CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 図書コーナーより | Main | 【市民ライター】実習・課外活動»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年01月17日(Wed) イタリアへ向けて、動画で発信する仙台の魅力!ダヴィデ・ビッティさんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの宮崎です。

12月15日、サポセンにてぱれっと2月号の表紙、ワクワクビトの取材をしました。
今回は、Youtubeを使ってイタリアへ仙台の魅力を発信しているダヴィデ・ビッティさんを紹介します。
取材を担当したのは、情報ボランティア@仙台の加藤里香さんです。

イタリア出身のダヴィデさんは、仙台在住のYoutuberです。
ご自身が興味を持った日本の文化や仙台の魅力的なお店や場所について、Youtubeを使ってインターネット上に配信しています。
より多くの外国人、特にイタリア人に仙台を訪れてほしいという思いで動画を作成しています。

DSC06955.JPG
▲外国人から見た仙台の魅力を語るダヴィデさん(左)と取材を行う加藤さん(右)

現在は、週に2、3本の動画を配信しているダヴィデさん。
旅行で東京へ来日したことをきっかけに日本が好きになり、交換留学で来たのが仙台でした。
動画の編集は、ほとんど1から勉強したそうです。
「都会的なのに自然も多い仙台が大好きです」と溢れる仙台愛を語ってくれました。

加藤さんはどんな記事を書くのでしょうか。
ぱれっと2月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはコチラ
2017年12月28日(Thu) 踊るジャグリングで大道芸体験!坂部認さんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの宮崎です。
11月20日、サポセンにてぱれっと2018年1月号の表紙、ワクワクビトの取材をしました。
今回は、仙台で活動する大道芸人。ぼたもち堂の坂部認さんを紹介します。
取材を担当したのは、市民ライターの櫻井光雄さんです。

坂部さんは、ジャグリングパフォーマーとして仙台を中心に活動しています。
イベント等でのパフォーマンスのほか、幼稚園や児童館でワークショップの開催もします。
学校教育以外の環境で子どもの育成に関わっています。

DSC06769.JPG
▲ジャグリングに使う道具を紹介する坂部さん(左)と取材を行う櫻井さん(右)

タイの舞踊や合気道の動き方を取り入れた「踊るジャグリング」が持ち味の坂部さん。
ボール一個でも魅せるジャグリングは、子どもも大人も魅了します。
子ども達の持つ未知の可能性を、より多くのことに興味を持ってもらうことで引き出そうとする坂部さん。
「学校の勉強も大事だけれど、本当に好きなことを見つけて仲間を作ることも大切」と子どもに向けるメッセージを語っていました。

櫻井さんはどんな記事を書くのでしょうか。
ぱれっと2018年1月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはこちら→☆☆☆
2017年12月12日(Tue) 頑張る若者を応援したい!<仙台若者アワード>〜ぱれっと取材日誌〜


スタッフの菅野です。
12月8日、ぱれっと2月号の取材をしてきました。

「学都仙台」と呼ばれる仙台市では、社会や地域の課題を解決しようとする若者主体の活動が多くみられるようになっています。
しかし、その存在や取り組みはまだまだ知られていないのが現状です。

頑張る若者たちを応援したい。
仙台のまちを、より若者が活躍できるまちにしたい。

そんな思いから、「仙台若者アワード」は生まれました。
今回は、若者アワードを主催する「仙台若者アワード実行委員会」を取材しました。
仙台市、コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ コカ・コーライーストジャパン株式会社、一般社団法人ワカツクの三者が協働で取り組んでいます。

取材では、どんな経緯でこの3者が協働することになったのか?協働することでどんな効果があったのか?など、たくさんお話をお聞きすることができました。


DSC06890.JPG
▲団体エントリーが終了し、選考に向け真剣に話し合うオトナたち。


来年の2月24日(土)に一般公開で最終審査が行われます。
詳しくは「仙台若者アワード」のサイトをご覧ください。
(今後はエントリー団体の情報も発信されるそうです。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仙台若者アワード 最終審査プレゼン会

日時:2018年2月24日(土)
場所:仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター

2017年12月01日(Fri) ぱれっと12月号発行しました


こんにちは。スタッフの菅野です。
ぱれっと12月号発行しました。
シブイ赤がかっこいいですぴかぴか(新しい)

DSC07199.JPG

●今月のワクワクビト
青空応援団
平了さん

頑張る全ての人へエールを送る「社会人応援団」。
競技会、学校、病院など、どこへでも駆けつける全力魂が魅力です。

 取材・執筆を担当したのは、市民ライターの安藤綾香さんです。

●特集
市民と行政で提案する公園の新たな使い方、楽しみ方
西公園を育てるラボ

お花見や七夕花火などで仙台市民に親しまれてきた「西公園」。もっと自分の庭のように楽しむ新たな使い方や楽しみ方、これからの公園のあり方を仙台市と市民団体が協働で探りました。


●市民ライターが市民活動団体をご紹介!
外国人が日本で充実した生活を送れるように
NPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会

いま仙台では、100人に1人が外国籍を持った住民です。外国にルーツをもつ子どもたちは、学校でコミュニケーションがとれず困ることがあります。「言葉で困らないように、日本人の子と一緒に勉強ができるように」と活動する団体を市民ライターが取材しました。

 取材・執筆を担当してくれたのは、市民ライターの小野恵子さんです。
 取材の様子はこちら→☆★

 <市民ライターとは>
 サポセンが2014年から河北新報社と共催で開いてきた、
 「市民ライター講座2014・2015・2016」を受講し、取材・執筆のノウハウを
 学んだ市民の方々です。
 これまでの活動、市民ライターの記事はこちらから→サポセンブログ@仙台


●他にも
活動に役立つ本の紹介や、サポセンのイベント紹介などなど情報盛りだくさんです! 
サポセン館内や市内公共施設、お店などでも配布中!ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。

ダウンロードはこちらから→ぱれっと12月号


===========================================

ひらめき「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→アンケートフォーム
2017年11月24日(Fri) 頑張る人に全力エール!平了さんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの宮崎です。

10月19日、サポセンにてぱれっと12月号の表紙、ワクワクビトの取材をしました。
今回は、仙台発祥の社会人応援団「青空応援団」の団長、平了さんを紹介します。
取材を担当したのは、市民ライターの安藤綾香さんです。

平さんは、青空応援団の団長として、なにかを頑張る全ての人にエールを送ります。
スポーツ大会の場だけでなく、宴会場や、病室、全国どこへでも応援に駆けつけます。
また、小学校等の教育機関にも応援に出向き、夢を持つことや他人の夢を応援する事の大切さを伝えています。

DSC05488.JPG
▲学ランに身を包み、取材に応じる平さん(左)と取材を行う安藤さん(右)

活動を始めるきっかけになったのは、高校の入学試験の合格発表のときの出来事でした。
不合格だった他人を尻目に自身の合格を喜んだ平さん。
「同じ目標に向かって頑張った同志を労うことを欠いてはいけない」と高校の応援団員に叱咤されました。
結果にこだわらず、他人を心から応援する姿に憧れて、自身も応援団に入りました手(グー)


お話を聞いた安藤さんはどんな記事を書くのでしょうか。
ぱれっと12月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはこちら→☆☆☆
2017年11月20日(Mon) 明るい社会は家庭から<明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会>〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの小野です。

ぱれっとの編集は、いよいよ1月号に差し掛かりました!
新しい年へ向け、取材をする気持ちも新たになります。

サポセンニュースレター「ぱれっと」では、仙台で活躍する市民活動団体の紹介をしています。
1月号は、明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(以下、仙台明社)を紹介します。
取材を担当するのは、市民ライターの斉藤さんです。

DSC06599 (640x426).jpg
▲事務局長の本多孝次さん(写真左)。細川能孝さん(写真中央)と細川絵里さん(写真右)はご夫妻です。

10月4日、仙台明社の事務所であるサポセン7階事務用ブースの一角で、仙台明社事務局長の本多さんと大崎地域で活躍する会員の細川さん夫妻にお話を伺うことができました。

仙台明社は、NPO法人明るい社会づくり運動の賛助会員にあたる団体です。
活動範囲は仙台圏に限らず、宮城県全域に広がります。
主な活動は、家庭教育や家族関係を見直すことで、明るい家庭をつくる手助けをする家庭教育活動です。
各地の会館や幼稚園などで講演を行い、普及をしています。
親から子の教育だけでなく、夫婦間、兄弟間など、家族に関する幅広い観点から家庭を見直し、暖かい家庭を築くことが、明るい社会をつくる根幹とのこと。

また、被災地のコミュニティづくりに関する支援や、盲導犬募金事業など、明るい社会づくりに携わる多くの活動を展開しています。

DSC06510 (640x427).jpg
▲家庭教育活動の講演について取材する斉藤さん

仙台明社の活動は、市民ライター斉藤さんの目にどのように映ったのでしょうか!?
ぱれっと1月号をお楽しみに!

仙台明社の活動についてはコチラ→☆☆☆
「ぱれっと」のバックナンバーはコチラ→☆☆☆


2017年11月07日(Tue) 仙台での暮らしをより良く便利に!<NPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会>〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの小野です。
木枯らしが吹くようになり、寒さが本格的になってきましたね。

サポセンニュースレターの「ぱれっと」は12月号の取材に入りました。
ぱれっとの中面3ページでは、仙台で活動する市民活動団体を紹介しています!
12月号ではNPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会をご紹介します。

10月28日、青葉区中央市民センターにて、ICAS日本語講師の河田さん、熱海さん、高橋さんの3名にお話を伺いました。
取材を担当してくれたのは、市民ライターの小野恵子さんです。
この日は、「さっと日本語クラブ」の活動の様子を見学させていただきながらの取材となりました。

DSC06362 (640x427).jpg
▲中国、韓国、ベトナムをはじめとした様々な国に縁のある子どもたちに英語を教える河田さん。(写真左)

DSC06324 (640x426).jpg
▲「さっと日本語クラブ」に来る子どもたちは、小学生から中学生まで幅広い年齢です。

NPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会は、仙台に住む外国人が、日本での暮らしをより良く充実させることを目的に活動をしています。

主な活動は、日本語講座の開催です。
大人や留学生を対象にした「ICAS日本語講座」と「せんだい日本語講座」。
日本語を母国語としない子どもを対象にした「さっと日本語クラブ」は、青葉区中央市民センターや仙台観光国際協会などとの協働開催です。
また、要請に応じて日本語講師を派遣なども行います。
その他にも、日本文化を紹介する交流イベントの開催や、日本語講師ボランティアの人材育成にも携わります。

DSC06373 (640x427).jpg
▲年齢や日本語の理解度にあわせて個別の教材が用意されていました。

この日は、2ヶ月に一度の「あそびの日」。
日本語の学習の後は、講師やボランティアも一緒にプラバンづくりをしました。手(チョキ)
普段は日本語が苦手でコミュニケーションがうまくとれず、学校で孤立しがちな子どもたち。
同じ思いを抱えた同士で遊ぶことも、リフレッシュの方法です。

DSC06396 (640x427).jpg
▲子どもたちにプラバンの作り方を教える熱海さん(写真右)を取材する小野恵子さん。(写真左)

「さっと日本語クラブ」で学ぶ子どもたちの中には、なかなか打ち解けられず、おずおずと教室に入るお子さんもいました。
ICASの日本語講師やボランティアと一緒に、わからない所を解決しながら日本語を学ぶうちに、だんだんと笑顔が咲き、リラックスした様子に。
最後は「さようなら!」と元気に声を出して挨拶をする姿も見られました。

子どもたちに向き合い、楽しみも交えながら日本語を教えることで、仙台での暮らしをサポートする姿は、小野恵子さんの目にどう映ったのでしょうか?
ぱれっと12月号をお楽しみにexclamation×2

バックナンバーはこちらからご覧いただけます→☆☆☆
2017年11月01日(Wed) ぱれっと11月号発行しました


こんにちは。スタッフの菅野です。
ぱれっと11月号発行しました。
アースカラーが落ち着いた雰囲気でイイですね黒ハート

DSCF2145.JPG

●今月のワクワクビト
Hair Designer
白鳥ゆいさん

白鳥さんは、店舗を持たない美容師さん。
外出が難しい方のところに出向いてキレイを届けています。

 取材・執筆を担当したのは、市民ライターの溝井貴久さんです。


●特集
歴史と自然の再発見
運河を活用した復興まちづくり
新浜町内会×貞山運河研究所

宮城県の海岸沿いにある貞山運河。江戸時代初期から明治時代まで順次整備され歴史的価値があります。仙台市東部の新浜地区は貞山運河沿いにあり、住民に親しまれてきましたが、3.11で風景が一変してしまいました。時がたち、自然が回復する中で再び運河に親しみ地域の営みを未来へ繋ごうとすると取り組みを紹介します。


●市民ライターが市民活動団体をご紹介!
できる人が、できるときに、誰かを笑顔にする方法
一般社団法人地域福祉アロマケアラー協会

子どもの頃、抱っこしてもらって安心したり「痛いの痛いのとんでいけ」と言われて楽になった気がしたりした経験はありませんか?アロマを通して人の役に立ちたいと活動をはじめた団体を市民ライターが取材しました。

 取材・執筆を担当してくれたのは、市民ライターの生沼未樹さんです。
 取材の様子はこちら→☆★

 <市民ライターとは>
 サポセンが2014年から河北新報社と共催で開いてきた、
 「市民ライター講座2014・2015・2016」を受講し、取材・執筆のノウハウを
 学んだ市民の方々です。
 これまでの活動、市民ライターの記事はこちらから→サポセンブログ@仙台


●他にも
活動に役立つ本の紹介や、サポセンのイベント紹介などなど情報盛りだくさんです! 
サポセン館内や市内公共施設、お店などでも配布中!ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。

ダウンロードはこちらから→ぱれっと11月号


===========================================

ペン「ぱれっと」のご意見、ご感想おまちしております!
皆さまにより良い情報をお届けしていくため、「ぱれっと読者アンケート」を実施しております。→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf-wHb1ekxppGHf5nvIdVbgUuZrW9No4-HfCNaLAOg4vradNQ/viewform

2017年10月31日(Tue) お店がない美容師!?白鳥ゆいさんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの宮崎です。

9月7日、泉区泉中央にあるスターバックスコーヒーセルバ店にてぱれっと11月号の表紙、ワクワクビトの取材をしました。
今回は、仙台で店舗を構えず、必要な方には自宅に行って髪を切るヘアデザイナーの白鳥ゆいさんを紹介します。
取材を担当したのは、市民ライターの溝井貴久さんです。

白鳥さんは、自分のお店を持たずに美容師としての仕事をしています。
また、障がいなどの理由で外出が難しい方には、自宅へ伺って美容サービスを提供しています。

DSC04599.JPG
▲店舗を持たない美容師としての仕事について語る白鳥さん(左)と取材を行う溝井さん(右)

仙台出身の白鳥さんは、母親の介護をした際に、自宅で髪を切ってあげたことがきっかけで、今のスタイルの美容師をはじめました。
自宅へ出向くことだけでなく、英語ににも対応できるのが特徴です。
「困っている人のもとへはこちらから伺って、キレイを届けます」と思いを話してくれました。ぴかぴか(新しい)

溝井さんはどんな記事を書くのでしょうか。
ぱれっと11月号をお楽しみにexclamation×2

ぱれっとバックナンバーはこちら→☆☆☆
2017年10月12日(Thu) いま、西公園北側エリアが面白い!〜ぱれっと取材日誌〜


スタッフの菅野です。
10月12日、ぱれっと12月号の取材で西公園に行ってきました。

DSC04870.JPG
▲なんだか楽しそうな建物があります。

DSC05011.JPG
DSC04955.JPG
▲公園で遊べる縄跳び(懐かしい!)、オセロ、本もあります。
 ハンモックの寝心地やいかに?

実は今、新たな公園の使い方・楽しみ方を提案する「西公園4WEEKS」という取り組みが行われているんです。
10月22日(日)までほぼ毎日、公園を楽しむアイテムの貸出など公園利用のサポートをするパークハウスがオープンしています。また、主に週末には、公園を楽しむプログラムを提供する多彩なパークキャストがヨガやデイキャンプなどのイベントを繰り広げます。

今回は、西公園4WEEKSの仕掛け人、「西公園を育てるラボ」のみなさんを取材しました。
西公園を育てるラボは、複数の団体の協働によってつくられています。
NPO法人都市デザインワークスが事務局を担い、西公園北側で活動する西公園プレーパークの会西公園を遊ぼうプロジェクト、仙台市公園課、青葉区公園課、専門家(公園管理運営士)がメンバーです。

DSC04885.JPG
▲取材は屋外、パークハウス前にて。
 ガーデンティーパーティのようで楽しかったです。

とても楽しい西公園4WEEKSは、市民が担い手となるパークマネジメントのあり方をさぐる社会実験という一面も持っています。
詳しくは、ぱれっと12月号をお楽しみに!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の庭のように公園を楽しむ31日間
西公園WEEKS

開催期間:2017年9月22日(金)〜10月22日(日)
場 所:西公園北側エリア

プログラムはこちらをご覧ください→西公園4WEEKS


| 次へ