CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«謎杜プロジェクト代表根本聡一郎さんにお話を伺ってきました〜ぱれっと取材日誌〜 | Main | まちかど発信隊キックオフイベント開催しました!TOHOKU360☓サポセン»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2019年03月22日(Fri) あなたも出来る被災者支援「知恵を絞るとこんなアイディアが…」〜サポセンブックレビュー〜


こんにちは。スタッフの于楽です。
サポセンの図書コーナーから、オススメの本をご紹介します。

--------------------------------------------------------------
サポセン図書コーナーよりスタッフオススメ図書をご紹介
---------------るんるんサポセンブックレビューるんるん---------------

ー被災者支援23年・元気アップ活動事例ー
あなたも出来る被災者支援「知恵を絞るとこんなアイディアが…」

3月ブックレビュー2.jpg


「喜ばれればボランティア。嫌われれば、ただのお節介です」。
20年にもわたってボランティア活動に取り組んできた「ひまわりおじさん」こと荒井勣さんの私的なボランティア論。このような実践を通して気づいた、ボランティアをやるときの心得を、様々な事例を語りながら紹介するのは、荒井さんがまとめたこの一冊です。

阪神・淡路大震災で被害を受けた者でもあったが、困っていた周りの人たちを支えたかったのがきっかけに災害支援活動を始めた荒井さんは、その後、新潟県中越大震災や奄美大島豪雨など多くの災害が起きた時に、東日本大震災の時にも宮城に来ていたように、日本列島のあちこちで被災者へ支援に没頭した姿を見せています。
避難所で温水シャワールームを設置したり、小さなサロンを作って話し相手と憩いの場を提供したりして、また、食器を集めて配るなど、災害に遭った人々に寄り添った活動を続けています。

ボランティアをやっていると、どうしてもいろいろな制限に困ってしまうことに遭遇しますが、限られた時間と資金と人材をどう有効に使って、「喜ばれる」活動ができるかを教えてくれるのは、この一冊に満載した荒井さんの経験です。

ボランティア活動に興味のある方、ぜひ本書を一読して、経験者の知恵を借りて活動を始めてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
編集者・発行:NPOひまわりの夢企画 ひまわりオジサン 荒井 勣
制作:交友プランニングセンター・友月書房
発行日:2017年3月11日(第一刷発行)
----------------------------------------------------------------------

位置情報サポセンで本を借りよう!!
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。
スペースの関係で閉架しているものが多くなりましたが、引き続きサポセン1階「マチノワひろば」に貸出図書を設置しています。
なにか書籍をお探しの場合は、スタッフまでお気軽にお声がけください。

ひらめきサポセン在庫書籍一覧(0190224更新).pdf