CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NPO法人WEL’S新木場 | Main | 語り手たちの会・みやぎ»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2011年04月12日(Tue) 西公園プレーパークの会

【利用団体】
■団体名
 西公園プレーパークの会

■代表者名
 佐藤 慎也

■連絡先
 TEL:090(7562)6154 FAX:022(282)2102
 担当:佐々木
 E-mail:kurobe_s@nifty.com

■ウェブサイト
 http://homepage1.nifty.com/KUROBE/

■団体の活動目的
 遊びを通して、子どもも大人も生き生き出来る環境を作ることを目指して、
 1.仙台でのプレーパークづくり
 2.遊びやプレーパークについての研修会やシンポジウムの開催
 の2つの活動を行うことを目的としています。

■団体の活動内容
 子どもたちが「いつでもいける」「誰でも遊べる」「やってみたいに挑戦できる」遊び場を、いろんな人とつながり、支えていく。
 1.西公園プレーパーク事業
 2.西公園ちびぱーく事業
 3.西公園杜の応援団事業
 4.メディアテークdeちびぱーく事業
 5.近隣交流・広報事業など

■復興支援に関する活動
 西公園は、市街地にあり建物などへの被害は大きくはなかったが、子どもの親からは「暗くすると怖がる」「うつろな目をしている」「余震のたびに、地震や津波を怖がる」「しがみついて離れない」など、子ども達が地震の非常に強い恐怖の体験を受けて、心が混乱しているとうかがえる。
 現在、子どもたちに必要なのは、1.友達と会えること。2.心を解放して遊べること。3.信頼できる大人(親でも親以外の大人でも)だと考える。
 被害の大小関係なく、上記の3つが満たされた遊び場をつくることを目的として活動する。様々な人がつどう遊び場は、子どもや大人にとっても地震のつらい体験を乗り越え、生きていく上で重要な居場所となると考える。
 また、これからの西公園プレーパークは、西公園での遊び場であると同時に、酷い被害を受けた地域での子どもの居場所づくりをするにあたっての、事前トレーニングの場になればと考えている。
 なお、全国組織である「日本冒険遊び場づくり協会」では、被災地での遊びを通した子どもの心のケアに取り組むことを計画している。
コメントする
コメント