CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年08月19日(Fri) 大人も子どもも一緒に劇をつくろう。鶴巻児童館子ども劇団「わんにゃんぶう」〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフのかさいです。

仙台市市内には、現在110の児童館があります。
児童館は、子どもたちに健全な遊びを与え、健康を促進し、情操を豊かにすることを目的として運営されている施設です。乳幼児親子から高校生までだれもが自由に利用でき、地域の子育て支援コミュニティ施設として、地域の方々どなたでも児童館で行う行事などに関わることができます。運営は、公益財団法人やNPO法人など10団体が指定管理者となって行っています。

今回ご紹介する鶴巻児童館は、仙台市宮城野区東部にあり、NPO法人みやぎ・せんだい子どもの丘が管理運営している児童館です。開館以来、地域の方々と協力して様々な面白い行事や企画を実施しながら、子どもの育ちや子育てを支援しています。

今回は、在仙の詩人・武田こうじさんと一緒に演劇活動してきた子どもたちが、仙台文学館で朗読劇を披露するというので、8月10日(水)に市民ライターの山田和佳子さんと一緒に観に行ってきました。


DSCN9661.JPG

今回の劇のタイトルは、「この星のメロディ」。
お話は、「どこかちょっと遠くへ行って見たい」という、子どもの頃だれもが感じた気持ちからはじまる、武田こうじさんの書き下ろしの脚本です。

鶴巻児童館子ども劇団「わんにゃんぶう」は、結成されて8年になります。今年度は、小学2年生〜5年生まで9人の劇団員が、毎週1回集まって練習してきた成果を発表しました。


DSCN9666.JPG

武田こうじさん(中央)と子ども劇団「わんにゃんぶう」オールキャスト。


DSCN9683.JPG

武田こうじさん(左)にインタビューするのは、市民ライターの山田和佳子さん(右)。
今回取材した記事は、ぱれっと10月号に掲載されますので、どうぞお楽しみに。



位置情報ぱれっとバックナンバー


位置情報なお、仙台文学館(仙台市青葉区)では、8月28日(日)まで
『わたしのワンピース』でおなじみの絵本作家西巻茅子さんの原画展
「こども文学館えほんひろば 西巻茅子の世界」を開催中です。

DSCN9646.JPG




| 次へ