CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年03月 | Main | 2011年05月»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2011年04月06日(Wed) いのちのことの葉プロジェクト

【利用団体】
■団体名
 いのちのことの葉プロジェクト
 (いのことプロ)

■代表者名
 大葉由佳

■連絡先
 TEL:090(5595)4182
 連絡可能な時間帯 8:30〜21:30
 E-mail:egaomusub:888omusubi@yahoo.co.jp

■ウェブサイト
 http://ameblo.jp/inochinokotonohasendai/

■団体の活動目的
 いのち・食・笑いをキーワードに、声や言葉の表現方法を中心として、こころ豊かになるような時間と空間を提供する。

■団体の活動内容
 朗読&トーク「いのちが輝くことば」(子育て支援施設のびすく泉中央)などのイベントの他、ラフターヨガ(笑いのエクササイズとリラックス深呼吸)などの出前講座の開催(のびすく長町南、第3水曜日の午後2:22〜=「フ・フ・フの時間」)
 ラジオ番組「one for wind〜日曜日の朝の深呼吸」(デイトエフエム)の企画と制作

復興支援に関する活動
 被災した子どもたちの、こころのケアを目的に活動する。
 絵本の読み聞かせ、紙芝居の他、緊張をほぐすストレッチ体操・声を出すストレス発散体操(ラフターヨガの導入の体操)などを行う。要請があれば可能な限り出向く。
2011年04月06日(Wed) 日本障害フォーラム(JDF)みやぎ支援センター

【利用団体】
■団体名
 日本障害フォーラム(JDF)東日本大震災被災障害者総合支援本部みやぎ支援センター

■代表者名
 小川榮一、笹川吉彦

■連絡先
 TEL:080(4373)6077、080(4373)6078
 FAX:022(306)4663

■ウェブサイト
 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/JDF_shienhonbu.html

■団体の活動目的
 わが国の障害者施策の推進、障害を持つ人の権利の推進

■団体の活動内容
 上記目的を達成させるためのセミナー開催、勉強会の開催等

復興支援に関する活動
 被災地の障害のある方々を訪問し、困っていること、必要なものなどをお聞きして、様々な支援の手配を行う。
2011年04月06日(Wed) 仙台傾聴の会

【利用団体】
■団体名
 仙台傾聴の会

■代表者名
 森山英子

■連絡先
 TEL:090(6253)5640 FAX:022(343)9705
 連絡可能な時間帯:水・日を除く毎日9時〜19時
 E-mail:moriyama-e@tulip.sannet.ne.jp

■団体の活動目的
 地域住民の方々の心に寄り添い、悩みや不安に耳を傾け、皆さんが心の安らぎを得て、安心した生活を送れるように、自己研鑽を重ね、地域社会との連携を図りながら傾聴活動することを目的としています。

■団体の活動内容
 傾聴とは、相手の方の話を否定しないで、ありのままに受け止め、共感的に聴く事。反論やアドバイスをせず、相手の立場に立ち、存在を認め、尊重し、言葉の奥にある悩みやさびししさなど、相手の方に寄り添って、お話をお聴きします。
 人は相手に話すことで、心が軽くなったり、心が浄化されたりすると言います。話したくても話をする機会の少ない方々や、不安や悩みを抱えた方々のお話し相手や、相談相手をする活動です。話をされる方はもちろんのこと、傾聴ボランティア自身にも大きな喜びと学びの場となります。
 活動場所:高齢者施設、個人宅、病院、傾聴の広場、災害時の避難所等

復興支援に関する活動
 この度の東北地方太平洋地震津波災害により、被災された方々の心のケアを目的に、各避難所に出向いて、医師会、保健センターとの連携をしながら傾聴ボランティアとして、活動をしております。
 これまで、仙台市宮城野区、青葉区、太白区、名取市、岩沼市で活動を実施しております。
| 次へ