CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 仙台市からの情報 | Main | 【3.11】復興支援活動団体紹介シートより»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年10月15日(Tue) 11/23(土・祝)〜24(日)に初開催!グラデーションマーケット


「心のバリアフリー」をテーマとする音楽祭では国内最大規模を誇る、とっておきの音楽祭が新しい感覚のマーケットをオープン。
仙台市市民活動サポートセンター全館を回遊しながら、同時多発的に開催される、障害のある人も無い人もどなたでも楽しめるライブやワークショップ、映画、ヨガ、フードなどなど盛りだくさんのイベントをぎゅっと詰め込んだ参加型複合イベント市場です。

logo2[1].jpg


グラデーションマーケット
■日時
11月23日(土・祝) 午前10時〜午後5時
11月24日(日)   午前10時〜午後5時
■会場
仙台市市民活動サポートセンター
(仙台市青葉区一番町4-1-3 地下鉄南北線「広瀬通駅」西5出口すぐ)

■主催
特定非営利活動法人とっておきの音楽祭
■共催
仙台市市民活動サポートセンター
■運営
とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI

年1回だけ開かれるわくわく市場 
売っているのはパフォーマンス&コミュニケーション


色や濃淡がゆるやかに変化していく「グラデーション」。
空の色、海の色が無限のグラデーションであるように、自然はグラデーションで彩られています。
境目がなくゆるやかに繋がり、調和している世界、まさに多様化した分断のない社会の象徴と言えます。
グラデーションマーケットは、多様な人たちが多様性を楽しむ場づくりとなる、楽しいイベントとなります。
会場は仙台市市民活動サポートセンターのB1から6Fまでのシアター、セミナーホール、研修室などです。全館を回遊しながら、同時多発的に開催される様々なイベントに参加していくという新しい試みです。
 
マーケットだから
ダンス、ライブ、ワークショップ、映画、ドラムサークル、グッズ、体験講座、食堂なんでもあり!

【森田かずよ 金子みすゞを踊る】 
【グラデーションマーケット・スペシャル・ライブ〜アフリカン!ラテン!ファンク! 陽気にボーダー超え〜】
【タケオ君とペッカー君の楽しいリズム遊び】
【とっておきの音楽祭2019出演者によるミニLive】
【佐取純子ダンス・ワークショップ】
【手づくり楽器ワークショップ】
【コカリナ初体験講座】
【あっと言うまにグラデ・マ・オーケストラ】
【ドラムサークル】
【サイレントサークル】
【ラフターヨガ】
【こころもからだもスッキリ体操1&2】
【ドキュメンタリー映画「オハイエ」「オハイエ2」上映会&トーク】
【おしゃべりもおいしい食堂】

詳しくは、とっておきの音楽祭のHPをご覧ください。
http://totteokino-ongakusai.jp/

プログラムは、仙台市市民活動サポートセンター館内でも配布しております。
2019年10月13日(Sun) 10 /19(土)開催!<教育支援セミナー/民間教育機関の実例から対応スキルを学ぶ>

こんにちは。スタッフの小林です。
NPO法人ミヤギユースセンターより、不登校や発達障がい・就労困難者など、困難を抱える若者支援について、セミナーのご案内をいただきました。

=========================================================
10 / 19(土)開催!<教育支援セミナー/民間教育機関の実例から対応スキルを学ぶ>
−不登校・発達障がい・就労困難者− 困難を抱える若者支援について
=========================================================


●内容:
・セミナーT 10:00〜10:50
『不登校の脱し方』講師:石川昌征氏(フリースクールだいと代表)

・セミナーU 11:00〜11:50
『就職困難者の就労支援』講師:桑名暢氏(キャリアプランニング株式会社代表)

・セミナーV 12:30〜13:20
『不登校時の心理とカウンセリングマインド』
 講師:安部雅昭氏(名古屋星槎中学校校長/星槎大学特任准教授)

・セミナーW 13:30〜14:20
『不登校・発達障がい、学習支援と進路支援』
 講師:土佐昭一郎氏(NPO法人ミヤギユースセンター代表)

・シンポジウム 14:30〜15:45
『シンポジウム&質疑応答』パネラー4人の講師

●日時:令和元年10月19日(土) 10:00〜15:45

●会場:仙台市生涯学習支援センター 第2セミナー室
   (JR仙台駅:東口徒歩5分/地下鉄東西線:宮城野通駅徒歩約3分)

●対象:保護者、支援者、学生、教育関係者など、どなたでも参加できます。

●定員:60名 (予約優先・当日参加も可)

●参加費:無料

●主催:NPO法人ミヤギユースセンター・フリースクールだいと

●共催:星槎グループ/キャリアプランニング株式会社

電話お申込み&お問合わせ先
○NPO法人ミヤギユースセンター 
仙台市宮城野区榴岡2-2-8-203 TEL/FAX:022-256-7977

○フリースクールだいと
 仙台市太白区郡山6-2-2 TEL/FAX:022-249-4023
2019年10月10日(Thu) 10/26開催!NPO・SDGsって何?<市民活動サロン NPO×SDGsカフェ>


こんにちは。スタッフの小林です。
みやぎNPOプラザより、「市民活動サロンNPO×SDGsカフェ」開催のお知らせです!
気軽に参加できますよ。

市民活動サロン---------------------------------
NPO×SDGsカフェ
社会をchangeする人になる!

-------------------------------------------------

最近よく聞くNPO・SDGsって何…?
令和新時代、自分も社会を変える人になれるかな!?


「NPO×SDGsカフェ」はそんなあなたにおススメのイベントです。
SDGs(持続可能な開発目標)の達成の担い手としても注目のNPO。
わたしたちの身近な場所でもたくさんのNPOが活動しています。
NPOやボランティア、社会貢献に興味はあるけれども関わるきっかけがないというあなた。
NPOで実践しているゲストから、活動のお話を聞いてみませんか?
NPOに参加したい人、宮城を元気にしたい人、「福幸食堂えしかる」に集まれ!

日時:10月26日(土) 15:00〜17:30
場所:みやぎNPOプラザ レストラン「福幸食堂えしかる」

4485c605a2fc6268e443f5d541a1855f_original.png

◆メニュー
・ミニ講座:「NPOのいろは」「SDGsとNPOの関係」
・ゲストトーク:「私がNPOに情熱をそそぐ理由(わけ)」
・ワークショップでNPO×SDGsを深堀りっ!
※ 終了後、同じ会場でゲストや参加者同士の交流会も開催します。
(17:30〜19:00 参加費別途)

◆ゲスト
NPO法人水守の郷・七ヶ宿 理事長 海藤節生さん
【団体紹介】仙台市を中心とした七ヶ宿ダムの利水地域住民へ、水源地七ヶ宿の役割と魅力を伝え、地域の自然と人を守り育てる活動をしています。

一般社団プレーワーカーズ 代表理事 須永力さん
【団体紹介】暮らしの中で遊ぶことが困難になっている今の社会で、子どもが「自由に遊ぶ」ことを保証していく“遊び場”をつくる活動をしています。

◆詳細
●参加費:500円(税込) ※ドリンク付き、交流会参加の場合は別途500円
●定員:15名(先着順)
●申込方法:参加申込書にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
電話でも申込できます。「NPO×SDGsカフェ」申込用紙 (Word形式)  
●主催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
●協力:NPO法人水守の郷・七ヶ宿
●企画実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる

≪申込先・連絡先≫ みやぎNPOプラザ
〒983-0851 仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505 FAX:022-256-0533
E-mail: npo★miyagi-npo.gr.jp(★を@に変えて)

2019年10月08日(Tue) 11/30開催<白石草 仙台講演会>市民による検証〜チェルノブイリ33年・フクシマ8年〜


こんにちは。スタッフの矢野です。
お知らせをいただきましたのでご紹介します。

福島第一原発の事故から8年が経ちました。
市民ジャーナリストの白石草(しらいしはじめ)さんによる、福島県内外やチェルノブイリの“今”を伝える講演会が開催されます。メディアにはあまり取り上げられていない、放射能による子どもたちの健康被害について考える機会になりそうです。

以下、概要です。

----------------------------------------------------------
白石草 仙台講演会
ビデオジャーナリストレポート
市民による検証〜チェルノブイリ33年・フクシマ8年

----------------------------------------------------------

日時:2019年1130日(土)13:30〜16:00(会場13時)
会場:仙台市市民活動サポートセンター B1F 市民活動シアター
対象:原発や放射能、被ばく、甲状腺がん等について学びたい方
講師:白石草さん
内容:3.11後、チェルノブイリや福島県内外での取材を重ねた市民ジャーナリストの白石草さんからお話を伺う。
参加費無料・予約不要

主催:日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ
お問合せ:TEL 022-796-5272(平日10〜16時)
     または、izumi★tohoku.ucc.jp(★を@に変えて)

託児はございませんが、お子さま連れでもどうぞお越しください

20191004155035_00001.jpg

東京電力福島第一原子力発電所事故により、事故発生県である福島県ばかりか、宮城県などの広範囲な地域、海洋が人為的に生成された放射能物質、死の灰によって汚染されました。事故から8年以上たった今も『原子力緊急事態』は継続しており、懸命な収束作業が続けられています。

放射能による健康影響について、マスメディアであまり取り上げられないものの、福島県の調査によると、震災当時18才以下だった子ども200名以上もが甲状腺がんを発症していると確認され、発見率については、通常より数十倍高いことが明らかになっています。

現時点において、福島県「県民健康調査」検討委員会は、原発事故との因果関係を否定。
そして、国や宮城県は、福島県外での健康調査は必要ない、としています。被ばくに晒された子どもたち、低線量被ばくによる晩発的影響に関する社会的取り組みは本当にこれでいいのでしょうか。

白石草さんが代表理事を務める「OurPlanet-TV」(通称:アワプラ)は、特定企業などのスポンサーによらず、非営利で運営されている独立メディアです。アワプラは、行政や企業と一線を画し、独立性の重視と、市民の立場に立脚した新しいジャーナリズムのあり方を追求してきました。3.11後、チェルノブイリや福島県内外での精力的な取材を重ね、これらの課題に精通した白石草さんをお招きし、市民ジャーナリストの視点からお話を伺います。

放射能、被ばく、甲状腺がん、これらの諸課題に向き合っていくために、今起きていることを知ること。そして、ご一緒に考え、意見交換の時間が持てましたら幸いです。
ぜひご参加ください。

講師:白石 草(しらいし はじめ)さん/////////
放送局勤務を経て、2001年に非営利のインターネット放送局「OurPlanet-TV」設立。
マスメディアが扱わないテーマを中心に独自番組を制作・配信。
3.11後は子どもと被ばく、人々の暮らしを守ることに関する取材・番組制作に取り組む。
2011年以降、放送ウーマン賞、JCJ賞、やよりジャーナリスト賞特別賞、科学ジャーナリスト大賞等を受賞。
著書に『メディアをつくる―「小さな声」を伝えるために』『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち』(以上、岩波ブックレット)ほか多数。


2019年10月05日(Sat) 10月〜12月開催!NPO運営者の方必見!NPO法人のための組織・事務力パワーアッププログラム


こんにちは。スタッフの于楽(うらく)です。

10月から12月にかけて、NPO法人の組織・事務力向上のための一連の講座・セミナーがサポセンで開催されます。
主催は、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター認定NPO法人杜の伝言板ゆるる、仙台市です。個別相談会も期間中行われますので、NPO法人の運営者の方、あるいはNPO法人の設立をお考えの方は、ぜひご参加をご検討ください。

20190929174037_00001.jpg

【プログラム詳細】
満月「学んで安心!NPO法人のための税務初級講座」
開催日時:1022日(祝・火)13:30〜15:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
講師:田中 武司(税理士)
参加費:800円(税込)/人
定員:20団体

満月「どう考える?!NPOの世代交代・事務継承セミナー」
開催日時:1112日(火)13:30〜16:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
講師:土佐 昭一郎(NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 代表理事)
参加費:800円(税込)/人
定員:20団体

満月「明日から使える!NPO・ボランティアの会計入門講座」
開催日時:1210日(火)18:30〜21:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
講師:小野 恵子(杜の伝言板ゆるる会計サポーター)
参加費:1000円(税込)/人
定員:20団体

満月無料個別相談会
◆会計税務
日々の会計処理から、NPO法人会計基準に基づく決算書作成法や税金のことなど、NPOの会計に詳しい専門家が個別相談に応じます。

日時:1217日(火)
@13:30〜14:30 A14:40〜15:40 B15:50〜16:50
定員:3団体
会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室1
相談担当:田中 武司(税理士)
申し込み〆切:12月10日(火)

◆NPO運営相談
NPO法人の組織運営や事業実施、寄付や助成金などの資金調達の相談に応じます。

相談日:令和元年10月〜令和2年2月の間で応相談
定員:6団体(相談担当@A各3団体)
会場:個別に調整します。
相談担当:@大久保 朝江(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 代表理事)
     A青木 ユカリ(NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 常務理事・事務局長)

【募集要項】
対  象:仙台市内のNPO法人
     ※仙台市以外のNPO法人や任意団体の方は、別途お問い合わせください。
申込方法:次のいずれかの方法でお申込みください。
     @参加申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX又は郵便で。
     Awebサイトの申込フォームで(申込みURL: https://bit.ly/2mjCZwL
     B希望する講座・相談会、氏名、団体名、連絡先を記載したメールで。
     Cお電話で

位置情報参加申込書.pdf
位置情報プログラム詳細.pdf

【お申込・お問合せ】
認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-11-6コーポラス島田B6
TEL: 022-791-9323
E-mail: npo★yururu.com(★を@に変えて)

NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
〒980-0803 仙台市青葉区国分町1-8-10 大和ビル4F
TEL: 022-264-1281
E-mail: minmin★minmin.org(★を@に変えて)

2019年10月04日(Fri) 10/22開催<ネパール農村部の住民×行政×NGOによる洪水に強いコミュニティづくり>


国際協力NGOシャプラニール=市民による海外協力の会からのお知らをいただきました。
関心のある方、ぜひ足をお運びください。

<講演会>ネパール人職員が来日!---------------------------------

ネパール農村部の住民×行政×NGOによる
洪水に強いコミュニティづくり


-----雨--------------晴れ------------雨-------------晴れ-------------

ネパール南部チトワン郡マディ地域では毎年のように洪水が発生しており、家屋や農作物などに広範囲にわたって被害が生じています。
シャプラニールは2016年より「One River One Community」を合言葉に、河川周辺の8つの集落が協力し合い、住民自らが主体的に関わる防災活動の定着を目指し活動しています。

今回の講演会では、現地の人々が直面している洪水リスクや対策、現地の変化や成果について、事業担当者シャプラニールネパール事務所のキル・ガレ職員を招いて現場の生の声を届けます。
ぜひ一緒に「今私たちにできること」を考えてみませんか?

<キル職員から皆さまへメッセージ>
「災害管理委員会を組織し、行政と協力して地域で奮闘しているネパールの人々の姿を日本の皆さんにも知っていただきたく、お話をさせていただきます。」

日時: 2019年1022日(火)13:30〜15:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター 仙台市青葉区一番町四丁目1-3
参加費:300円
定員:20名
主催:シャプラニール仙台 ボンドゥの会

photo.JPG
▲ネパール農村部の住民と防災地図で危険な地域を確認する。
左はネパール事務所長の勝井裕美。

【申し込み/お問い合わせ】
電話またはメールでご連絡ください。(担当:原)
TEL:090-3759-5904
Mail:pipipuck0131★ezweb.ne.jp(★を@に変えて)

【登壇者】キル・ガレ(シャプラニール ネパール事務所職員)
【講演会 詳細URL】https://www.shaplaneer.org/caravan2019/


///////////////////////////////////////////////////////
「シャプラニール=市民による海外協力の会」とは
///////////////////////////////////////////////////////
シャプラニールは、特定の宗教、政治、企業、団体には属さない、1972年に創立された日本生まれの国際協力NGOです。
現在、途上国のバングラデシュとネパールでさまざまな理由で弱い立場に置かれた「取り残された人々」を対象に「子どもの権利を守る活動」「災害に強い地域をつくる活動」「フェアトレード活動」に取り組み、貧困のない社会を目指して活動しています。
また、東日本大震災の際は緊急救援を実施し、2016年まで福島県いわき市に拠点を置き復興支援を行ないました。

2019年09月28日(Sat) 10/5〜20< Wonder Art展 >みんなちがって、みんなステキ


こんにちは。スタッフの小林です。
美術館や博物館、病院、学校、地域社会にアートの感動をお届けしている、Wonder Art Production / ARTS for HOPEからの、お知らせです。

10月5日〜10月20日開催-------
Wonder Art
みんなちがって、みんなステキ
---------------------------------
Wonder Art Studio(ワンダーアートスタジオ)で生まれ作品は、
みんなちがって、みんなステキ。
好きなもの、感心、こだわり、描きかたも、みんなそれぞれです。
ゆたかな個性の7歳から60歳までのアーティストたちの作品が楽しく並びます。
東北各地の支援学校等で開催したアートプロジェクトの作品も展示されます。
重度心身障がいの皆さんと病院で行ったアートプロジェクトも紹介します。

20190928151553_00001.jpg

●日時:105日(土)〜1020日(日) [開場時間] 10:00〜16:00

●場所:ワンダーアートミュージアム
    (仙台市若林区荒町172 第一旭ビル3階)
    ※お車でお越しの際は近隣有料駐車場をご利用ください。

●展覧会関連企画:
@アーティスト交流会
 日時:10月6日(日) 13:00〜15:00
 内容:出展アーティストの紹介を交えながら楽しい交流会を開催
 ナビゲーター:高橋雅子氏(ホスピタルアーティスト)
 参加費:無料

Aワンダーアートスタジオ公開体験プログラム
 日時:10月19日(土) 10:00〜11:00
 内容:ボーダレスアートプログラム体験プログラムを開催
 対象:6歳以上で障がいのある・ない子ども
 定員:10名
 ナビゲーター:高橋雅子氏(ホスピタルアーティスト)
 参加費:無料

●申込方法:@、Aともに
 @名前(ふりがな)、A性別、B年齢、C障がいの種類、D参加希望企画、E連絡先を明記
  の上、下記連絡先にメールにてお申込み下さい。
 Mail:artsforhope★gmail.com(★を@に変えて)

●主催:Wonder Art Production / ARTS for HOPE
TEL:03-6240-1525 FAX:03-6240-1528


2019年09月14日(Sat) 9/23開催!<せんだい地球フェスタ2019>


こんにちは。スタッフの小林です。
せんだい地球フェスタ実行委員会からの、お知らせです。


せんだい地球フェスタ2019

今年のテーマは、「世界がもっと好きになる1日。地球レベルで遊ぼう!
A day to love the world more. The Earth is our playground!」です。

地球フェスタちらし.jpg

せんだい地球フェスタは、仙台国際センターを会場に、市民の国際交流、国際協力、多文化共生等の活動を紹介し、さまざまな出会いと学びの場を提供するイベントです。
多くの外国人市民やボランティアが集まりフェスタを盛り上げます。世界のさまざまな文化が体験できる一日です。どうぞご来場ください。
※今年も、「仙台国際センター秋祭り せんだい育ち2019」と同日開催いたします。

●日時:2019年9月23日(月・祝)10:00〜16:00
●会場:仙台国際センター展示棟(仙台市青葉区青葉山)
●内容:地球屋台村、さまざまな国の料理を味わえます。
世界のパフォーマンス、世界各国の踊りなどを紹介します。
ワールドマーケット、参加団体による活動紹介、民芸品の販売、民族衣装の試着等。

*詳しくは、ホームページhttps://sendai-world-festa.jimdosite.com/ をご覧いただくか、お問い合わせください

<お問い合わせ> せんだい地球フェスタ実行委員会事務局
(公財)仙台観光国際協会(SenTIA)内
〒980-0811 仙台市青葉区一番町3丁目-3-20 東日本不動産仙台一番町ビル6階
TEL:022-268-6260 FAX:022-268-6252
Email:senfesinfo*gmail.com
※ 「*」を「@」に変えてメール送信してください。


2019年09月13日(Fri) 10 / 4(日)締切!<仙台ローズガーデン「秋の大感謝祭」ボランティア募集!>

こんにちは。スタッフの小林です。
就労継続支援B型施設、仙台ローズガーデンよりボランティア募集のご案内をいただきました。地域との交流の場「秋の大感謝祭」、皆さんのできることでお手伝いしてみませんか?


仙台ローズガーデン写真.jpg

●活動項目:就労継続支援B型施設の行事「秋の大感謝祭」の活動補助ボランティア
●希望人数:1名〜(何人でも結構です)・性別不問
●活動場所:「仙台ローズガーデン」仙台市泉区北中山4丁目26−18
●活動日時:10月26・27日 9:00〜後片付け終了まで
●経費など:昼食の提供及び交通費支給(1,000円)
●活動内容:「秋の大感謝祭」の会場設営、露店販売の補助、駐車場案内など
*働きやすく、汚れてもいい服装でお願い致します。
●募集締切:10月4日(日)

位置情報お問い合わせ先
仙台ローズガーデン(就労継続支援B型施設) ボランティア担当:市川、佐藤
〒981-3215 仙台市泉区北中山4丁目26−18
TEL 022-376-1187 FAX 022-376-1193 携帯 080-5734-6963
URL http://www.s-rosegarden.com/
2019年09月12日(Thu) 10/23(水)開催「宮城県こども食堂シンポジウム2019 こども食堂の"いま"と"これから"」


宮城県こども食堂立ち上げ支援事業ネットワークさんより、シンポジウムのご案内が届きました。

20191023asuiku.jpg

いまや全国3,700ヶ所以上にまで広がった「こども食堂」。
こどもの貧困に結びつけられがちだったこども食堂は、地域のさまざまな住民が集う場として、その広がりとともにますます多様性を帯びています。
このシンポジウムでは、こども食堂の現状、そしてこれからの展望を、社会活動家の湯浅誠さん、そして宮城県内で実施されている方とともに考えていきます。

-----------------------------------------
宮城県こども食堂シンポジウム2019
こども食堂の"いま"と"これから"

-----------------------------------------
■日時:2019年1023日(水)13:00〜17:00(開場12:00)
■場所:宮城県庁2階講堂(仙台市青葉区本町3-8-1)
■対象:こども食堂に関心のある方なら、どなたでも歓迎(定員250名)
■参加費:無料
■お申し込み方法:FAX、メール、電話のいずれかで下記へお申し込み。
■〆切:2019年1016
■お申し込み・お問合せ先:
宮城県こども食堂立ち上げ支援事業ネットワーク(事務局:NPO法人アスイク
・FAX 022-781-5591
・メール admin☆asuiku.org(☆を@に変えて)
・電話 022-781-5576

位置情報詳しくはこちらをご覧ください。
https://asuiku.org/?p=8489
| 次へ