CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« サポセンスタッフから | Main | サポセン通信「ぱれっと」»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年04月18日(Thu) ハンセン病【日本と世界】病い・差別・いきる 〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの菅野です。
サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
-‐--------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----‐-----------

ハンセン病【日本と世界】
病い・差別・いきる


4月ブックレビュー.jpg

ハンセン病とは、らい菌により皮膚や末梢神経が侵される感染症です。
現在は早期診断と投薬治療によって後遺障害をまったく残さずに治療できますが、昔は治療が難しく、四肢や顔面に著しい変形をきたすこともありました。
その特徴から、患者たちは長らく烈しい差別と偏見にさらされ、療養所への隔離を強いられたのです。

ふつう感染症は菌が検出されなくなれば「完治」となりますが、病気だったときに起きた身体の変形した部分は戻らないため、治癒してからも「見た目」に対する差別感情に苦しめられてきました。

1996年に「らい予防法」が廃止された今でも差別を恐れ故郷に帰れない人がいます。
隔離することで患者を見えない人々とし、また、見ようとしてこなかった私たち。
元患者、日本や世界で支援活動を行う人々など総勢41名が綴った文章から多角的にハンセン病をとらえ、忘れてはいけない歴史的事実を伝えます。

----------------------------------------------------------------------
編集:ハンセン病フォーラム
発行:工作舍
発行日:2016年2月10日
----------------------------------------------------------------------

ひらめき位置情報サポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

サポセン在庫書籍一覧(0190224更新).pdf

2019年03月22日(Fri) あなたも出来る被災者支援「知恵を絞るとこんなアイディアが…」〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの于楽です。
サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん---------------

ー被災者支援23年・元気アップ活動事例ー
あなたも出来る被災者支援「知恵を絞るとこんなアイディアが…」

3月ブックレビュー2.jpg


「喜ばれればボランティア。嫌われれば、ただのお節介です」。
20年にもわたってボランティア活動に取り組んできた「ひまわりおじさん」こと荒井勣さんの私的なボランティア論。このような実践を通して気づいた、ボランティアをやるときの心得を、様々な事例を語りながら紹介するのは、荒井さんがまとめたこの一冊です。

阪神・淡路大震災で被害を受けた者でもあったが、困っていた周りの人たちを支えたかったのがきっかけに災害支援活動を始めた荒井さんは、その後、新潟県中越大震災や奄美大島豪雨など多くの災害が起きた時に、東日本大震災の時にも宮城に来ていたように、日本列島のあちこちで被災者へ支援に没頭した姿を見せています。
避難所で温水シャワールームを設置したり、小さなサロンを作って話し相手と憩いの場を提供したりして、また、食器を集めて配るなど、災害に遭った人々に寄り添った活動を続けています。

ボランティアをやっていると、どうしてもいろいろな制限に困ってしまうことに遭遇しますが、限られた時間と資金と人材をどう有効に使って、「喜ばれる」活動ができるかを教えてくれるのは、この一冊に満載した荒井さんの経験です。

ボランティア活動に興味のある方、ぜひ本書を一読して、経験者の知恵を借りて活動を始めてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
編集者・発行:NPOひまわりの夢企画 ひまわりオジサン 荒井 勣
制作:交友プランニングセンター・友月書房
発行日:2017年3月11日(第一刷発行)
----------------------------------------------------------------------

位置情報サポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

ひらめきサポセン在庫書籍一覧(0190224更新).pdf

2019年02月22日(Fri) 遺贈寄付ハンドブック 遺贈寄付を受ける団体や相談を受ける人が知っておきたい大事なこと 〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの宮崎です。
サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します。
今回は「寄付」に関する一冊です。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん---------------

遺贈寄付ハンドブック

遺贈寄付ブックレビュー.jpg

個人の財産を法定相続人以外の人や法人へ譲渡することを「遺贈」といい、「遺言による寄付」「相続財産の寄付」「信託による寄付」を総称して「遺贈寄付」と呼びます。
40歳以上の男女の21%がこの遺贈寄付に関心をよせる中、遺言を作成している人はわずか3.9%。
寄付が実現した例は少ない現状があります。
「遺贈寄付を受けるにはどうしたらいい?なにか必要?」
「どんな団体が受けているの?団体じゃないとだめ?」
「遺贈寄付を行うにはどんな手続きが必要なんだろう?」
「小額でもいいの?」
遺贈寄付にかかわる疑問がこの一冊で解決できます。

本書では、まだあまり知られていない遺贈寄付についての基礎知識や法的ルールなどをとてもわかりやすい言葉で説明しています。

遺贈寄付を受けるNPO等の団体だけでなく、遺贈寄付をしようと考えている個人の方、その周りの方も必読の一冊です。

----------
発行:特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
編集:遺贈寄付推進会議
発行日:2016年3月12日(初版第1刷)
----------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

ひらめきサポセン書籍一覧(0190224更新).pdf

2019年02月02日(Sat) 図書コーナーよりお知らせ〜新着図書が届きました!〜


こんにちは。スタッフの水原です。

1階マチノワひろば図書コーナーに、新着図書が届きました本ぴかぴか(新しい)
NPOの基礎知識やNPO法人立ち上げに役立つ本、まちづくりのヒントになるものや人権について考えさせられる本まで、様々な書籍を取り揃えました。

DSC00593 (640x427).jpg
▲マチノワひろば図書コーナーに並んだ新着図書たちるんるん

ひらめきどんな書籍があるの?ひらめき
こちらでご覧いただけます↓
サポセン書籍一覧.pdf
※赤色が新着図書です。


図書コーナーには閉架図書のリストもあります。なにか書籍をお探しの場合はスタッフまでお気軽にお声がけください。
1度に借りられる図書は2冊まで。貸出期間は2週間です。図書貸出カードをまだお持ちでない方は、身分証明書のご提示でその場で発行できます。
ぜひサポセン図書コーナーをご利用ください。



2019年02月02日(Sat) ごみは宝の山〜サポセンブックレビュー〜


皆さん、こんにちは。スタッフの小山田です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。
さて、今回ご紹介する図書はこちら。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん---------------

ごみは宝の山

ごみは宝の山.jpg

「ごみ学のすすめ」として身近なごみ問題からその本質に迫っている一冊です。
Reduce(発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再生利用)の3Rの視点で、国内外のごみ処理による利活用方法やごみ発電などの最新動向が紹介され、ごみがいかに「宝の山」に変わるかが見えてきます。また消費者の責任として、ごみの発生抑制や再利用を改めて考えさせられます。

本書では鳥取環境大学で取り組んでいる、海ごみに関する研究が紹介されています。漂着しているほとんどのごみがプラスチック類、次いでゴム類、その次が発泡スチロール類だったとあります。


2018年は「海洋プラスチック問題」が度々報道されました。
使い捨てプラスチックがやがて小さな粒子、マイクロプラスチックとなり、環境や生態系に悪影響を与えているという内容でした。
また、他の報道で、スウェーデンでは家庭から出るごみの99%(2013年)がリサイクルされていることから、スウェーデンのリサイクルの様子を紹介した「小学生のための環境学習リサイクルホームページ」(一般社団法人産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター)を知る機会がありました。


本書を読み、ごみ問題に興味を持つことができ、様々な報道が耳に目に入ってくるようになりました。多くの方に、資源や環境を大切にする「循環型社会」を考え直すきっかけの一冊にして頂ければと思います。


-----------------------------------------------
著 者:田中 勝
発 行:環境新聞社
発行日:2015年3月17日 第1版第1刷発行
-----------------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
2018年12月04日(Tue) マンガでわかる!統合失調症 家族の対応編〜サポセンブックレビュー〜


皆さん、こんにちは。スタッフの水原です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。
さて、今回ご紹介する図書はこちら。
サポセンをいつも利用しているNPO法人ソイプラムさんから寄贈いただいた書籍です。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん---------------

マンガでわかる!統合失調症 家族の対応編

12_ブックレビュー.jpg

統合失調症は、幻聴、妄想、幻覚といった症状がある精神疾患です。
幻聴では、当事者が「殺せって声が聞こえるのに!」と訴え、家族は「気のせいだと教えてあげているのに!」などというボタンのかけ違いが起きます。

これを解消するには、家族が当事者の現実を否定しないこと。
それによって当事者は受けとめてもらえたと感じて変わり始めるといいます。

本書には、統合失調症の人の回復力を高める家族の接し方を紹介していますが、家族や周りの人が落ち込んでいる時のヒントにもなる方法が盛り込まれています。
例えば話しかけられた時には、仕事中でも手を休め視線を合わせて相手のほうを向く、楽しい時には楽しい表情で、暗い話には深刻な表情で話を聞く。
当たり前のことですが、家族はわかってくれているという甘えから、つい、ぞんざいな態度を取ってしまったりします。本書を読み終えて、自分の態度を見改めるきっかけにしたいと反省を込めて思う一冊でした。

-----------------------------------------------
マンガ・構成:中村ユキ
原案・監修:高森信子
発   行:日本評論社
発 行 日:2016年11月10日 第1版第1刷発行
-----------------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

2018年11月02日(Fri) 本当の戦争の話をしよう 世界の「対立」を仕切る〜サポセンブックレビュー〜


皆さん、こんにちは。スタッフの橋本です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

本当の戦争の話をしよう
世界の「対立」を仕切る

11_お役立ち本 ブログ.jpg


本当の戦争の話をするから、PKOで日本が果たす役割について一緒に考えよう、と呼びかける本です。

話すのは国連職員や日本政府の一員として、PKOの現場で停戦監視や武装解除をしてきたスーパー実務担当者。でもその経験を、押し付けたりしません。
「現地で悩み、今でも悩んでいる問題」を包み隠さず話し、読者に議論を促します。

著者は「PKOには、軍事力が不可欠」と言います。
さらに「PKOの武力使用基準は先制攻撃も認める方向に変化している。だから日本も派兵するなら、憲法改正を含めた法整備が必要」と指摘します。

一方、紛争予防や戦後復興も、PKOの役割です。
軍事力だけでは対応できない多様な任務が有るのです。
どの国にも得手・不得手が有るのだから、役割分担が求められます。特に最終局面で必要なのは人心掌握、武力行使した国には難しい課題。
こんな時は「日本の『平和国家、野心のない国』と言う立ち位置や経済力が有効」とも指摘します。
平和への貢献方法を、様々な視点で考えさせてくれます。

---------------------------------------
著 者:伊勢崎賢治
発行所:(株)朝日出版社
発行日:2015年1月15日 初版第1刷発行
---------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。

ひらめきこれまでのブックレビューはこちらから→★★★

2018年10月21日(Sun) ファシリテーターの道具箱 〜サポセンブックレビュー〜

皆さん、こんにちは。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

ファシリテーターの道具箱

10_ブックレビュー (453x640).jpg

最近良く耳にするようになった『ファシリテーター』。
その役割は会議やワークショップでの議論を活性化させ、効率的なものにすることです。
と言っても、実行するのは難しいのでは?と思う方も多くいるかもしれません。
本書ではその技法が49個揃っており、1アイテムごとに図解付きの見開きページでわかりやすくまとめられています。
アイスブレイクでのかおじゃんけんや、話の脱線を防ぐパーキングブレーキの設置といった基本的なものから、戦略意識を高める為のSWOT法という上級者向けまで幅広い内容が盛込まれています。
そしてこの“道具箱”は全ての内容を覚えるのではなく、自分にあった道具を5個身に付けることを推奨しており身構えずに読むことのできる一冊になっています。ご興味のある方は是非!

---------------------------------------
著 者:森 時彦
発行所:ダイヤモンド社
発行日:2008年3月31日 第1刷発行
---------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年09月17日(Mon) ポスト・ボランティア論 日常のはざまの人間関係 〜サポセンブックレビュー〜

皆さん、こんにちは。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

ポスト・ボランティア論 日常のはざまの人間関係

ポスト・ボランティア論.jpg


著者の阪神大震災のボランティア経験や複数の事例を通して、ボランティア活動を「する側」だけでなく、それを「受ける側」の視点で書かれた本です。活動の発端は、「受ける側」の「望み」、つまりニーズです。「する側」はそれに応えるため、「受ける側」と対話と試行錯誤を繰り返します。この共同作業が、ボランティア活動の核心です。「ボランティア」を問い直すきっかけとなる一冊です。

---------------------------------------
著 者:原田隆司
発行所:ミネルヴァ書房
発行日:2010年1月17日 初版第1刷発行
---------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。


2018年09月14日(Fri) 自分と世界がハッピーになる!成功する海外ボランティア21のケース 〜サポセンブックレビュー〜

皆さん、こんにちは。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

自分と世界がハッピーになる!成功する海外ボランティア21のケース

201801.png

発展途上国は貧困や環境破壊など多くの問題を抱えており、その改善と解決には他国からの援助が必要です。本書は、現地で支援を行うボランティアの基本を紹介し、さらに21の具体的なボランティアの事例を挙げて、活動の実態や参加の方法、注意点などについて、経験のない人にもわかりやすく解説しています。これから国際協力を始めてみたい人が読んでおきたい一冊です。


---------------------------------------
編 集:「地球の歩き方」編集室(海外ボランティアデスク)
発行所:株式会社ダイヤモンド社
発行日:2013年7月19日 初版発行
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
| 次へ