CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 助成金情報 | Main | 相談・つながるサロン»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年07月16日(Mon) 市民活動団体の一助となる原稿を目指して<4日目・確かめる>市民ライター講座2018


こんにちは。スタッフの松村です。
連続講座、市民ライター講座4回目のご報告です。
今回は、「確かめる」と題した合評会です。

はじめての取材を終え、書いた原稿が出揃いました。
今回を含めて残り2回の講座では、「伝わる原稿」を目指し、座学で学んだことを確かめ、磨きあいます手(グー)

合評会では、互いの原稿にアドバイスし合ます。
3グループに分かれ、自分の原稿を音読。その後、グループの一人ひとりから、
「ここの文章がよく分からなかった」「この表現いいですね」などと意見を出し合い磨き合います。もちろん、講師であるプロの記者からもコメントを受けます。

互いに評価し合うので、自分の原稿だけでなく、実は同じグループ5人分の添削を学べるオイシイ会なのです!


desk_blog.jpg

合評会から、河北新報社生活文化部記者の三浦康伸さん(写真右)と、夕刊編集部記者の矢嶋哲也さん(写真中)も参戦です。事前に一人ひとりの原稿に目を通し、どうすればもっと伝わりやすい原稿になるのか添削し、準備万端です!

yajima_blog.jpg
▲原稿の「流れ」について強調する矢嶋さん

合評会のポイントを「自分の不出来は棚に上げること」と伝えた大泉さん。
受講生たちが「それだったらできそう!」と笑います。

「一生懸命書いたのが分かるから、同じ団体を取材したからなんとなく分かるし。そう思ってする指摘は誰の成長にも繋がりません。相手への指摘は自分への指摘でもあるんですよ」。
会場の雰囲気は一気に高まったように感じましたぴかぴか(新しい)

miura_blog.jpg

はじめての取材で戸惑ったこと、迷ったこと、聞くのをためらったこと、
聞いたけど、実は理解できなかったこと、すべてが提出された原稿に映し出されていました。
「こんなときはどうしていますか?!」と、原稿のことも取材のことも、たくさんの質問と意見交換が繰り広げられました。

memo.jpg

合評会でのコメントをふまえ、受講生は原稿をイチから、いえ、ゼロから書き直して再提出。
次回は汗と涙(?)の最終回の様子をお伝えします。

ひらめきこれまでの様子はこちら→市民ライター講座・取材体験レポート

2018年07月15日(Sun) 記者から学ぶ!取材後の記事のまとめ方講座<まいぷろかべしんぶん部>


こんにちは。スタッフの舞草です。
宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、壁新聞づくりを通じて若者が地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を作っています。
昨年に引き続き、サポセンでは事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。

6月から始動したかべしんぶん部の活動はいよいよ本格化!
第2回目6月23日はまち歩きをしました。
八幡商店街グループと原町商店街グループの二手に分かれ、商店街をぶらぶら。
実際に足を運ぶことで、商店街の魅力や課題を発見することができました。

第3回目7月7日は商店街に取材に行きました。
取材先は、食べ物屋さんから骨董品店、仏壇・仏具店などなど。
お店のルーツや働く方の想いを知ることで、「かべしんぶんを通して伝えたい商店街のこんなところ!」が見えてきました。

そして次回からは、取材で得た情報を元に記事作成がスタートします!
そんなかべしんぶん部のために、7月7日は特別講師による「取材後の記事のまとめ方」講座が開かれました。

講師は、昨年に引き続き「お!宮町地域情報編集局」の記者、水沼幸三さんです。水沼さんは、仙台市宮町で地域の歴史を掘り起こし新たな魅力を発信するフリーペーパー「038PRESS(おみやプレス)の発行に携わっています。

写真@.JPG
▲自身の記者の経験から、「取材メモを早く確実に取るコツ」や「原稿を上手くまとめるコツ」を部員にレクチャー中の水沼さん。

「取材に行く前には下調べを必ずしよう」、「日頃から活字に触れ、ボキャブラリーを増やす意識付けをしよう!」など、記者としての心掛けも教えてくださいました。

写真A.JPG
▲記事を書くにあたって、水沼さんは「視点の積み重ね」が大切だとおっしゃっていました。
1つのテーマに対して幾重にも層を重ねていくことで、より奥深い文章を書くことができるのです。

現場経験者だからこその、リアリティ溢れる水沼さんの講座は取材や執筆の場面をイメージしやすく、かべしんぶん部の記事作成に向けて実りのある時間になりました。

日頃からボキャブラリーを増やすために活字に触れる、インターネットに頼りすぎず本を読む、など私自身もなるほどなぁと思うことばかりで、一緒になって聞き入ってしまいました。

今回の講座で格段にレベルアップしたかべしんぶん部の活動に、今後も注目してください!

位置情報これまでの様子はこちらから→☆★☆
2018年07月06日(Fri) 薬害被害者の心に寄り添う学生団体と、障がい者による表現活動応援~市民ライター講座・取材体験レポート~


こんにちは。スタッフの鎌田、松村です。
市民ライター講座取材体験レポートを最終回をお届けします!

リボン6月10日(日)15:00〜16:00
ぼーだーれすアートくらぶBACせんだいin仙台市市民活動サポートセンター

市民ライター平塚千絵(ひらつかちえ)さん、鈴木智子(すずきともこ)さん、サポセンスタッフ鎌田みずほの3名がぼーだーれすアートくらぶBACせんだいの取材に行ってきました!
障がいがあるどもたちが心のままに生み出される絵画や立体などのアート作品を仙台市民に見てもらおうと展示や販売活動をしている団体です。

BAC.jpg
▲河本さんに子どもたちの作品について1つ1つ説明をしていただきました。

代表河本達子さんのお話をお伺いして平塚さん、鈴木さんは「今まで知ることのなかった分野にライター講座を通して触れることができた」と話してくれました。

どんな記事ができあがるのでしょうか?楽しみです!


リボン6月16日(土)10:00〜12:00
薬害被害者支援サークルballoms+ in仙台市市民活動サポートセンター

市民ライター講座、取材体験最後のチームです。
取材先は、薬害被害者支援サークルballoms+(ばるーんずとす)です。
薬の安全性が軽視されたために起こる「薬害」の実情を大学の授業で知り、被害者のちからになろうと活動しています。院内レクレーション企画、就労相談など被害者の日常生活上の困難に対して支援活動を行う、全国で唯一の学生ボランティアサークルです。
お話を伺ったのは、東北大学理学部4年の篠ア洸希さんです。今年4月から活動に参加するようになったそうです。
「大人たちが取り囲んじゃってごめんね〜」と、受講生のみなさん。篠崎さんと、受講生のみなさんは親と子ほどの歳の差がありましたが、笑い話も交えながら篠崎さんも終始リラックスした様子でした。

DSC09709.JPG
写真左手前から、受講生の福地裕明さん、小野寺淳一さん
右手前から、受講生の相澤顕子さん、篠崎さん

取材を終えた受講生からは、
「薬害って難しいなと思ったけれど、ワクチンを子どもに受けさせる親として、身近な話だった」、「薬害根絶のためにできることはないかなぁ…」などの感想、気持ちの変化を聞くことができました。

原稿提出に向け、みなさん頑張ってください!
合評会のレポートもお楽しみに!
2018年07月05日(Thu) 月に1度の農作業体験で、生物多様性の危機を救う?!~市民ライター講座・取材体験~


こんにちは。スタッフの松村です。
市民ライター講座取材体験レポートをお届けいたします。

かわいい6月9日(土)10:00〜12:00
このみのあしおとin相原農場(宮城野区日辺)

「こよみのあしおと」は、人手を必要としている農家さんと、農作業をしたい一般の人をコーディネートしています。農作業を通して、既存の農地を守り生物多様性保全に寄与すること、農業の活性化、人の交流を生み出すことを目的としています。
取材では、月に1度の農作業体験会におじゃましました。体験会の舞台は宮城野区日辺(にっぺ)にある相原農場です。
お話を伺ったのは、こよみのあしおと代表の久保田歩さんです。

DSC03442 (1024x683).jpg
写真左から久保田さん、受講生の駒井さん、鏑木さん、平川さん

団体の活動についてだけでなく、久保田さんの人柄についても知ろうと、「人生のテーマソングは?」「座右の銘は?」などそれぞれに個性的な質問が飛び出しました。

DSC03459 (1024x683).jpg
▲農作業の休憩時間には相原家の豚汁が振る舞われました。

遊びに来た親戚の子どもたちを迎えるような相原家の自然な雰囲気に癒やされました。
お土産に新鮮な野菜をいただきましたよ。
さて、どのような原稿ができるのか!みなさんもお楽しみに。

位置情報農作業体験会に興味のある方は、こちら!
誰でも気軽に参加できますよ!

2018年07月04日(Wed) 仙台にいる外国人の子どもの勉強を支える~市民ライター講座・取材体験レポート~


スタッフの鎌田です。今回の市民ライター講座で私は、受講生としても参加しています。
続!市民ライター講座取材体験レポートをお届けします。

晴れ6月9日(土)10:00〜12:00
外国人こどもサポートの会inエル・ソーラ仙台

この日は、外国人こどもサポートの会の取材に行ってきました!
日本の学校で学んでいる外国の子どもたちが学校での授業を理解できるように教科学習に必要な日本語を外国人こどもサポートの会では補助・支援をしています。
定期的に開かれている、学習会におじゃましました。
お話を伺ったのは、代表の田所希衣子さんです。
会場では、外国人の子どもたちが熱心に勉強していました!

取材に挑むのは、受講生の関野頼利さん、安藤真代さん、河原稔さんの3人です。
取材の1時間前から現場近くで念入りに打ち合わせをする3人。
各自質問事項をまとめたプリントを見せ合い、取材の方向性を定めたり、各自の役割を決めたり、念入りに準備しました。

a.jpg
▲代表田所希衣子さん(奥)のお話に熱心に耳を傾ける受講生。

どんな記事ができあがるのでしょうか?楽しみです!



2018年06月29日(Fri) 東北の老舗!認定NPO法人あかねグループの懐に飛び込む~市民ライター講座・取材体験~


こんにちは。スタッフの水原です。
市民ライター講座では5つ講座を受講します。
前回2回の座学で学んだことを生かして、いよいよ取材に出かけました!
6月9日、10日、16日の3日間で、3人1組、5チームに別れて挑みました。
私も受講生として、参加しています。

講座のゴールは、仙台で活躍する市民活動団体の一助になるような原稿を書き、社会い発信することです。どのようなインタビューをすれば、ゴールに近づくのか…。
5チームの取材の様子をレポートします。


6月9日(土)14:00〜16:00
〜認定NPO法人あかねグループ〜in仙台市若林区遠見塚

DSC09608 (640x427).jpg
▲渡邉貴裕さん、佐藤えりさん、サポセンスタッフの水原で取材に行きました。

認定NPO法人あかねグループは、1982年に団体を発足してから今年で36年を迎える、東北の配食サービス草分け的存在です。理事長の清水福子さん、事務局長の原美香さんにお話を伺いました。

DSC09626 (640x427) (2).jpg
▲(右)理事長の清水さん、(左)事務局長の原さん

伺った事務所の1階には、厨房と誰でもコーヒーや軽食を楽しめる喫茶店「あかねサロン」があります。「あかねサロン」は、月曜〜金曜の10:30〜15:00まで誰でもコーヒーを飲んだり食事ができる場所です。

既に取材経験がある渡邉さん、佐藤さんは、さすが次々に質問を投げかけていました。
取材の後は、「あかねサロン」を案内していただき、利用者の方とお話をしたり、日替わりメニューを見せていただいたり。最後はお弁当の準備をしているところを外から見学。
200食のお弁当が積み上げられているところは壮観でした。
清水さん、原さん、スタッフの皆さん、お忙しいところ取材にご協力をいただきまして、ありがとうございました!!

------------------------------------------------------
喫茶店「まちカフェ あかねちゃん家(ち)」のご案内喫茶店
------------------------------------------------------
毎月第4土曜日に「あかねサロン」で開催する月にいちどの企画です。定額で提供するのは栄養バランスのよい手作りごはん。こどもからお年寄りまで、どなたでも利用でき、安心して召し上がっていただけます。遠見塚のこの小さなサロンが、ゆるやかにつながる居心地のよい場所となりますように。

開催期間:2018年6月〜2019年3月
開催日:毎月第4土曜日
営業時間:10:30〜15:00
料金(税込):こどもごはん200円 おとなごはん500円 
※こどもごはんは中学生まで。内容・量はおとなごはんと同じです。

ご予約受付中。
※フリーでもOKです。
※アレルギーをお持ちの方はお知らせ下さい。

連絡先:認定特定非営利活動法人あかねグループ
住所:〒984-0823仙台市若林区遠見塚1-5-35
H P:http://npo-akane-group.jimdo.com/
TEL:022-285-0945
2018年06月24日(Sun) 市民ライター講座2018<2日目・試す>模擬インタビュー!


こんにちは。スタッフの鎌田です。

5月28日から始まった市民ライター講座。
まちづくりや市民活動の情報発信をしたい人などに向け、
プロの新聞記者から書く力、聞く力、伝える力を身に付ける方法を学ぶ連続講座です。

6月7日(木)は、ライター講座第2回目。模擬インタビューで取材の練習をしました。
今回の講師は前回に引き続き大泉大介さんです。
2人1組になって10分間、お互いにインタビューを行い、
2分にまとめ発表する、自己紹介ならぬ他己紹介を行いました。

それぞれペアになった2人は相手とペースを合わせながら(ペーシング)
相手の話のどの部分を切り取ろうか考えます。

A.JPG
▲それぞれの方法で相手の話を引き出します

ペアになった2人の発表は不思議と同じような傾向に。
最初の1人が相手の趣味についてインタビューすると、後の1人も相手の趣味についてインタビュー。おのずと発表の内容も似てきます。
これを大泉さんは「作用・反作用の効果」と話します。

当たり前ですが、相手は自分が質問したことにしか答えません。
相手からの答えは、自分がした質問の質に比例します。
多様な質問ができたかどうか、返ってきた答えをもとに書く原稿に大きく影響することを。
取材前には、念入りな下調べが必要だということをそれぞれが実感した講座となりました。

B.JPG
▲他己紹介の様子
10分間のインタビューの中で、相手の現在・過去・未来を聞き出し、その中から記事に出来そうな部分を取り出す「情報の整理」に苦戦していた方も多かったよです。

さて、次はいよいよ取材本番exclamation×2
座学で学んできた成果やいかに。

前回の様子はコチラ→☆★☆

2018年06月17日(Sun) 6/29開催<西公園ミーティング実行委員会×サポセン共催事業のご案内>


西公園ミーティング実行委員会とサポセンが共催し、「この街の協働のあり方について」をテーマに対話します。どなたでもお気軽に参加いただけます。

喫茶店--------------------------------------------------------
土曜日の公園で話そう・この街の協働のあり方について
----------------------------------------------------------かわいい
日 時:6月29日(金)18:00〜20:00
会 場:仙台市市民活動サポートセンター1Fマチノワひろば
参加費:無料
テーマ:「この街の協働のあり方について」
詩人で、西公園ミーティング実行委員会の武田こうじさんによる「土曜日の公園で話そう」という公開ミーティング。近年いろんなところで目にする「協働」という言葉。それをどのように捉えてい るのか、それぞれの立場から見えていることを対話を通して、考えていこうとい
う企画です。

登壇者:仙台市市民局市民協働推進課課長 上田正人氏
    特定非営利活動法人せ んだい・みやぎNPOセンター事務局長 青木ユカリ氏
    仙台市市民活動サポートセンターセンター長 太田貴


DSC_291920(800x436).jpg
▲2018年12月21日(木)「土曜日の公園で話そう・荒浜編」の様子

位置情報過去レポート
◯西公園4WEEKS「土曜日の公園で話そう」公開ミーティング
◯「土曜日の公園で話そう・荒浜編」公開ミーティング

電話問い合わせ先
西公園ミーティング実行委員会 
TEL 090-2954-7719
仙台市市民活動サポートセンター
TEL 022-212-3010
2018年06月09日(Sat) 今年もスタート!まいぷろ・かべしんぶん部<第1回「顔合わせ・オリエンテーション」>


こんにちは。スタッフの舞草です。
「まいぷろかべしんぶん部」が今年もスタートしました!
宮城野区中央市民センターの若者社会参画型学習推進事業「まいぷろかべしんぶん部」では、
壁新聞づくりを通じて若者が地域の活動やまちづくりに主体的に関わる機会を作っています。
昨年に引き続き、サポセンでは事業企画や講師コーディネートなどでお手伝いさせていただきます。

第1回目は、6月2日(土)に宮城野区中央市民センターで始まりました。
初回の顔合わせには、尚絅学院高校のインターアクト部4名、尚絅学院高校OGも含め計8名が参加しました。
インターアクト部とは国際理解や社会貢献を目指し、ボランティアなどに取り組んでいる部活動です。

宮城野区中央市民センターの大石センター長からご挨拶をいただき、いよいよ活動スタート!
まずは緊張をほぐすために、アイスブレイク。2人組になって共通点探しゲームをしました!

@.jpg

「…2人の共通点はどこだろう?」「性別!」「髪型が同じだね」「好きな音楽が同じだ!」etc…出てくる出てくる!最初の緊張がウソのように盛り上がっていました。

オリエンテーションでは、かべしんぶん部入部への思いや、作ったかべしんぶんを誰に読んでもらいたいかなどを発表しました。

A.JPG

C.jpg

「地域の新たな一面を知ってほしい」「地域の良さや課題を伝えたい」といった地域貢献を目指す声、「自分から何かに挑戦したい」「文章力をつけたい」など、自分自身の成長を目指す声まで、様々な想いが飛び交っていました。

B.jpg


さて、今年度、前期のかべしんぶんのテーマは「商店街」。
商店街の課題を自分たちで調査し、その課題をどうやって解決して商店街を盛り上げていくかを「かべしんぶん」を通して考えていきます。

これから12月まで、街歩きや取材、執筆など様々な活動を通してまちに飛び込みます。
「まいぷろかべしんぶん部」の活動は随時サポセンブログで発信していきます。

ドキドキの第1回目の活動でしたが、わきあいあいとした良い雰囲気で好スタートが切れたと思います。かべしんぶん作りを通して自分たちの住む街をもっと良くしたい!という気持ちがたくさん伝わってきました。どんなかべしんぶんが完成するのか、私も今から楽しみです!
2018年06月03日(Sun) 「サポセン・コトハジメ塾」を開催しました!


こんにちは、スタッフの小林です。

5月19日(土)、サポセン1階のマチノワひろばで、今年度初めての
「サポセン・コトハジメ塾」を開催しました。
「地域のために何か始めてみたい」「ボランティアに興味がある」「まちづくりについて知りたい」このような方を対象に、市民活動の基礎知識を事例とともにお伝えする講座です。
この日ご参加いただいた方は6人でした。

講師は、サポセンスタッフの宮崎です。
身近な活動事例として、サポセンも利用しているNPO法人green bird(グリーンバード)、
市民スポーツボランティアSV2004NPO法人アマニ・ヤ・アフリカの3団体を紹介しました。
また、非営利団体のこと、非営利のしくみなども説明し、コトハジメのはじめの一歩としての参加の仕方や情報の取り方も説明しました。
今回の参加をきっかけに、いろいろな活動を知って、
気軽に活動に関わる方が増えるとうれしく思います晴れ

DSC09337.JPG
▲1階マチノワひろばには、ミニイベントができる空間ができました。

後半には、さまざまな活動をサポートするサポセンの機能や活用法を紹介する、
サポセンガイドツアーをスタッフ小林が行いました。
サポセンは2月にリニューアルし、情報発信と交流の拠点として衣替えした1階や、
市民活動団体のアーカイブ情報が自由に閲覧できる3階、
目的に応じて使い分けができるようレイアウトを工夫した5階交流サロンを中心に案内しました。

DSC09371.JPG
▲3階のご案内

参加された方からは、使用に際の申込み方法についてなど積極的な質問が出ました。
今回をきっかけに、サポセンを利用していただく方が増えるとうれしいです!
また、すでに市民活動や地域のまちづくりをしている方も、リニューアルしたサポセンの使い方をマスターして、今後の活動に役立てていただくことを願っています。

コトハジメ塾は、45分間というコンパクトで参加しやすい塾です!
今後も定期的に開催しますので、ぜひお気軽にご参加くださいいい気分(温泉)
チラシ、当センターホームページブログでお知らせします!


| 次へ