CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年08月09日(Tue) すみれの会 遺された苦しみを語れる場所


「自死は、多くが前触れもなく起こってしまいます。突然遺された家族が受け入れなければならない辛さや苦しみは、本人でないと分からないし、乗り越えるのは決して容易ではありません」と自死遺族支援「すみれの会」の代表の小田島佳子さんは語る。

 会の発足は2006年10月。社会福祉法人「仙台いのちの電話」の事業の一環として始まった。自死遺族から「仙台には遺族の声を聴いてくれる場所がない。辛い気持ちを知ってほしい」との声が上がったのがきっかけだった。

 遺族が抱えるのは、大切な人の自死の予兆に気付けなかった、止められなかった後悔や悲しさ、喪失感。時には遺族へと向けられる周囲の目にも悩まされる。精神的・社会的な要因に同時に向き合わなければなないが、それらをひとり胸の内に抱え続けるのはとても辛い。そんな気持ちを話し、分かちあう場所がすみれの会だ。

 遺族はスタッフのサポートを受けながら、それぞれの胸に抱えた思いを語り合う。相談内容や名前など個人情報は守秘義務で守られているので、遺族は安心して話をすることができる。また、予約の必要はなく、自分のペースで参加することが可能だ。「ゆっくりでいいんです。自分の言葉で、自分の思いを整理してください。そうすれば、また自分の足で、自分らしく歩いていけますから」。

 活動は仙台市市民活動サポートセンター=仙台市広瀬通=で、第1土曜日(大切な人を自死で失った遺族が対象)と、第3土曜日(家族を自死で失った遺族限定)の月2回、午後1時から3時まで行われる。参加費は300円。

 時には参加者が一人も来ないこともあるという。そんな時でも、変わらず会は開いている。

 「すみれの会を必要としている人に、会の存在が知られてないのではと感じます。いつもの場所、いつもの時間に行けば、安心して話を聞いてくれる誰かがいることを知ってほしい」と小田島さんは語る。

すみれの会 遺された苦しみを語れる場所_すみれの会 遺された人たちが語り合う.jpg
▲すみれの会の活動場所となる一室。「安心して話ができるよう、お花と音楽と、美味しいお茶を用意して待っています」と小田島さんは語る。

(仙台市若林区 千葉智美)
2016年08月09日(Tue) 自然とともに地域とともに 〜食から始まるつながり〜


自然とともに地域とともに 〜食から始まるつながり〜.jpg
▲「学んだことが生活の中で反映できたという受講者の声が一番嬉しい」にこやかに話す佐藤さん

 NPO法人「おりざの家」理事長佐藤宏美さん(54)は、仙台市太白区長町にある「cafeおりざ」で、各種の料理教室・講座を主宰する。玄米のおいしい炊き方や野菜中心の献立を教えたり、こんにゃくやびわの葉を使って体調を整える自然療法を指導したりしている。

 教室を始めるきっかけは20年前の自身の体調不良。医者に診てもらったが、具体的な病名が分からず、日に日に体調は悪化した。ある時出会った本で、不規則な食事の取り方や生活習慣が原因であることに気づかされた。それまでの生活を改めると、徐々に体調は回復していった。

 食を見直す過程で、玄米の持つ力を知った。白米は発芽しないが玄米は発芽する。「命ある食べ物」である玄米を食べる意義について周囲に話したことが、今日の活動につながっている。おりざはラテン語で「稲」の意味だ。

 9月からは新たな試みを始める。家庭の事情などにより、一人で夕食を食べている「孤食」の小・中学生や高齢者に、栄養バランスの取れた食事を無料で提供する「子ども食堂」の活動だ。

 地域の主任児童委員も務める身。ある会合で「子ども食堂」について語る講師の話にくぎ付けになった。「『見過ごせない、私もやりたい』って講師の先生に申し出ました」

 食堂は「おりざの食卓」と名付けた。食事を提供するだけに留まらず、子どもたちには後片付けなどを手伝わせるつもりだ。生活力を身に付けたり、世代の異なる人との交流を深めたりしてほしい。

 商店街の人たちも応援してくれている。「こういう試みが、中学校区ごとにあったらいいのになあと思う。私は長町で頑張ります」。

「おりざの食卓」は登録制。当初は週1回開催。来年3月からは週2回、将来的には月〜金曜開催を目指す。連絡先は022(249)1625。

(仙台市泉区 佐々木めぐみ)
| 次へ