CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年07月 | Main | 2016年09月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2016年08月01日(Mon) <支援者・利用者・参加者をもっと増やしたい、そんな悩みを抱える組織にオススメ!>社会を変えるアクションプラン・スクール


支援者をもっとふやしたい、利用者や参加者をもっとふやしたい、そんな組織のお悩みを解決しませんか。
オープンセミナーを含め全4回のプログラムです。
それぞれの組織の課題を把握し、解決へ向けたアクションプラン検討を、NPOマーケティングの第一人者 長浜洋二さんからアドバイスを受けながら行います。
各組織から複数の方(2~4名を基本とします)でのご参加をお待ちしております。
詳しくはチラシPDFをご覧ください。(この記事の下の方にあります)

school.jpg

日 時:
○第1回 無料オープンセミナー
8月26日 (金) 13:00~17:00
○第2回 アクションプラン検討
9月8日 (木)10:00~17:00
○第3回 アクションプラン検討
9月9日 (金)10:00~17:00
○第4回 アクションプラン発表会
10月7日 (金)10:00~17:00
原則スクール全ての日程に参加いただきます。
※第1回受講後に継続が難しいと判断された場合、第2回以降の取り止めが可能です。
定 員:10団体    
対 象:社会課題の解決を目的としている組織の代表者・事務局長など、事業戦略、資金調
達を担う立場の方とスタッフ。
参加費:10,000円(1団体あたり)9月8日にお支払いいただきます
会 場:仙台市市民活動サポートセンター
    地下 市民活動シアター
申込み・問い合わせ:仙台市市民活動サポートセンター
チラシ(PDF)→APSチラシ.pdf

APSチラシ-1.jpg
APSチラシ-2.jpg

Tel:022-212-3010 Fax:022-268-4042
Mail:sendai★sapo-sen.jp(★を@に変換)
メールでお申込の方は、件名を「スクール申込」として、
組織名・全員の参加者名(役職)・電話番号をお知らせください。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

○同時開催!スピンオフ講座(申込必要)
「長浜洋二さんのNPOマーケティング入門講座」
 NPOマーケティングとは何か、やかりやすく解説します。
 興味のある方はどなたでも参加いただけます。
日 時:8月26日 (金) 9:30~12:00
定 員:40名(先着順)    
対 象:NPOマーケティングに興味のあるかたどなたでも。
参加費:無料
会 場:仙台市市民活動サポートセンター
    地下 市民活動シアター


2016年08月01日(Mon) 自然の恵みで地域に笑顔を おりざの家


 全国的に「孤食」が問題となっている。「孤食」とは家族と食卓を囲むことなく一人で食事をすることだ。育ち盛りの子どもには健康の面でも人格形成の観点からも影響が大きいと言われており、孤食の子どもたちに食事を提供する「こども食堂」が全国的に増えている。今、仙台市太白区長町で夕食を共に頂く地域居場所づくりの準備している人がいる。NPO法人おりざの家理事長の佐藤宏美さん(54)だ。

 佐藤さんは長町で料理教室を開いている。講座ではおいしい玄米の炊き方や体にやさしい野菜中心の献立など食物が持つ自然の力を生かした調理方法を伝える。「講座で学んだ料理を家に帰ってから作ってみましたと受講生から報告を聞くのが楽しみだ」と佐藤さんは笑う。

 佐藤さんが「食」の大切さを気づいたのは20年ほど前。自身の体験がきっかけだ。不規則な生活を続け、体調を崩した。通院しても原因が分からず悩んでいた時に出会ったのが食事療法。玄米を炊き、おかずは野菜中心。自然の素材を生かした調理法。歩くこともままならなかった体が次第に回復してきたことが嬉しくて、友だちに話し、一緒に料理を作っているうちに教室となった。体に優しい食事をすれば疲れにくく心にも余裕ができる。「食は健康な体を作るだけではなく、健康な心も作る」と振り返る。



自然の恵みで地域に笑顔を おりざの家.jpg
▲世代間交流が増えることも楽しみと話す佐藤さん

 長町地区の主任児童委員を務めている佐藤さん。区役所の会議で「こども食堂」の話を聞いて、すぐに立候補した。今年9月、「おりざの家」の隣に太白区と太白区社会福祉協議会、東北福祉大学などの協力で「おりざの食卓」をオープン。体に優しい食を提供する。週1日から始めるが、いずれは毎日開きたいと意気込む。「子どもに限らず一人で食事をしている高齢者、近所の方やボランティアなど多くの人が集い交流する場所にしたい」と佐藤さんの夢は膨らむ。食事がきっかけとなり、子どもたちが自分の役割を見つけることにも期待している。

「おりざの食卓」は登録制。8月11日(木、祝日)に現地で見学会を開催する。

問い合わせ先
NPO法人おりざの家
TEL(022)249-1625

(仙台市若林区 阿部哲也)
| 次へ