CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«活動日10/14(月・祝):ボランティア募集!第12回一箱古本市定禅寺ブックストリート | Main | 10/31締切<仙台ゴスペル・フェスティバル>ボランティアスタッフ募集中!»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年10月11日(Fri) 宮城野原案内人の会流のまち歩きとは〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの松村です。
早いもので10月ですね。暑さも和らぎ、過ごしやすい時期になりました。
これから紅葉の季節、のんびり散歩にでかけたくなりますね晴れ

ぱれっと11月号では、宮城野原案内人の会のみなさんをご紹介します。
取材、執筆を担当したのは、市民ライターの阿部哲也さんです。

DSC02175.JPG
▲活動拠点である、宮城野区中央市民センターでお話を伺いました。
 手前から、矢吹さん、菅野さん、山田さん、佐野さん、星さん
 向かいに阿部哲也さん。

宮城野原案内人の会は、宮城野区を拠点に活動する地域ガイドボランティアです。
毎月1回の街歩き企画には、20人〜30人が参加します。

大切にしているのは、参加者と宮城野原の今、昔の生活模様、暮らしの様子を思い起こすように歩くこと。
参加者の多くは「小さい頃、ここで交通安全の旗振りしている人がいてさ」、「昔、ここは仙石線の線路があったんだよ」と、楽しいおしゃべりを楽しみにしています。
メンバーのみなさんも「参加者のみなさんから、改めて地元のことを教えてもらうことも多い」と、交流を楽しんでいます。

春は、桜を楽しみに宮城野原駅から清水沼、榴ヶ岡公園を歩いたり、七夕の季節は、にぎやかな飾りを眺めながら原町本通りを歩いたり…。一番人気は仙石線の消えた踏切跡をめぐるコースです。
山田さんは、「これからも、こつこつ住民目線で歩くことを楽しんでいきたい」と話してくれました。


DSC02185.JPG
▲阿部さんが持参した宮城野区の地図を囲むみなさん。

阿部さんも、街歩きが大好き。「地図を眺めながら、ああでもないこうでもないと何時間でも話せるんです!」と宮城野区の大きな地図を持参。
取材終了後、地図を広げ、隠れた名所や普段気になっていた場所について話し混んでいました。

楽しい時間をありがとうございました!
この「突撃レポート!」は11月号に掲載です。
お楽しみに!