CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ボランティア情報 | Main | サポセンの事業報告»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年09月13日(Thu) 10月10日〆切<「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム」>募集開始のご案内

公益財団法人住友生命健康財団より、助成金情報が届きました。
以下、概要です。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム」
新規助成

-----------------------------------------------------------------------------------------

○募集対象事業
助成の募集対象となるプロジェクトは次の2課題です

【一般課題】地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につながる独自性のある
コミュニティスポーツの実践
【特定課題】心身の障がいや長期療養などにより社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践

○助成対象団体
・民間の非営利団体(法人格の種類や有無を問わない)、あるいは民間の非営利団体を含む
複数の団体によるチーム
・日本国内に活動拠点があり、原則として1年以上の団体運営と活動実績がある(チームの場合は構成団体の一つにおいてこの要件を満たしている)
・団体またはチームの目的や活動が政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていない

※助成対象となる団体は、スポーツ分野を専門とする団体に限りません。なお、
個人は対象になりません。

○助成金額
【第一種助成】1件あたり50万円以下
特定の地域を拠点として独自のコミュニティスポーツに取り組むもの
【第二種助成】1件あたり200万円以下
地域や分野の異なる複数の団体が協力してチームをつくりコミュニティスポーツの発展と普及に取り組むもの

○募集期間
2018年9月10日(月)〜10月10日(水)必着

○応募方法
所定の応募用紙に必要事項を記入した応募企画書を作成のうえ、この貢の下に記載してある「応募先」に電子メール、あるいは簡易書留・宅配便などの配送記録の残る手段でお送りください。

○応募用紙の入手方法
第一種助成と第二種助成では応募用紙が異なります。
各応募用紙は住友生命健康財団のURLよりダウンロードしてください。
郵送をご希望の場合は、郵便番号、住所、宛名、連絡先(電話番号)を明記し、
「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム応募用紙郵送希望」と記入の上、
住友生命健康財団宛にFAXにてご連絡ください。
URL:http://www.skzaidan.or.jp/
FAX:03-3352-2021

○応募・問い合わせ先
公益財団法人住友生命健康財団 助成プログラム係(担当:谷利・天野)
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-41 住友生命四谷ビル6階
TEL:03-5925-8660
FAX:03-3352-2021
E-mail:sports☆am.sumitomolife.co.jp(☆を@に変えて送信)
2018年07月27日(Fri) 9月30日〆切<「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業>募集開始のご案内


社会福祉法人宮城県共同募金会より、助成金情報が届きました。
以下、概要です。


-------------------------------------------------------------------------
「みやぎチャレンジプロジェクト」助成事業
-------------------------------------------------------------------------
○趣旨
昨今、少子高齢化や格差社会が進展し、自殺・災害・子育てなど多様な生活課題を抱える市民の、生活不安は拡大しつつあります。本プロジェクトは、従来10月1日から3ヶ月間行っている共同募金運動の期間を3ヶ月間拡大し、その期間で各団体が取り組む地域の課題解決のための活動費を共同募金会と共に集め、課題解決を図るものです。

○募集対象事業
各団体が取り組む社会課題解決事業
例えば→
生活・地域課題(まちづくり、過疎、居場所作り、見守り、子育て、権利擁護等)
社会課題(ニート・不登校・自殺・孤立・貧困・犯罪被害者支援・ホームレス・DV・更正保護等)

○助成対象団体
県内において活動する民間の非営利団体で、下記の要件を満たした団体を対象とする。(個人は対象外)
@県内に活動拠点を置き、県域または各市町村で活動をしている団体であること。
法人格の有無は問わない。
A5名以上で構成され、団体としての活動実績が原則1年以上であること。
B団体の会則(定款)・事業計画・予算・決算等が整備されていること。また、団体名義の金融機関預金口座を開設していること。
C企業、政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
D寄付者からの信頼に十分に応えうる組織体制と活動実績があり、事業内容や成果および会計情報を公開できる団体であること。

○助成金額
1団体あたり10万円以上

○募集期間
平成30年9月1日(土)〜9月30日(日)

○応募・問い合わせ先
所定の申請書に必要事項を記入し、下記まで提出ください。

社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051
仙台市若林区新寺1丁目4-28
TEL 022-292-5001
FAX 022-292-5002
E-mail:post★akaihane-miyagi.or.jp(★を@に変換)
ホームページ http://www.akaihane-miyagi.or.jp


2018年07月17日(Tue) 9月21日〆切<かめのり賞>募集開始のご案内


公益財団法人かめのり財団より助成金情報が届きました。      
以下、概要です。

----------------------------------
第12回かめのり賞
----------------------------------

◯募集対象事業
日本とアジア・オセアニアの若い世代を中心とした相互理解・相互共有の促進や人材育成等懸け橋となる活動

◯助成対象
@NPO(非営利団体)、ボランティアグループ、個人であること
A過去、かめのり賞の顕彰を受けていないこと

◯助成金額
 かめのり大賞、かめのりさきがけ賞:各100万円
 最終選考まで進み、受賞できなかった団体/個人には30万円

◯申請期限:2018年9月21日(金)

◯提出・問合せ先
 応募書類は下記の方法でご提出ください。
 郵送:公共財団法人かめのり財団「かめのり賞」係
 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-5ベルヴュー麹町1F
 Tel:03-3234-1694 Fax:03-3234-1603
 Mail:info★kamenori.jp【★を@に変えて送信)

○応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html
2018年07月07日(Sat) 7月31日〆切<2018年度国際交流基金地球市民賞>募集開始のご案内

独立行政法人国際交流基金より、助成金情報が届きました。      
以下、概要です。

---------------------------------------------------
2018年度 国際交流基金地球市民賞応募
---------------------------------------------------

◯募集対象事業
@文化・芸術による地域づくりの推進(日本と海外をつなぐ文化・芸術の交流を通じて、豊かで活気のある地域やコミュニティをつくる活動など)
A多様な文化の強制の推進(外国人の多様な文化を理解、尊重し、共に豊かで活気のある地域コミュニティを築いていこうとする活動など)
B市民連携・国際相互理解の促進(共通の関心や問題意識を通じ、日本と海外の市民同士の連携や相互理解を深める活動など)

◯助成対象
公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体。
※団体の法人格は問わないが、地方自治体は対象にならない。

◯助成金額
1件200万円 (正賞・副賞、合計3件)

◯申請期限
 2018年7月31日(火)

◯提出先
 応募書類は下記の方法でご提出ください。
 国際交流基金コミュニケーションセンター地球市民賞事務局宛

郵送:〒160-0004 東京都新宿区四ツ谷
メール:chikyushimin★jpf.go.jp(★を@に変換)
FAX:03-5369-6044
応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/


○問合せ先
国際交流基金コミュニケーションセンター地球市民賞事務局宛
TEL:03-5369-6075
2018年07月06日(Fri) 7月20日〆切<住民参加型福祉活動資金助成>募集開始のご案内


公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団より、助成金情報が届きました。     
以下、概要です。

------------------------------------------------------------
NPO基盤強化資金助成 住民参加型福祉活動資金助成
------------------------------------------------------------

◯募集対象事業
地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的名支援を行う活動

◯助成対象
@東日本地区に所属する団体(北海道・青森・岩手・宮城・秋田・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・新潟・長野・富山・石川・福井・愛知・岐阜・静岡・三重)
A5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問わず)ただし、社会福祉法人は除く

◯対象活動期間:2020年3月末日まで実施の活動
◯助成金額:1団体上限30万円(総額600万円)
◯申請期限:2018年7月20日(金)17時
○申請方法:インターネット申請
○概要URL:http://sjnkwf.org/jyosei/juminsankagata.html

○問合せ先
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
TEL:03-3349-9570 FAX:03-5322-5257
2018年07月03日(Tue) 7月13日〆切<三菱重工みやぎ・ふくしまミニファンド>募集開始のご案内


三菱重工グループより、宮城県、福島県を対象地域とした助成金情報が2件届きました。締切間近ですが、お役立てください。      
以下、概要です。

----------------------------------------------------------
@事業支援:住民グループによる交流や連携の場づくり
----------------------------------------------------------

◯募集対象事業
自治会をはじめとする、活動対象地域内に居住する住民等のグループによって行われる、コミュニティ形成(連携やつながりづくり)を図る活動。
A)仮設住宅団地、公営住宅団地の入居者むけの活動
B)仮設住宅団地、公営住宅団地が立地をする周辺地域における相互交流等の活動
C)仮設住宅団地、公営住宅団地の“立地に関わらず”、被災地域における支えあいの活動

◯助成対象
対象地域内に居住する住民によって構成され、且つ活動地域内に拠点を置くグループ・団体等
1)地元住民5名以上のグループ
2)仮設住宅や災害公営住宅の自治会等や町内会等
3)仮設住宅や災害公営住宅が所在する地域の自治会や町内会等
4)PTAやまちづくり等のために活動するグループ等
5)市民活動団体(任意団体含む)、特定非営利活動法人、一般社団法人等
6)1~5に該当し、報告書の提出と資金の管理が出来る組織

◯助成金額
 上限25万円

-----------------------------------------------------------------------
A伴走型支援:外部支援組織によるコミュニティの形成伴走支援
-----------------------------------------------------------------------
◯募集対象事業
A)仮設住宅団地、公営住宅団地の入居者向け/自治会支援の活動
B)仮設住宅団地、公営住宅団地が立地をする周辺地域における相互交流等の活動
C)複数の仮設住宅団地、公営住宅団地が一緒に取組むイベント等の活動

◯助成対象
対象地域内に本拠地を置く、あるいは同地域を活動の対象とし、コミュニティ形成支援を主として取組むグループ・団体等
1)仮設住宅・公営住宅団地の自治会等、あるいは仮設住宅・公営住宅団地が立地する周辺自治体等の活動を支援する取組みを行っている団体
2)市民活動団体(任意団体含む)、特定非営利活動法人、一般社団法人等※法人格問わず
3)仮設住宅・公営住宅団地の自治会等、あるいは仮設住宅・公営住宅団地が立地する周辺自治体等の活動を支援する取組みについて、活動実績を1年以上有すること
4)原則として宮城県・福島県内に本拠地、あるいは活動拠点を有していること
5)1~4に該当し、報告書の提出と資金の管理が出来る組織


以下、@A共通内容
◯対象活動期間:2018年9月1日〜2019年1月15日実施の活動
◯助成金額:上限25万円
◯対象活動期間:2018年9月1日〜2019年1月15日実施の活動
◯申請期限:2018年7月13日(金)
◯応募方法:郵送
○提出・問合せ先   
「三菱重工みやぎ・ふくしまミニファンド」事務局
公益財団法人地域創造基金さなぶり
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-2-23 桜大町ビル602   
TEL:022-748-7283 FAX:022-748-7284
MAIL:MCDF★sanaburifund.org(★を@に変換)
※月曜日〜金曜日(祝祭日を除く)9:30~18:30

応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://www.sanaburifund.org/shiensupport/seek_support/mcdf/

2018年07月01日(Sun) 7月6日〆切<平成30年度第2回社会福祉施設等の整備に対する助成>募集開始のご案内


公益財団法人車両競技公益資金記念財団より、助成金情報が届きました。  
以下、概要です。

-------------------------------------------------------------
平成30年度第2回社会福祉施設等の整備に対する活動助成
-------------------------------------------------------------

◯募集対象事業
社会福祉施設等の補修改善事業
完成後15年以上経過した保育所等、障害者支援施設及び更生保護施設 で老朽化等により利用上支障をきたし、その原状回復が必要と認められる事業。
 ただし、老朽化が著しく上記施設と一体として行われる事業、又は耐用年数を経過し使用不能となっている設備については、完成後15年を経過していない場合であっても助成対象とすることがある。
また、本財団の助成を受けて補修事業を完了してから5年間は助成の対象から除く。

◯助成対象
(1) 保育所等及び障害者支援施設については、社会福祉法人とする。
(2) 更生保護施設を運営する法人とする。



◯対象活動期間
平成30年度における助成事業実施期間は、本財団からの交付決定後、原則として平成31年3月31日までに終了する事業とする。

◯助成金額
(1) 保育所等については、原則として助成対象経費の2/3以内とし、助成金限度額は400万円以内とする。
(2) 障害者支援施設については、原則として助成対象経費の3/4以内とし、助金限度額は750万円以内とする。ただし、助成事業対象箇所は、障害者支援施設内の便所及び浴室とする。
(3) 更生保護施設については、原則として助成対象経費の2/3以内とし、助成金限度額は1,000万円以内とする。
 

◯申請期限
平成30年7月6日(金)

◯提出先
 応募書類は下記の方法でご提出ください。
 郵送:社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051 仙台市若林区新寺1丁目4-28

応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://akaihane-miyagi.or.jp/news/1508

○問合せ先
(1) 保育所等
 社会福祉法人 宮城県共同募金会 事務局
 TEL 022-292-5001 /FAX 022-292-5002 
Mail post★akaihane-miyagi.or.jp (★を@に変えて送信してください)
(2) 障害者支援施設及び更生保護施設
 〒113‐0033 
 東京都文京区本郷3丁目22番5号住友不動産本郷ビル8階
 公益財団法人 車両競技公益資金記念財団 公益事業部公益事業課
 TEL 03-5844-3070(直通)/FAX 03-5844-3055
 Mail kouekikinenzaidan@vecof.or.jp
 HP  http://www.vecof.or.jp/
 
2018年06月28日(Thu) 7月6日〆切<高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成事業>募集開始のご案内


公益財団法人車両競技公益資金記念財団より助成金情報が届きました。      
以下、概要です。

------------------------------------------------------------------------------
高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成事業
------------------------------------------------------------------------------
◯募集対象事業
国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であって、
次に掲げるボランテ ィア活動に必要な各種器材の助成事業とする。
  ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に
   直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
 イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、
   自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については
   助成の対象としない。
 ウ.収益事業は助成の対象としない。
 エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。

◯助成対象
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。

◯対象活動期間
助成金交付決定後に事業を実施し、平成31年3月31日までに事業を終了すること。

◯助成金額
助成率は、9/10以内とし、助成金の限度額は、90万円とする。

◯申請期限
平成30年7月6日(金)

◯提出先
応募書類は下記の方法でご提出ください。

郵送:社会福祉法人 宮城県共同募金会
〒984-0051 仙台市若林区新寺1丁目4-28 
応募方法、申請書のダウンロードは、こちらのページよりご確認ください。
http://akaihane-miyagi.or.jp/news/1508

○問合せ先
社会福祉法人 宮城県共同募金会 事務局
TEL 022-292-5001 /FAX 022-292-5002 
Email post★akaihane-miyagi.or.jp(★を@にして送信してください)
2018年06月16日(Sat) 募集期間7/1〜9/30<仙台のまちづくりに取り組む団体を応援したい!>仙台みどりと風の会 市民活動応援賞


任意団体としてリ・スタートした「仙台みどりと風の会」が、2018年から市民活動への助成金事業を始めることになりました。
以下、概要です。


======================================
     仙台みどりと風の会 市民活動応援賞
======================================

○趣旨
仙台みどりと風の会に寄せられた芳志をもとに、仙台のまちづくりを長きにわたって支え、先導してきた市民活動の成果をたたえ、今後のさらなる活動の活性化を願って「仙台みどりと風の会 市民活動応援賞」を設けることとなりました。

○応募資格・条件
仙台市内及びその近郊において、以下の特色を持った活動をおおむね3年以上継続しているグループもしくは団体
・仙台が抱える諸課題に対し、先駆的な解決策を探り実践しているもの
・地域活動において、若い世代と高齢世代の融合を図り、連携した活動を長期にわたり実践しているもの
・地域の諸団体が連携し、長期的に地域課題の解決に取り組んでいるもの

○賞金
各団体の活動に応じ、10万〜30万円(年間5団体程度を予定)

○応募方法
所定の様式に必要事項を記入の上、仙台みどりと風の会事務局あて、締切日までに送付する。(当日消印有効)

○募集期間
平成30年7月1日〜平成30年9月30日

○選考方法
第一次選考(書類選考)を通過した団体を対象に、第二次選考(プレゼンテーション及びヒアリング・公開)を行います
第一次選考予定日→平成30年10月23日(火)
第二次選考予定日→平成30年11月29日(木)
選考結果の発表→12月初旬

詳細・応募用紙のダウンロードはこちら
http://www.okuyama-emiko.net/project/

○応募・問合せ先
〒981-0901 仙台市青葉区北根黒松10-11 仙台みどりと風の会 事務局
TEL/FAX 022-233-4550

2018年05月10日(Thu) 募集期間5/21〜5/25<地域の宝・文化財の保存活用を考えているNPOにオススメ>NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業 平成30年度募集


文化庁からのお知らせです。
以下、概要です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業
平成30年度 募集案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

文化庁では、平成28年度から「NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業(以下、自立支援事業)」を実施しています。これは、特定非営利活動法人や市民団体等が提案する文化財建造物の自立した維持管理と積極的な活用を図る事業案のうち、実現性や具体性、自立的な発展性に優れたものを選定して、文化庁の「自立支援事業」として委託して実施するものです。

●事業実施団体の要件
文化財建造物の保護に関わる活動をしているNPO等であって、以下の@からCまでの要件をすべて満たすものとします(ただし、地方公共団体を除く)。
@予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。なお、未成年者、被保佐人又は被補助者であって、契約の締結のために必要な同意を得ている者は、同条中、特別な理由がある場合に該当する。
A文部科学省から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。
B政治活動や宗教活動を主たる目的とした団体ではないこと。
C法人格を有していない場合には、以下の要件を満たしていること。
 ・定款、寄付行為又はこれらに類する規約等を有すること。
 ・団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること。
 ・自ら経理し、監査する等の会計組織を有すること。
 ・団体活動の本拠としての事務所を有すること。

●事業の実施方法
本募集案内に基づき、所定の様式を用いて、「自立支援モデル」の検討事業を行う実施体制及び検討方式(例:数回のワークショップの実施、社会実験による解決案の検証等)を提案した「企画提案書」をご提出ください。企画提案書については、外部有識者による委員会で審査し、採択したものを委託事業として実施します。事業実施団体には、文化庁が開催する報告協議会で実施成果を報告していただきます。また、業務成果報告等を文化庁に提出していただきます。


詳しくは文化庁HPをご覧ください。
公募要領や申請に必要な書類のダウンロードもできます。
平成30年度NPO等による文化財建造物管理活用の自立支援モデル検討事業の募集


●企画提案書提出先及び問合せ
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
文化庁文化財部参事官(建造物担当)付 整備活用部門
TEL:03-5253-4111(内線 2798) FAX:03-6734-3823
E-mail:aseibi☆mext.go.jp(☆を@に変換)

| 次へ