CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年10月29日(Sat) 11/3開催!<地域に合った小さなナリワイづくりのお話>ハジマルフクラムプロジェクト


こんにちは。スタッフの松村です。
サポセンでは、11月3日(木・祝)〜6日(日)の4日間、「マチノワWEEK〜まちづくりのアイデア広場『触れる』『交わる』『考える』〜 」と題したおまつりを開催します。
様々な手法やアイディアでまちづくりに取り組む人たちに会って、話して、つながる4日間です。


11月3日(木・祝)15:00〜17:00 のトークイベント、ハジマルフクラムプロジェクトでは、「"わたくしごと"に潜む、社会を動かすチカラ」と題し、3人のゲストをお招きします。


鶴岡ナリワイプロジェクト
井東敬子さん

itou.jpg

市民活動やまちづくりとの関わりは、なんと20年ほど前から。
東京で企業に勤めた後、山形で国際支援や、観光振興、鶴岡市の食文化発信、起業支援など、奮闘されてきました。また、自然体験や環境教育、環境学習を専門とする会社も経営しています。

活動を始めた頃は、企業時代には、出会えなかった情熱的で個性的な活動者たちに刺激を受けたそうです。
「この業界、ほんとに変な人ばかりで驚きましたよ!」と、気さくな物言いが魅力的です。

そんな井東さんが現在とりくむ「町の小さな課題を解決するスモールビジネス=ナリワイづくり」とは、どんなものなのでしょう…!

かわいい鶴岡ナリワイプロジェクト
http://tsuruoka-nariwai.com/

また、クロストークで井東さんを迎い受けるのは、仙台の2人の活動者です。

OPEN SPACE KIKO主宰 
勝水与茶 さん

katsumizu.jpg

「人が好き」という理由から、自身のプライベート空間である自宅を開放し様々な世代、国籍も人々が集うオープンスペースを運営しています。仙台と世界をつなぐその先に、どんなまちづくりの可能性があるのか…。必聞です!

喫茶店OPEN SPACE KIKO
https://www.facebook.com/openspacekiko/


カワラバン代表 
菅原正徳さん

sugawara.jpg

川や地域の魅力を伝えるため、市民や教育機関向けに環境学習支援をしています。
活動を始めたきっかけは、幼い頃から、川、釣りが大好きだったから。
仙台の広瀬川の魅力に触れる機会づくりにも力を入れています。

晴れカワラバン
http://www.kawara-ban.org/
位置情報せんだいセントラルパーク「プレジャーマーケット」
http://sendai-cp.net/archives/3913


まだお席があります!お申込みください! 

他にも、日替わで16企画を実施します。色々な企画に参加してみてください!
すべての企画を見る
2016年10月29日(Sat) 11/4開催!<自団体の活動をより社会を変えるアクションにするにはどうすべきかを考える!>11 ソーシャルインパクト−社会的成果を生み、持続可能な活動を維持していくための経営戦略とは−/マチノワWEEK


11 ソーシャルインパクト
−社会的成果を生み、持続可能な活動を維持していくための経営戦略とは−

考えるリード.jpg

開催日:2016年11月4日(金) 15:00-18:00
会 場:仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
定 員:50名
参加費:無料

活動のもたらすソーシャルインパクト(社会的成果)について理解し、自団体の活動をより社会を変えるアクションに転換するための考え方について学べる講座です。
「限られた資源でいかに成果を生み出すか」「活動を持続可能にするためにどうするか」など、ソーシャルインパクトを意識した組織運営・事業展開のポイントや方法についてお話いただきます。

ひらめきゲスト
11_yamamoto.png
株式会社PubliCo 代表取締役COO 山元圭太さん

WEEKソーシャルインパクト個別チラシ.jpg

メモお申込みについて
2016年10月3日(月)9:00受付スタート
申込フォーム

電話問い合わせ先
仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
TEL:022-212-3010 FAX:022-268-4042 HP:http://sapo-sen.jp/
開館時間:月−土 9:00-22:00/日・祝 9:00-18:00
休館日:第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日)

右向き三角1本企画は、マチノワWEEK〜まちづくりのアイデア広場「触れる」「交わる」「考える」〜 の一部です。

11月3日(木・祝)〜6日(日)にかけて様々なイベントを行います。ぜひご参加ください。

884x242px.jpg


2016年10月29日(Sat) 11/5開催!<可視化、具体化してアクションを引き出す!>8 マチノワ・ラボせんだい 創発する協働へ データ、リサーチ、アクション わからない未来をみんなでワクワクに変える/マチノワWEEK


8 マチノワ・ラボせんだい 創発する協働へ
データ、リサーチ、アクション
わからない未来をみんなでワクワクに変える


交わるリードバナー.jpg

開催日:2016年11月5日(土) 16:00-18:00
会 場:仙台市市民活動サポートセンター 地下1階 市民活動シアター
定 員:30名
参加費:無料

ゲストは、とうほく復興データプロジェクトなど、今後の復興・創生期に向けた地域の状況をデータ化して多様な担い手に届けている鈴木さんと、まちづくりの際に独自のデータを制作し、参画する市民の議論や検討を具体化している佐藤さんです。
ゲストのお話を題材に、データから地域課題を可視化し、セクターを越えてアクションを引き出す仕組みについて、参加者の方々と一緒に考えていきます。

ひらめきゲスト
8_suzuki.png8_satou.png


b292d4cebba53034abb498b0a25dc5fb.jpg

WEEK.マチノワラボ個別チラシpng.jpg

メモお申込みについて
2016年10月3日(月)9:00受付スタート
申込フォーム

電話問い合わせ先
仙台市市民活動サポートセンター
〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
TEL:022-212-3010 FAX:022-268-4042 HP:http://sapo-sen.jp/
開館時間:月−土 9:00-22:00/日・祝 9:00-18:00
休館日:第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日の木曜日)

右向き三角1本企画は、マチノワWEEK〜まちづくりのアイデア広場「触れる」「交わる」「考える」〜 の一部です。

11月3日(木・祝)〜6日(日)にかけて様々なイベントを行います。ぜひご参加ください。

884x242px.jpg



| 次へ