渡邉勇さん、菅野拓さん、参加いただいた皆様ありがとうございました。
2016年11月13日(Sun) 文部科学省・地(知)の拠点整備事業関連シンポジウム 宮城・熊本・岩手をつなぐ〜マチノワWEEK報告〜


スタッフの嶋村です。

マチノワWEEK4日目の11月16日(日)、「文部科学省・地(知)の拠点整備事業関連シンポジウム「宮城・熊本・岩手をつなぐ」を開催しました。

中越地震、東日本大震災、熊本地震、最近では台風10号による岩手県などでの豪雨被害と、立て続けに災害が起こっています。このプログラムは、そうした災害からの復旧・復興における、地域の力の大切さと、それをより活かすための社会システムについて考える座談会です。

このプログラムは、東北学院大学地域共生推進機構の企画提供、仙台市まちづくり政策局との連携により実施しました。

全体写真.JPG

当日は、防災の取り組みに関心のある、年齢も所属も様々な31名の方が参加しました。

菊池さん.JPG
▲東北学院大学地域共生推進機構の菊地広人さん

司会進行は、東北学院大学地域共生推進機構の菊地広人さん。台風10号による被害を被った岩手県岩泉町についても話題提供頂きました。
2016年8月30日の豪雨被害で、現地がどのような状況にあるのか、復旧活動がどれだけ行われてきたのか、今後どのような課題があるのか、写真を元にご紹介頂きました。

石塚さん.JPG
一般社団法人みやぎ連携復興センターの石塚直樹さん

登壇者の石塚さんからは、東日本大震災後に発足したみやぎ連携復興センターの、これまでの活動についてご紹介頂きました。
その後、ご自身の中越地震発災後の経験も踏まえつつ、プログラムのタイトルにある「つなぐ」ことについて、何を考えなければならないのか、お話頂きました。

小谷さん.JPG
NPO法人遠野まごころネットの小谷雄介さん

熊本地震後、熊本県菊池市で災害支援に取り組んでいるNPO法人遠野まごころネット。その現場で活動している小谷さんから、災害支援のために協働で活躍するネットワークのあり方や、中長期的な地域づくりについてお話いただきました。また、これまでの法人としての活動や、東日本大震災の経験が熊本の災害支援で活かされた事例をご紹介頂きました。

参加者からは、
「各分野の第一人者の方が登壇されていたので、大変興味深かった」
「被災地における各々の事情が伝わってくるような内容だった」
などの声がありました。

災害からの復旧・復興にはどのような体制が必要か、平時からどのような人材を育成すれば良いのか、東日本大震災を経験した私たちだからこそできることは何か、登壇者と参加者がともに考える場になりました。

司会進行の菊池広人さん、登壇者の石塚直樹さん、小谷雄介さん、参加いただいた皆様ありがとうございました。
2016年11月13日(Sun) 11/15まで!<まちづくりのアイディアをおすそわけ>展示:マチノワWEEK


11月3日(木・祝)〜11月6日(日)にかけて、サポセンでは「マチノワWEEK〜まちづくりのアイデア広場「触れる」「交わる」「考える」〜」と題して、トーク、ワークショップなど様々な企画を行いました。


現在、サポセン1階では、4日間で集まった「まちづくりのアイディア」を集めた展示を開催中です。
------------------------------------------------------------------
まちづくりのアイディアをおすそわけ
展示 マチノワWEEK
------------------------------------------------------------------

DSC01503.JPG

仙台、宮城、全国から集まったゲストの方々の資料を閲覧したり、
お土産に持ち帰ったりすることができます。

DSC01501.JPG

「マチノワWEEK行けなかったんだよね…」「行きたい企画が重なって片方しか出られなかった…」というみなさま、ぜひ覗きにきてください。

展示期間は残りわずか。お見逃しなく!
マチノワWEEK報告レポートはこちらから→
| 次へ