CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« サポセンスタッフから | Main | サポセン通信「ぱれっと」»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年08月17日(Fri) 「ソーシャルメディア中毒−つながりに溺れる人たち−」〜サポセンブックレビュー〜

こんにちは。スタッフの舞草です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

館内リニューアルに伴い。スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

「ソーシャルメディア中毒−つながりに溺れる人たち−」

1808ぱれっと.jpg

最近、「ネット依存」や「ネットいじめ」という言葉をよく耳にしませんか?
厚生労働省の調査によると、全国でネット依存の可能性がある人は421万人、中高生は51万8千人といわれています。特に、若年層に多いのがSNSへの依存です。SNSは友人、知人間でのコミュニケーションツールとして、また趣味や居住地域など共通点を持つ者同士のつながりとして人間関係を構築できるネットワーキングサービスです。SNSが普及したことで情報交換をしやすくなり、コミュニティも広がりましたが、「つながりたい」という社会的欲求や「他人に認められたい」という承認欲求がエスカレートしたことにより、依存やいじめなどのトラブルに繋がると筆者は語ります。本書では、若者を取り巻くSNSの現状を、「LINEいじめの中学生」、「出会い系被害と発信型の高校生」などと表現し、実際の事件を例に挙げて危険性を解き明かしています。
SNSの実態を知り、そこから遠ざかるのではなく、どう向き合い上手く付き合っていくかを考えさせられる1冊です。「ネット依存」という言葉にドキっとした方、SNSの世界に少し疲れてきた方、ぜひ本書を読んでみてください。

---------------------------------------
著 者:高橋暁子
発行者:中村晃一
発 行:株式会社 幻冬舎エデュケーション
発行日:2014年12月5日第1刷発行
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。

2018年07月20日(Fri) 2枚目の名刺 未来を変える働き方 〜サポセンブックレビュー〜

サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

2枚目の名刺 未来を変える働き方

6_お役立ち本.jpg

著者が提案するのは、会社に居場所を残したまま、自分の可能性を広げる新たな活動・仕事を持つこと。「2枚目の名刺」を持つことで。どんな人生が広がっていくのか。本気で「2枚目の名刺」をつくって活動を始めれば、本業も面白くなってくるし、思わぬ力を発揮していけることを、いくつもの事例を上げ紹介しています。若者からシニア世代まで、新たな可能性を広げチャレンジしたい方はぜひ一読を。

---------------------------------------
著 者:米倉誠一郎
発行者:鈴木哲
発行所:株式会社 講談社
発行日:2015年5月20日第1刷発行
---------------------------------------

ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年06月23日(Sat) アートプロジェクトのつくりかた〜サポセンブックレビュー〜


サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナーなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます!

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

アートプロジェクトのつくりかた

20180122155722_00001.jpg

芸術によって地域活性化を図る“アートプロジェクト”のつくり方を例に、組織運営、資金繰りなどプロジェクトの進め方がまとめられています。「こんなときどうすればいいのか」をすぐに探し、確認することが出来ます。これからプロジェクトを始めようと思った方が、まず必要な事は何なのかを知る参考書としてオススメです。

---------------------------------------
監 修:森司
編 著:坂本有理、佐藤李青、大内伸輔、芦部玲奈
発行所:フィルムアート社
発行日:2015年3月
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年06月19日(Tue) 「岩手・宮城内陸地震から10年がたちました」〜マチノワひろばにて資料を展示中〜


皆さん、こんにちは。
サポセンスタッフの水原です。
昨日の大阪北部地震、驚きました。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

さて現在、1階の「マチノワひろば」にて、2008年6月14日に発生した「岩手・宮城内陸地震」の資料を展示しております本
あの地震から10年がたちました。サポセンで保管している図書や新聞の切り抜きを展示しています。当時の新聞記事には、ボランティアや市民活動団体が活発に支援をしている様子が記録されています。
また、6月は宮城県沖地震が発生した月でもあります。皆さんと減災・防災の意識を新たに、当時の記録を振り返ってみたいと思います。

DSCF3039 (640x480).jpg
▲マチノワひろば、図書展示コーナー展示の様子

場所:仙台市市民活動サポートセンター 1階 マチノワひろば
日時:2018年6月6日(水)〜30日(土)
開館時間 9:00-22:00(月-土)/9:00-18:00(日・祝日)休館日: 第2・4水曜日
2018年06月15日(Fri) 都市をたたむ―人口減少時代をデザインする都市計画― 〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの鈴木です。
サポセン図書コーナーからオススメの1冊をご紹介します。

館内リニューアルに伴い。スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。


--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

都市をたたむ―人口減少時代をデザインする都市計画―

book_8.png

人口増加に伴い拡大を続けてきた都市が、人口減少に転じたことで空家などの空洞が生じてきています。本書では小さな空洞を抱える都市をスポンジに例えています。都市をいかにたたんでいくかが未来の課題です。縮小する都市の“ポジティブな未来”を考察する新時代の都市論、サポセンで7月開催した「マチノワラボVOL.2」のゲストの著書です。参加できなかった方にもオススメの一冊です。

---------------------------------------
著 者:饗庭伸
発行者:平田勝
発 行:花伝社
発行日:2015年12月10日初版第1刷
    2017年 2月15日初版第 6刷
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年05月29日(Tue) 世界を巻き込む。誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの嶋村です。
サポセン館内がリニューアルして、スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、
引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

世界を巻き込む。
誰も思いつかなかった「しくみ」で問題を解決するコペルニクの挑戦

12_お役立ち本.jpg

西アフリカのシエラレオネで活動しているNPO法人コペルニクは、世界の貧困問題を減らすために活動しています。飛び地や遠隔地のインフラが整わない地域「ラストマイル」に住む人々は、輸送費が原因で物価が高く貧困から抜け出せません。物資を作る企業や現地のNGOと連携し、貧困からの自立を促す挑戦をしています。要支援者が自ら問題を解決する支援の仕組みづくりを知ることができます。

---------------------------------------
著 者:中村 俊裕
発行所:ダイヤモンド社
発行日:2014年2月
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年05月26日(Sat) エコラの日々と仲間たち 〜サポセンブックレビュー〜

サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナーなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

エコラの日々と仲間たち

20180326160247_00001.jpg

1991年から仙台で活動する環境NPO「ACT53仙台」のメンバーが紡ぐ環境エッセー集。メンバーそれぞれが暮らしの中で感じたこと、考えたこと、実践していることがありのままに書かれていて、グリーンコンシューマー(環境に配慮した生活者)としてのACT(行動)の参考になります。「小さなことでもいい。できるところから」と背中を押してくれます。

---------------------------------------
著 者・発行:ACT53仙台
発行日:2018年2月
制作・協力:一般社団法人アート・インクルージョン
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年05月20日(Sun) 企業人とシニアのための市民活動入門 〜サポセンブックレビュー〜

サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナーなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

企業人とシニアのための市民活動入門

07_book.jpg

ボランティアに興味があっても、「私に出来る?何をすれば良い?」という不安が実際の行動にブレーキをかけてしまう。そんな人のために、本書は、「ボランティアは自発的活動なので、好きな時に好きなことや得意なことで活動すれば良い」と背中を押してくれます。「仕事で得た技は、ボランティアにも生きる」とアドバイスします。ボランティアを始めようとしているすべての方にオススメです。

---------------------------------------
著 者:早瀬昇
発行所:社会福祉法人 大阪ボランティア協会
発行日:2005年12月第1版第1刷発行
    2005年12月第1版第2刷発行
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2018年04月14日(Sat) 市民の仕事術I<市民のネットワーキング>サポセンブックレビュー


サポセン館内がリニューアルして、利用者のみなさんから「図書コーナなくなったの?」と聞かれることがよくあります。
安心してください。ございます。

スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。
さて、今回ご紹介する図書はこちらです!

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん----------------

市民のネットワーキング
市民の仕事術I

09_市民のN.jpg

NPOなどが「社会をもっと良くしたい」と行動を持続させ成果を出すためには、周囲の理解や賛同、協力を得ることが重要です。
少人数でも、その考え方や発言が力を得て、影響力を発揮していくには、意見や立場が違う人を排除しないで、異質な人ともつながることが必要になってきます。
NPOの先駆者と言われた著者が、自身のネットワーキングのつくり方の知恵や工夫を「技術」や「方法」として伝えます。

---------------------------------------
著 者:加藤哲夫
発行者:大泉浩一
発行所:一般社団法人メディアデザイン
発行日:2011年6月30日第1刷
---------------------------------------


ひらめきサポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
2017年08月15日(Tue) 私たちの生活が、戦争を防ぐ?!〜サポセンブックレビュー〜

2015年6月のブックレビューから改めてご紹介します。

サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
るんるんサポセンブックレビューるんるん


戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
book_ぱれっと6.jpg

「世界が平和であることを望むのなら、そうなるための努力をそれぞれが日常の中でしていかなくてはいけないと思う」。2003年3月、アメリカ軍のイラク攻撃が開始された直後に、人気ミュージシャン桜井和寿(さくらい かずとし)さんが世界に配信したメッセージです。この言葉に共鳴した人たちが動き出し、生まれたのがこの本です。

戦争を引き起こす動機として挙げられる「お金」「エネルギー」「軍需」。
これらは私たちの生活と無縁ではありません。私たちの生活が、戦争にどのように関係しているかを知ることは、戦いをしないですむ世界をつくるための一歩になります。
たとえば、普段なんとなく見ている新聞やテレビから、真実を読み解くためのヒントを見つけ出す方法。、暮らしの中にフェアトレード商品を取り入れることが、実は戦争をさせない「力」となること。戦争を防ぐために普段の生活でできる30の方法が掲載されています。

今、こうしている間にも世界のどこかで紛争や内戦が起き、尊い命がなくなっています。平和との付き合い方を探りながら、自分ができることはなにか…。考えるきっかけになる一冊です。
////////////////////////////////////////////////////////////
著 者:平和をつくる17人
発行者:上野良治
発行日:2003年8月15日 第1刷発行
    2003年11月20日 第3刷発行

本 サポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。
| 次へ