CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2018年8月の仙台は協働の夏。そうだ、サポセンに行こう! | Main | 第三世代が考える ヒロシマ「    」継ぐ展―8月10(金)〜8月15(水)に親子連れや若い世代を対象とした平和学習ができる 企画展が開催されます。»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年08月06日(Mon) 市民ライター講座の成果発表!<市民活動団体の取材と原稿執筆に挑みました>


こんにちは。スタッフの松村です。
市民ライター講座は、地元紙・河北新報社の協力のもと、プロの記者から取材と執筆のいろはを学ぶ連続講座です。実際に市民活動団体を取材し、記事執筆の課題に向き合います。

今年度は、5月28日から7月6日までの5日間で開催。
講座のゴールは、仙台で活動する団体の活動の一助になるような記事を書き、多くの人に活動を発信することです。
15人で奮闘した成果のうち5本の記事は「取材体験 地域のいまを伝えよう」と題し、
8月2日の夕刊紙面に掲載されました!
ご覧になりましたか??

他、10人の記事はこちらのブログで順次公開していきます!

<取材協力団体>
認定NPO法人あかねグループ
薬害被害者支援サークルballoons+
ぼーだれすアートくらぶBACせんだい
こよみのあしおと
外国人の子ども・サポートの会

a.jpg
▲3回以上の校正を経て、「伝えること」にチャレンジしました!

市民ライター講座は、2014年に始まり、2018年で7回目を迎えました。
これまで111人の市民が参加しました。
今後も継続的に発信活動をしてみたい!と地域で活動する人も多くいます。
例えば、こんな場面で…
TOHOKU360
「あらっE!」プロジェクト
SEN.
サポセン機関紙「ぱれっと」

市民一人ひとりの発信には、誰かの背中を押したり、助けになったり、
さまざまな影響を与える力があります。小さな声でも、少しずつ共感を呼び、仲間に、多くの人に届き、社会を動かす力になります。
市民メディアの今後に注目くださいぴかぴか(新しい)

ひらめき情報市民ライター講座2018これまでの様子→☆☆☆