CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 仙台市からの情報 | Main | 【3.11】復興支援活動団体紹介シートより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年05月23日(Thu) 6月9日(日)公開!〜土屋トカチ監督作品『コンビニの秘密』上映会〜

こんにちは。スタッフの小林です。
労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)からのお知らせです。

===============

土屋トカチ監督作品

『コンビニの秘密』上映会


===============

●日時:2019年6月9日(日)13:00〜16:00
●会場:仙台市市民活動サポートセンター
(仙台市青葉区一番町4丁目1−3)
●主催: 労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)

konbini_s.jpg

土屋トカチ監督作品『コンビニの秘密』の上映会を行います。

以下作品紹介ページから内容の引用です。

日本全国で約5万5000店が営業するコンビニエンス・ストア。365日24時間営業の店舗が提供するサービスは、いまや私たちの日々の暮らしを支える「社会のインフラ」ともいわれています。
しかし、その一方で、加盟店に負担を強いるフランチャイズ契約、オーナー・アルバイトの長時間労働、見切り販売ができにくいため起こる大量の食品廃棄といった問題も指摘されています。便利さ・快適さの裏で、私たちが失ってしまっているものとは?
コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

電話<労働者サークル WorKafe (ワーカフェ)>
Facebookはこちら→★☆★
WorKafeは「仕事の悩みを打ち明けて、共有し、解決への橋渡しをする」をコンセプトに活動している労働者のための団体です。現在は会社員、主婦、大学生が参加しています。
2019年05月18日(Sat) 9/1(日)まで開催中!〜やまなみ工房絵画展〜

にしぴりかの美術館からお知らせが届きました。

====================

これをすることで、私は幸せである。

〜滋賀県やまなみ工房の、世界が認める歩み〜

====================

開催期間:5/11〜9/1
開館時間:11:00〜17:30 木曜休館
会場:にしぴりかの美術館
入場無料

df652584d4fbeb436c835f6ce2f9fc02-721x1024.jpg

やまなみ工房の個人が生かされた表現作品は、国内はもとより海外でも大変高く評価されている日本を代表するアールブリュットです。今回は、その80を超える作家の中から10名を選び60点をお借りしました。その溢れる「個人の自由な生き様」「現代美術としての魅力」に感動していただけたら嬉しく思います。

電話問い合わせ先
にしぴりかの美術館
〒981-3621
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
特定非営利活動法人 黒川こころの応援団内
代表 小野田豊
Mobile 070-5011-0028
FAX 022-343-7077
Mail info☆nisipirica.com(☆を@に変えて)

====================

ちなみに
関連企画:「地蔵とリビドー」上映会も開催されます。
開催日:6月1日(土)15:40〜16:45(15:30受付)
会場:にしぴりかの美術館
上映協力金:1000円

やまなみ工房イチオシの、このドキュメンタリー映画は
世界のやまなみ工房の日常を描きとっています。
普通の人が普通に表現する事のモノスゴサを感じ取れる映画だと思います。
お時間のある方は是非お立ち寄りくださいexclamation×2
2019年05月16日(Thu) 今年も始まります!とっておきの音楽祭2019

こんにちは。スタッフの小林です。

NPO法人とっておきの音楽祭から、
イベントのお知らせをいただきました!

=========================

6 / 2(日)開催!

< 第19回とっておきの音楽祭 >

VERY SPECIAL MUSIC FESTIVAL

=========================

とっておきの音楽祭は、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、
音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。

○VERY SPECIAL
       「とっておきの」とは、VERY SPECIAL(ベリー・スペシャル)の訳です。
       一人一人がかけがえのない存在であり、
       音楽のチカラであらゆる個性が輝いてほしいという強い願いが込められています。
○音が笑う街
       誰かとつながれば心が楽しくなり音が笑い、それが街に満ちれば
       さらに心がつながります。
       とっておきの音楽祭と共に、みんなで一緒に「音が笑う街」を創っていきましょう!
〇街がステージ
       心のバリアだけではなく建物のバリアも取り払うため、
       ステージは商店街公園ビル前など、ほとんどが屋外です。
〇合言葉「みんなちがってみんないい」
       姿かたちも生き方も考え方もみんなそれぞれ違います。
       違うことをお互いに認め合い、尊重することが、心のバリアフリーにつながります。
       とっておきの音楽祭では大切な合言葉になっています。

2019.jpg

●開催日:2019年6月2日(日)午前10時〜午後5時(予定)
●ストリート:34ステージ 352グループ参加 
       仙台市市民広場/定禅寺通り/勾当台公園/元鍛冶丁公園
       一番町四丁目商店街/ぶらんど〜む一番町商店街
       サンモール一番町商店街/クリスロード商店街/本町スクエア
       仙台駅周辺など
       会場共催 せんだいメディアテーク
●フィナーレ:午後5時30分〜午後7時(予定) 仙台市市民広場
       障害のある人もない人も多彩な共演をする音楽祭のメインイベント。
       ラストは音楽祭テーマソング「オハイエ」で
       ステージも観客もさらにひとつとなります。

主催:NPO法人とっておきの音楽祭

電話 運営
とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI
TEL&FAX:022-265-0980
MAIL:info☆totteokino-ongakusai.jp(☆を@に変えて)
HP:http://totteokino-ongakusai.jp/
2019年05月12日(Sun) 6/6(木)開催「NPO・市民活動団体のための会計初級講座」


みやぎNPOプラザからお知らせが届きました

6月6日(木)にみやぎNPOプラザで開催される、
「NPO・市民活動団体のための会計初級講座」のご案内です。
この講座では、会計の考え方から、伝票の整理方法、帳簿の付け方のポイントなど、
会計・経理担当者が最低限知っておきたい会計の基礎知識を学ぶことができます。

詳細は次のとおりです。

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

平成31年度

みやぎNPOプラザ会計・税務講座

NPO・市民活動団体のための会計初級講座


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

NPOは会費、寄付金、助成金など、活動を応援してくれる人々のお金を扱うことが多く、
その分きちんとお金の管理をする必要があります。
しかしながら、
「基本的な知識がないまま会計・経理担当となった」
「前任者が辞めて急きょ経理を任された」
「自己流でやっているが正しいのか不安」
NPOにとってこのようなケースは多いのではないでしょうか。

この講座では、会計の考え方から、伝票の整理方法、帳簿の付け方のポイントなど、
会計・経理担当者が最低限知っておきたい会計の基礎知識を学びます。
この機会に適切な会計処理の効果についても理解を深めましょう!
※具体的な決算書の作成方法、税務処理については本講座では取り扱いません。

内容をお知りになりたい方はみやぎNPOプラザまでお問合せ下さい。
講座チラシはこちら→☆★☆

◆日 時:2019年6月6日(木) 13:30〜16:30
◆場 所:みやぎNPOプラザ 第2会議室
◆内 容:会計業務の流れ、帳簿の付け方のポイント、伝票整理の方法 など
◆講 師:小野恵子さん(会計サポーター)
◆対 象:NPO・市民活動団体の会計初任者、これから会計を担当される方、再確認したい方など
◆定 員:20名(申込先着順)
◆参加費:1,000円(税込)
◆持ち物:筆記用具・電卓
◆主 催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
◆企画実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

==============================================
◆申込方法:(1)(2)どちらかの方法でお申し込みをお願いいたします。

(1)添付の申込書、またはみやぎNPO情報ネットから申込用紙をダウンロードの上、
みやぎNPOプラザまでメール、FAXでご送付いただく。
申込書→☆★☆
みやぎNPO情報ネットはこちら→☆★☆


(2)下記お申込事項をご入力の上、メールでお申込みいただく。
≪お申込みフォーム≫
・団体名 
・参加者名
・団体内での役割
・TEL
・FAX

申込み先→npo☆miyagi-npo.gr.jp(担当:丹野 伶菜)
(☆を@に変えてメールしてください)

お忙しい時期とは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
人気の講座ですので、お早めにお申込みください。
どうぞよろしくお願い致します。
==============================================

電話お申込・問い合せ
みやぎNPOプラザ
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail:npo☆miyagi-npo.gr.jp(担当:丹野 伶菜)
(☆を@に変えてメールしてください)

〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
平日 9:30〜21:30/日・祝 9:30〜17:30
休館日 月曜日、12/29〜1/3
2019年04月28日(Sun) 5月12日〜看護の日〜

こんにちは。
スタッフの小林です。

暖かくなってきた晴れと思ったら急に冷え込んだり雨体調管理が難しい季節ですね。
みなさん、看護の日って知っていますか?

=========================かわいい

看護の心をみんなの心に

5 / 11・12 開催!看護週間行事

< 看護のひろば2019 >


かわいい=========================

[ 看護週間とは ]
近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日である5月12日を、
厚生労働省は「看護の日」として、1990年に制定されました。
また、その日を含む週の日曜日から土曜日までが、看護週間です。

看護週間にちなんで「看護のひろば2019」を県内7ヶ所で開催します!
全国各地でこの日を中心にした「看護週間」の行事が行われますが、宮城県では、県内7ヵ所にて、県民の方を対象に、健康チェックや健康相談、介護相談等を行います。
みなさま、ぜひお立ち寄りください。

●日時:
2019年5月11日(土)12:00〜15:00 (県内6ヵ所)
2019年5月12日(日)10:00〜15:00 (気仙沼市のみ)

●会場:
@仙台市  アエル2階アトリウム
A大河原町 フォルテ大河原店 第一アトリウム
B名取市  イオンモール名取 2階エアリコート
C大崎市  イオン古川店
D石巻市  イオンスーパーセンター石巻東店
E登米市  イオンタウン佐沼
F気仙沼市 気仙沼市立図書館

主催:宮城県・宮城県医師会・宮城県看護協会

=========================

電話お問い合わせ先
宮城県看護協会
〒980-0871 宮城県仙台市青葉区八幡二丁目10番19号
TEL: 022-273-3923 022-275-3205
FAX: 022-276-4724
2019年04月27日(Sat) 5/12開催<第34回東北大学国際祭り>世界各国から2000人の留学生


こんにちは。
スタッフの于楽(う らく)です。

新年度が始まりましたねるんるん
毎年仙台にはたくさんの外国人が留学のために集まってきます。
今年も世界各国から2000人を超える留学生が東北大学にやって来ましたexclamation×2

5月12日(日)に東北大学留学生協会(TUFSA)主催の東北大学国際祭りが開催されます。

出身を異にしている留学生たちが主体となって実施する
国際交流イベントの詳細は以下の通りです。

=========================================ビール

第34回東北大学国際祭り


34th TOHOKU UNIVERSITY INTERNATIONAL FESTIVAL:

Harmony Through Diversity


ビール=========================================

国際祭り.jpg

今回で34回目となる伝統のある東北大学国際祭り。
今年のテーマは「Harmony Through Diversity」です音楽
宮城や東北から多くの人が集い、
幸せを肌で感じることが出来る、本当の自分をさらけ出す、
そんな場所を提供します。

22ヵ国の屋台に加え、ステージでは各国の民族衣装のファッションショー、
留学生による民族舞踊などのパフォーマンス、
さらに世界の文化が学べる交流コーナーなどが楽しめます。

●日時:2019年5月12日(日)11:00〜16:30
●場所:東北大学川内キャンパス 百周年記念会館川内萩ホール前広場
(地下鉄東西線 川内駅から徒歩5分)
●対象:どなたでも
●入場料:無料
●食事券:3食分1200円(4月27日まで)
     3食分1500円(4月28日以降)
     食事券はオンラインで購入できます。詳しくはイベントページをご覧ください。
●主催:東北大学留学生協会(TUFSA)

ひらめきイベントのボランティアも募集しています
留学生たちと一緒に活動できる貴重な機会になるので、ぜひご検討ください。
応募は、イベントページの応募フォームでお願いします。

=========================

電話問い合わせ・連絡先
東北大学留学生協会(TUFSA)
〒981−0935 仙台市青葉区三条町19−1 TUFSA事務室
https://www.tufsa.net/


東北大学国際祭りに参加し、
彼らの母国の文化に触れてみませんかぴかぴか(新しい)
2019年04月25日(Thu) 4/27(土)・28(日)開催!〜第152回定禅寺チャリティーストリートライヴ〜


こんにちは。
スタッフの小林です。

大型連休で各地でのイベントも盛り沢山予定されていますが、
身近な仙台市内のイベント情報のご案内ですかわいいるんるん

=========================================

震災に負けるな、がんばろう東北!

第152回定禅寺チャリティーストリートライヴ


=========================================

路上コンサートを開催します。震災被災地と市民手作りの音楽祭
(ジャズフェス、とっておきの音楽祭、ゴスペルフェス)を支援するために開催しております。

この路上コンサートは、4月28日(日)にも同じ時間、同じ場所で開催致します。
皆様のご来場をお待ちしております。


●日時:4月27(土)・28(日)12:00〜17:00
●場所:定禅寺通り・シンボルロード夏の思い出像前
●内容:チャリティーストリートライヴ
    12:00〜12:30 HAPPY(ゴスペル)
    12:45〜13:15 竹内祐介(弾き語り)
    13:30〜14:00 Swing Bird(Jazz、Pops)
    14:15〜14:45 千葉春秀(BossaNova、Jazz)
    15:00〜15:30 杜Lemonnote Band(Big Band、Jazz)
    15:45〜16:15 デエラ哲也(弾き語り)
    16:30〜17:00 カリエンテ・ソロ(Jazz)

●対象:どなたでもご自由にご来場下さい。
●参加費:無料
●主催:定禅寺チャリティーストリートライヴ実行委員会
●共催:ハロー定禅寺村

晴れもしよろしかったら、カンパにご協力をお願い致します。
皆様から寄せていただいたお金は、半分は河北新報社を通して震災被災地への義援金に、
半分は、市民手作りの音楽祭の各実行委員会へ寄付(協賛)させていただきます。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

=========================

電話ご連絡先
定禅寺チャリティーストリートライヴ実行委員会
代表:岡崎秀明
TEL・FAX:022-796-1801
2019年04月12日(Fri) 5/12開催!みんなのマルシェ〜販売からフードバンクまで〜


こんにちは。スタッフの小林です。

NPO法人ふうどばんく東北AGAINから
マルシェのお知らせがとどきましたぴかぴか(新しい)

以下、概要です。
====================かわいい

Atelier Jina と AGAIN が お届けする
第4回 みんなのマルシェ

楽しく 美味しく ちょっと人のため

かわいい====================

日時:2019年5月12日 10:00〜15:00
場所:ふうどばんく東北AGAIN(ヤマザワ成田店さん向かい)
内容:
○素敵なカフェやハンドメイド雑貨、楽しいワークショップや子どもさんが遊べるキッズスペースなど、盛り沢山でお待ちしています。お気軽にお立ち寄りください!

○生活困窮の方にお届けする食べ物を集めるフードBOXも当日設置します!
 レトルト食品や缶詰など、1カ月以上の賞味期限があるものを是非お持ちください!

○巻き寿司大使、わたり先生による10メートルのロング巻き寿司作りにも挑戦!
(参加には予約が必要です。お電話、メール、SNSなどからご連絡ください。)

[ 協力 ] 石窯パン工房pensee富谷本店、一般社団法人アート・インクルージョン
[ 後援 ] 富谷市
[ 共催 ] Atelier Jina、NPO法人ふうどばんく東北AGAIN

電話お問合せ、ご連絡先
work.space.jina★gmail(★をgに変えて)
Instagram @minnano.mar2018
NPO法人ふうどばんく東北AGAIN(あがいん)事務局
〒981-3341 宮城県富谷市成田8丁目1−1
※事務局営業時間 平日9:00〜18:00
TEL 022-779-7150
FAX 022-774-1410
2019年04月09日(Tue) 外見では分からない障害や病気に気付いて<ヘルプカード>支え合い助け合いができる世の中に


こんにちはぴかぴか(新しい)スタッフの小林です。

みなさん、ヘルプマークはご存知ですか?

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、
外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、
周囲の方にそのことを知らせることで、援助を得やすくなるよう、
東京都福祉保健局が作成したマークです。

ヘルプマーク.jpg
▲ヘルプマークは樹脂製のストラップ型で、かばんなどにぶら下げている方が多いです。
(画像:東京都福祉保健局より転用)


今回、宮城県立光明支援学校から
ヘルプマークとヘルプカードについて知ってもらおうとご案内をいただきましたかわいい

以下、ご案内です。
===============

ヘルプカードとは、災害時やお子さんが行方不明などの緊急を要する際に、
周囲の方にお子さんの情報を提供することで、
その後の対応がスムーズに受けられるようにすることを目的として作成されたものです。

「このような時のために」
@緊急時にHELP!→パニックや病気になった時
A災害時に→災害時の避難場所など、普段いる場所とは異なる所にいる時
B日常的に→特別な状況でなくても、支援が必要な場面で・・・

ヘルプマークは、キーホルダーに付けたり、
ネームホルダーに入れたりしながら持ち歩いています。
子どもの様子を見て“あれっ?”と思った時は、ヘルプカードを探してみてください。
見つけた後は、ヘルプカードに記載してある対応をお願いいたします。

ヘルプカード.jpg
▲クレジットカードと同じ大きさで、中面に病気や障害の内容や緊急連絡先、
かかりつけ医療機関などが記載されています。

ヘルプマーク・ヘルプカードの認知は、まだまだ低いのが現状です。
子どもたちが安心して過ごせるよう、皆さまのご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

電話宮城県立光明支援学校 本校舎
〒981-3213 仙台市泉区南中山5丁目1番1号
TEL : 022-379-6555 FAX : 022-379-6557

===============

地域・社会のみんなが身体、知的、精神に障害のある方、難病患者の方などの存在に気がつくことができるようになるとともに、困っている方が緊急時や災害時などに手助けをお願いしやすくなるといいですねるんるん
2019年03月25日(Mon) 4月7日開催 映画「お百姓さんになりたい」劇場先行上映会と監督対談


こんにちは。スタッフの宮崎です。

NPO法人黒川こころの応援団よりイベントの情報を提供いただきました。
ありがとうございます。
共生社会を目指す人を追ったドキュメンタリー映画の上映会です映画ぴかぴか(新しい)
同日は、テーマをそろえた企画展示も楽しめます。

以下概要です。

原村政樹監督作品
---------------------------------------------------------------------------
ドキュメンタリー映画「お百姓さんになりたい」劇場先行上映 監督対談
---------------------------------------------------------------------------


■日程:2019年4月7日(日) 13:15〜16:45
上映13:15〜
対談15:15〜
原村政樹監督&宇野学

■会場:にしぴりかの美術館(宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47)
■上映協力金:1,000円/人
■主催・問合せ:
にしぴりかの美術館
HP:https://m-kissa.com/museum/
info☆nisipirica.com(☆を@に変えて送信)
FAX:022-343-7077

競争社会から共生社会へ。
映画は、誰もが生き生き暮らせる地域作りを目指す明石農園の明石誠一さんを追います。そこには効率重視の現代社会を乗り越える、いのちを育む『農』の神髄が輝いていました。

対談は原村政樹監督と本展企画展示の<造形教室>スタッフ宇野学さん。
土を耕す自然農法の映画を、なぜ精神科病院内アトリエの展示で上映するのか。耕す=cultureというテーマは安彦先生がずいぶん昔から語っており、宇野さん自身も個人的に自然農法に関心を持っている。というところから、面白い話が聞けそうです。



| 次へ