CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 仙台市からの情報 | Main | 【3.11】復興支援活動団体紹介シートより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年11月23日(Thu) 12月3日開催 高砂サローネ×平日フェス!コラボ事業 Winter Fes開催のお知らせ

平日フェス実行委員会より、
12月3日(日)高砂市民センターで開催するイベント情報を頂きました。

以下、概要です。

----------------------------------------------------
高砂サローネ×平日フェス!コラボ事業
12/3開催<Winter Fes ウィンター・フェス>
(平成29年度宮城野区まちづくり活動助成事業)
--------------------------------------------------


<入場無料>
楽しいキッズコーナーや小学生以下先着100名様へプレゼントもあるよるんるん
〜ご家族でのご参加をお待ちしています!〜

●日時:12月3日(日) 13:00〜16:30(開場12:30)
●会場:高砂市民センター(仙台市宮城野区高砂1-24-9)
●JR仙石線 陸前高砂駅下車 徒歩10分
※公共交通機関および近隣有料駐車場のご利用にご協力ください。
(施設内の駐車スペースはご利用いただけません)

<「オト」のぬくもりステージパフォーマンス>
○出演アーティスト
13:10− みちのく仙台ORI☆姫隊
13:50− 伊東 洋平 Winter Live!
14:35− 高砂もりあげ隊
14:55− ブラジルのリズムが会場をひとつに 齋藤 寛 Special Band
15:30− 清貴 ライブフィナーレfeat. 岡田合唱団
16:30− フィナーレのお楽しみ! 小学生以下先着100名様へ小さなプレゼントぴかぴか(新しい)(出入口にて)

<イベント&ブース>
○カフェ・コーナー
 コッペ すまいる作業所
○冬のナチュラルスキンケアコーナー
 アーダブレーン
○雑貨・小物
 アマニ・ヤ・アフリカ 
 編み会・縫い会 
 ちょこっとはぎれの会
○美味しい食材紹介
 あいコープみやぎ

<キッズスペース>
○授乳室&お休み処 ご用意しています!
○楽しいキッズコーナー
 すんぷちょ

<復興交流展示コーナー>
○3.11オモイデアーカイブ
 未来に伝えたい中野・岡田の会
○高砂市民センター
 「高橋 親夫 写真展」

<協賛募集>
 平日フェスを応援してくださる個人および団体・企業を募集しております。
 ◆個人:一口1000円 ◆団体・企業:一口3000円
[賛同特典]
 ◆Informationコーナーでの配布物頒布
 ◆平日フェス公式Facebookページ・パンフレットへのお名前、団体名の掲載等
  (匿名でのご賛同も可能です)

<主催・お問い合わせ>
平日フェス実行委員会 TEL:080-2773-0181(9:00〜18:00砂子)
[仙台ひと・まち交流財団] 仙台市高砂市民センター TEL:022-258-1010
MAIL:heijitsu.fes☆gmail.com  (☆を@に変換)
WEB:☆☆☆
<共催>
高砂第一 / 第二 / 第三地区民生委員児童委員協議会 いちごの会 i-くさのねプロジェクト
2017年11月16日(Thu) 学生の方へ! <大学生活のすごし方セミナー>のお知らせ

学生の皆さん、学校やアルバイト以外の、新しい経験をしたいと思ったことはありませんかexclamation&question
「大学生活のすごし方セミナー」2017秋実行委員会より、イベント情報をいただきました。

以下、概要です。

------------------------------------
大学生活のすごし方セミナー2017秋
------------------------------------


最近は学校と家の往復だけ・・・
バイトはけっこう頑張れてるけど・・・
しっくりくるサークルにまだ入れていない・・・

そんな日常を変えたいあなたに、ぜひ来てほしいexclamation

ホンモノの活動で自分を変えた先輩たちと交流することで
「この先輩みたいになれたらいいな」
「自分も何かやってみよう」
いつもより少し熱い気持ちになれる
そんなきっかけづくりのセミナーです。

新しいアクションを起こすチャンス手(グー)
この2時間があなたの大学生活のターニングポイントになるexclamation×2


○日時
2017年11月27日(月) 19:00〜21:00
2017年11月30日(木) 19:00〜21:00

○会場
あしなが育英会仙台レインボーハウス

○費用
無料

○参加団体
アイセック仙台委員会
一般社団法人ワカツク
一般社団法人復興応援団
海外ビジネス武者修行プログラム
一般社団法人MAKOTO

詳しくはコチラをご覧ください。
2017年11月11日(Sat) 11月29日説明会開催 第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展 学生ボランティア募集説明会のお知らせ

ヒロシマ「 」継ぐ展 実行委員会は戦後70年の2015年から、若い世代が平和について考え、自分にとっての次世代に何を継ぐべきかを考える企画展や場作りに取り組んでいます。
広島、東京、神奈川で展開してきた企画展を仙台で開催するための、学生ボランティア募集説明会の情報をいただきました。

以下、概要です。

-------------------------------------------------------------------------------------
<第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展>
11/29(水)Vol.04 2018年仙台開催における[学生ボランティア募集説明会開催
-------------------------------------------------------------------------------------


〜若い世代や親子連れに向けた企画展〜
平和学習の場所づくりに興味がある人集まれ!

30代のクリエイター、アーティストが中心となり立ち上げた企画展です。
特に若い世代に向けて、ヒロシマをきっかけに戦争平和について考える場所をつくることを目的としています。企画展タイトル名の「 」には、情報を受け取るだけでなく、自ら意志を持って過去の出来事を学び、聞き、考えて、自分なりの答えを入れてほしいという思いをこめています。
*過去の開催の様子はこちらから→☆☆☆


日時:2017年11月29日(水)
場所:仙台市市民活動サポートセンター 研修室1
   仙台市青葉区一番町四丁目1-3
時間:19:00〜21:00
主催:ヒロシマ「」継ぐ展 実行委員会
   

●SPEAKER:ヒロシマ「」継ぐ展 実行委員会代表 久保田涼子
 広島県広島市出身。「ワクワクするモノ・時間・場所を生み出す」をテーマ
 に、もの創りを行うフリーランスクリエイター。

<お申し込み・お問い合わせ>
応募フォームから!→https://goo.gl/forms/tN7XmUU5sJWFgybG3
*電話でのお問い合わせ→080-1916-8638
2017年11月09日(Thu) 11月19日〆切 寄付先募集中!<2017子ども駄菓子屋プロジェクト>

0歳から親世代までを対象にした、子どもの学びや子育て支援、人財育成プランの普及啓発活動を進めている、NPO法人Synapse40より、寄付金応募団体の情報を頂きました。

以下、概要です。

-----------------------------------------------------
誰もやらない「2017子ども駄菓子屋プロジェクト」
寄付金応募団体エントリー
-----------------------------------------------------


「子ども駄菓子屋プロジェクト」では、小学 4〜6 年生までを対象として、仲間づくりや困難から乗り越えるスキルを仲間と体験し、大人から子どもまでが共感できる駄菓子屋の経営を通して社会のしくみを体験活動します。
さらに、社会の一員として、身近な社会の問題に触れ、自分たちが汗を流して得た売上金を自分たちが選んだ事業展開で困っている団体等への寄附行為を行い、自己有用感や自己肯定感を高め、自尊感情を醸成しながら子どもの時から社会貢献をする意義を学ぶ市民性を育成するプロジェクトです。

○対象となる事業
2017 年は、主に大崎市内及び大崎地区並びに宮城県内で震災の支援が薄い内陸部の市町村に事務所等を設置する団体等(NPO・町内会・サークル・学校等)が、営利を目的とせずに、地域や社会の課題解決のために単独または団体同士が協力して行う事業とします。

○応募エントリーの要件
以下のすべてに該当することが必要です。
・継続した活動を行う団体・組織または連携した団体であること。
・申請した事業を適切に実施できる能力を持った団体であること。
・政治活動・宗教活動を目的とした団体ではないこと。
・暴力団もしくはその構成員の統制の下にないこと。その他法令,公序良俗に違反する行いがないこと。

○寄附金総額
10 万円 (事業の内容によって複数団体に分配して贈呈する場合もあります。)

○対象となる期間
2017 年 1 月 1 日 〜 2017 年 6 月 30 日
※現在継続中又は対象となる期間中に事業を開始し,期間中に終了する社会貢献事業に対して寄附を行います。

詳しくはコチラをご覧ください。
2017年10月28日(Sat) 11/3開催<おやこフェス>入場無料!〜未就学児とママ、パパのためのパンと珈琲と音楽とマルシェ〜

おやこフェス実行委員会より、11月の秋空にぴったりな
ゆっくりほっこりとした雰囲気の親子イベントのお知らせをいただきましたかわいい

以下、概要になります。

==================================
未就学児とママ、パパのためのパンと珈琲と音楽とマルシェ
おやこフェス
==================================


育児の合間に、ゆっくりほっこり美味しいものと癒しのワークで一息充電の時間。

ご希望者は、託児をご利用頂けます。利用時間は、最大60分となります。
たくさんの方にご利用頂けるよう、ご理解とご協力をお願い致します。

●日時:2017年11月3日(金)文化の日
    9:30開場 10:00〜15:00

●会場:泉第2チェリーこども園

●ステージイベント
 10:00〜10:30 オープニング 親子バレエ(小笠原 雅)
 10:30〜11:00 歌うサークル トリック&トリート
 11:10〜11:40 親子ヨガ(べびっく)
 12:00〜12:30 みんちゃんズ ジャズライブ
 12:40〜13:10 リトミック(リトピュアリトミック)
 13:20〜13:50 バレトン(BalletoneERI)
 14:00〜14:30 あいコープpresents ハイハイレース
          *出場整理券は当日11時から受付にて配布
 14:30〜15:00 エンディング プレゼント抽選会

*ハイハイレースは整理券が必要!
 ステージイベントは自由参加!整理券やお申込みはなくても大丈夫だよるんるん

<豪華商品が当たるチャンス!プレゼント抽選会 開催!>
スタンプラリーのスタンプを5個集めて参加券をもらおう!!
*スタンプ台紙は受付でお渡しします!

●主催:おやこフェス実行委員会

●お問い合わせ:info.sc.field★gmail.com(★を@に変えてお送りください)


2017年10月23日(Mon) 応募締切 2017年12月1日 <支え合いS-1グランプリ 第5回いがす大賞>

特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンターから、地域や人を想う熱い気持ちのこもった活動の発掘、発信する<支え合いS-1グランプリ 第5回いがす大賞>の情報が届きました。

以下、概要です。

-----------------------------------------------------------------
〜東日本大震災・おらいの地域の元気興し〜
2018年2/24開催<支え合いS-1グランプリ 第5回いがす大賞>
[地方創生・一億総活躍・一般介護予防大見本市]
-----------------------------------------------------------------


「いがす」―それは、「いいね!」「了解しました」などの意味をもつ宮城県の方言。
「いがす!」と声に出したくなってしまう、人やまちを「活かす」、「イカす」支え合い活動を発表し、交流する「S-1グランプリ第5回いがす大賞」を開催します!

日にち:2018年2月24日(土)
会 場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
(〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1)
観覧無料:事前申し込み不要(入退場自由)

<いがす出場者募集!>応募締切 2017年12月1日(金)*自薦のみ!

2018年2月に仙台市で行われる本選にて、互いに称え合い、学び合い、素敵な地域活動が各地に広まることを願って、当日ご発表いただける個人・団体を募集中です!
@ 東日本大震災で特に被災した岩手県・宮城県・福島県での「いがす」活動
A その他の全国各地で生まれた「いがす」活動
 [地域にあふれる「い・が・す」な取り組みを募集します!]

<東日本大震災で被災した地域での取り組み>
[大賞] 10万円+副賞
[準大賞] 3万円+副賞
<それ以外の地域での取り組み>
[活動提案賞]  3万円+副賞
*応募者全員に記念品を贈呈! 協賛企業を募集中!

<応募の手順>
@
必要事項を記載した応募用紙+活動の様子がわかる写真(データ可)+その他
補足資料(動画、音声、パワーポイントデータ、チラシなど)を同封し、事務局
まで郵送にてお送りください。
*応募締切 2017年12月1日(金)

A 予選審査会(非公開)2017年12月中旬予定
  審査基準に基づき入選団体を選定します。審査終了後、応募者全員に郵送にて審査
 結果をお知らせします。予選通過者には大会当日(本選審査)にみんなの前で「いがす」
発表をしていただきます!
 [審査基準]
・おらほ度→自分らしさ、やりたいこと、思いが前面に出ている。
・おもせ度→内容がとにかくおもしろい。
・のさる度→誰でも気軽に参加でき、いきおいがある。
・おがる度→今後の成長に期待できる。
・いがす度→これぞいがす!直感に訴えかけるものがある。

B S-1グランプリ本選審査(一般公開)
2018年2月24日(土) 会場:せんだいメディアテーク
本選審査会で大賞を決定します!ステージ上での持ち時間は5分間以内。ビデオ上映や
劇、歌、生演奏、漫才、ダンスなどのパフォーマンスを取り入れたりと、いがす発表方法は自由です!発表時の演出方法など、事前に事務局と打ち合わせをしながら一緒に
いがす発表をつくっていくので心配無用です!
[当日の審査方法]
審査員ポイント+一般来場者ポイント+企業協賛ポイント=大賞決定
*一般来場者や協賛企業も審査に参加できます!
[当日のプログラム](予定)
 ・開会式 ・いがす活動発表 ・第5回記念企画 ・審査発表/表彰式 ・交流タイム

●開催・応募に関するお問い合わせ先
<主催:S-1グランプリ 第5回いがす大賞実行委員会>
<事務局:特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンター>
〒981-0932 仙台市青葉区木町16-30 シンエイ木町ビル1階
TEL:022-727-8730 FAX:022-727-8737 E-mail:joho@clc-japan.com
*詳しくはホームページをご覧下さい! http://www.clc-japan.com/
2017年10月18日(Wed) スポーツボランティア初級研修会参加者募集中!<11月10日締め切り>

仙台は全国有数のスポーツが元気な地域で、多くのスポーツイベントでボランティアが楽しく活動しています。

仙台スポーツボランティアプロジェクトは、スポーツボランティアをする方々が、より活動しやすい環境づくりや活動ノウハウの体系化を通して、仙台・宮城地域のスポーツボランティアを盛り上げるプロジェクトです。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に、仙台・宮城地域においてスポーツボランティアを文化として根付かせるとともに、仙台・宮城発の先進的なボランティアモデルとして全国にも広めていくことを目指します。

プロジェクトに協力している市民スポーツボランティアSV2004より、11月11日(土)に行われる、初心者向けのスポーツボランティア研修会のお知らせを頂きました。
受講後すぐに、仙台でスポーツボランティアに参加できるノウハウが学べますexclamation×2

以下、概要です。

‐‐‐------------------‐‐‐--------------‐‐‐---
スポーツボランティア初級研修会のご案内
‐‐‐--------------‐‐‐------------------‐‐‐---


今、全国各地でスポーツのボランティアへの関心が高まっています。下記の通り宮城では初めてJSVN(日本スポーツボランティアネットワーク)の資格取得にもつながる研修会を開催します。
受講者を募集いたしますので気軽にご参加ください。

日  時:2017年11月11日(土)13:00-18:00(終了時刻は予定)
受付時刻:12:00-12:50(13時には研修を開始しますので時間の余裕をもってご参加ください。)
会  場:東北大学片平キャンパスさくらホール(仙台市青葉区片平2-1-1)
参加資格:中学生以上の方(仙台に住んでいない方でも受講可)
受 講 料:2,000円(税込、当日受付にてお支払いください)
     中高生1,000円(税込)
     初回特典として東北6県在住および出身の大学生も1,000円(今回限定・税込)
内  容:13:00-15:30 スポーツボランティアについて(日本スポーツボランティアネットワーク)
     15:45-16:45 仙台のスポーツボランティアについて(SV2004)
     17:00-18:00 仙台でスポーツボランティアに参加するにあたって(仙台大学)
特  典:参加者にはスポーツボランティア修了証とCHUMSコラボオリジナルパスケースを進呈
定  員:100名
申  込:下記のホームページ内、フォームよりお申し込みください。
     http://sendai.sportsvolunteer.info/program/20171111beginner/

申込締切:2017年11月10日(金)18:00

主  催:仙台スポーツボランティアプロジェクト
協  力:日本スポーツボランティアネットワーク
     スポーツコミッションせんだい
     市民スポーツボランティア SV2004
     仙台大学
注意事項:原則として、30分以上の遅刻、早退、中座は、受講したとみなされませんので予めご了承ください。


2017年10月08日(Sun) 10/22開催《住み慣れた地域でいつまでも暮らしたい!富山型デイサービス!》共生ケアネットワークみやぎ

こんにちは、スタッフの菅原です。
デイサービスというと「高齢者」がケアやサービスを受ける場所とイメージされる方が多いかもしれません。
富山型デイサービスとは、「高齢者だけでなく、子どもも障害者も、誰もが一緒に身近な地域でデイサービスを受けられる場所」です。
平成5年に富山ではじまったこの取り組みは、新しい形の福祉サービスとして全国に発信されています。
今回は、共生ケアネットワークみやぎ主催の「設立記念講演会」に、この富山型デイサービスの創始者の惣万さん、西村さんが講師として来仙します!
いつまでも住みなれた地域で暮らしたいと考えている方、新しいデイサービスの形にご興味がある方、ご参加ください。

以下、概要です。

開催日時:平成29年10月22日(日)13:00〜16:30(受付開始12:30)
開催場所:自治労会館宮城県本部3階 301・302・303(仙台市青葉区二日町7-23)
定員 講演会100名、懇親会30名

内容:
講演1「いつまでも住み慣れた地域で暮らしたい」
   NPO法人このゆびとーまれ 理事長 惣万佳代子さん
講演2「富山型デイサービスの運営について」
   NPO法人このゆびとーまれ 副代表 白石弘美さん
わらいの館四季の紹介(映像)
共生ケアネットワークみやぎの紹介
懇親会(17:30〜19:30 希望者・要申込み)

主催:共生ケアネットワークみやぎ
共催:宮城県社会福祉法人経営青年会・みやぎ宅老連絡会

お問い合わせ先:
共生ケアネットワークみやぎ事務局 NPO法人 わらいの館四季内
〒989-4601 宮城県登米市迫町新田字井守沢209-30
TEL:0220-29-4510 FAX:0220-29-4310
E−Mail:shi-ra@blue.con.ne.jp
申込み〆切:なし
詳細リンク:なし
2017年10月05日(Thu) 10/21開催<仕事や家庭での豊富な経験を活かし、地域・社会とつながろう!>Nカフェ


こんにちは。スタッフの小林です。
みやぎNPOプラザが開催するイベントのご紹介です。
以下、概要です。

--------------------------------------------------------------------
Nカフェ
〜はじめてみよう!NPOでボランティア〜

--------------------------------------------------------------------
特技を活かして誰かの役に立ちたい・・・
ボランティアに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せない・・・


そんな想いをお持ちのあなた、まずはNPOで活動する人のお話を聞いてみませんか?
地域の困りごとや社会の問題を解決しようと活動するNPOは、あなたの身近にもたくさんあります。活動する分野は多種多様。活動をはじめたきっかけもさまざまです。
ゲストと直接対話し、不安や疑問を解消して一歩踏み出す「きっかけ」をみつけませんか?

市民活動やボランティア活動に興味のある方の参加をお待ちしています!

日 時:平成29年10月21日(土) 13:30〜16:30
会 場:みやぎNPOプラザ 交流サロン
参加費:700円(税込)*茶菓子付き
定 員:20名(先着順)

◆メニュー
・NPOとボランティアのいろは
・ボランティアとともに活動するNPOの実践者の話を聞こう!
・ゲストに自由に質問して、NPOの現場を知ろう
 *この後、ゲストの団体でボランティア活動にチャレンジすることもできます。

◆ゲスト
・荒川陽子さん NPO法人 地域生活支援オレンジねっと 理事長
 NPO法人 地域生活支援オレンジねっと
 病気や怪我、子育てなどで困ったときに、住民同士が助け合える住み良い町をつくろうと
 活動をしています。

・佐々木綾子さん NPO法人 STORIA 副代表理事
 NPO法人 STORIA
 経済的困難を抱えた子どもたちが「困難を乗り越え生き抜く力」を身に付け、
 貧困の連鎖を断ち切るべく活動をしています。

・難波未由希さん NPO法人 ワンファミリー仙台 相談支援員
 NPO法人 ワンファミリー仙台
 「世界はひとつの家族」という想いをこめ2002年設立。地域の路上生活者や身寄りのない
 生活困窮者向けの支援を行っています。

◆申込方法
別紙、申込用紙に記入連絡先へ
 →FAX 022-256-0533
・もしくは、件名「Nカフェ参加申込」とし、必要事項(氏名・電話番号・E-mail・年代等)を
 記載のうえメール
 →npo☆miyagi-npo.gr.jp(☆を@に変えてください)

◆申込先/連絡先
みやぎNPOプラザ
〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL 022-256-0505 FAX 022-256-0533
URL http://www.miyagi-npo.gr.jp
FB http://goo.gl/w6pl3k

主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
企画実施:認定NPO法人 杜の伝言板ゆるる



2017年10月03日(Tue) 10/29開催<子どもに関わる支援者等向け「どう伝える?」多様性のなかで子どもたちが生きていくために>


NPO法人アフタースクールぱるけは、平成14年から障がい児者とその家族を支援しています。
現在は、仙台市内放課後等デイサービス事業所3カ所、障害児者のヘルプサービス事業所1カ所、相談支援事業所1カ所の5カ所で約180名の支援を日々行っています。

子どもに関わる支援者等向けの研修会のお知らせを頂きました。
以下概要です。

-------------------------------------------------------------
子ども達にどう伝える「みんな違って みんないい?」
〜色々な人と一緒に生きるためにどうするか〜

-------------------------------------------------------------

障がいがあっても無くても、意見や考えが違っても、嫌いな人や苦手な人とも同じ場所で一緒に生きていく。大人でも難しいのに、子どもたちにどう伝えればよいのでしょう。
「思いやりやみんな仲良く」も大事だけど、それだけでは難しい場合があります。小学3年生になった気持ちで、アクティブラーニング!一緒に考えてみませんか。

講師:桜井高志氏
桜井・法貴グローバル教育研究所所長、認定NPO法人アフタースクールぱるけ理事、
法務省人権擁護委員研修講師、文部科学省社会教育主事講習講師、仙台市放課後等デイサービス
職員研修講師他全国で活躍中。

日程:2017年10月29日(日)
時間:14時〜16時半*開場13時半〜
会場:仙台市福祉プラザ 第1研修室
   仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
対象:保育士、教員、児童館・放課後等デイ等 子どもに関わる関係機関職員等
参加費:1000円
内容:
 ☆5歳の子でもわかる人権って?
 ☆権利は守るもの?
 ☆いろいろな人と一緒に生きるために必要な事って?
 ☆実践『みんな違ってみんないい!』  他

定員:70名(定員になり次第締め切ります)

申し込み方法:
「参加申込用紙」に必要事項を記入のうえ、
ぱるけ事務局へ電話、FAX、メールでお申し込み下さい。
参加申込書.pdf

ひらめき申し込み締め切り:平成29年10月23日(月)

申し込み問い合わせ:ぱるけ事務局
TEL: 022-778-8666 FAX:707-0057 
Mail:npo-paruke☆paruke.com(☆を@に変えてお送りください)

共催:認定NPO法人アフタースクールぱるけ
   桜井・法貴グローバル教育研究所
後援:NPO法人せんだい杜の子ども劇場
| 次へ