CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«7月20日〆切<住民参加型福祉活動資金助成>募集開始のご案内 | Main | 7月31日〆切<2018年度国際交流基金地球市民賞>募集開始のご案内»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2018年07月06日(Fri) 薬害被害者の心に寄り添う学生団体と、障がい者による表現活動応援~市民ライター講座・取材体験レポート~


こんにちは。スタッフの鎌田、松村です。
市民ライター講座取材体験レポートを最終回をお届けします!

リボン6月10日(日)15:00〜16:00
ぼーだーれすアートくらぶBACせんだいin仙台市市民活動サポートセンター

市民ライター平塚千絵(ひらつかちえ)さん、鈴木智子(すずきともこ)さん、サポセンスタッフ鎌田みずほの3名がぼーだーれすアートくらぶBACせんだいの取材に行ってきました!
障がいがあるどもたちが心のままに生み出される絵画や立体などのアート作品を仙台市民に見てもらおうと展示や販売活動をしている団体です。

BAC.jpg
▲河本さんに子どもたちの作品について1つ1つ説明をしていただきました。

代表河本達子さんのお話をお伺いして平塚さん、鈴木さんは「今まで知ることのなかった分野にライター講座を通して触れることができた」と話してくれました。

どんな記事ができあがるのでしょうか?楽しみです!


リボン6月16日(土)10:00〜12:00
薬害被害者支援サークルballoms+ in仙台市市民活動サポートセンター

市民ライター講座、取材体験最後のチームです。
取材先は、薬害被害者支援サークルballoms+(ばるーんずとす)です。
薬の安全性が軽視されたために起こる「薬害」の実情を大学の授業で知り、被害者のちからになろうと活動しています。院内レクレーション企画、就労相談など被害者の日常生活上の困難に対して支援活動を行う、全国で唯一の学生ボランティアサークルです。
お話を伺ったのは、東北大学理学部4年の篠ア洸希さんです。今年4月から活動に参加するようになったそうです。
「大人たちが取り囲んじゃってごめんね〜」と、受講生のみなさん。篠崎さんと、受講生のみなさんは親と子ほどの歳の差がありましたが、笑い話も交えながら篠崎さんも終始リラックスした様子でした。

DSC09709.JPG
写真左手前から、受講生の福地裕明さん、小野寺淳一さん
右手前から、受講生の相澤顕子さん、篠崎さん

取材を終えた受講生からは、
「薬害って難しいなと思ったけれど、ワクチンを子どもに受けさせる親として、身近な話だった」、「薬害根絶のためにできることはないかなぁ…」などの感想、気持ちの変化を聞くことができました。

原稿提出に向け、みなさん頑張ってください!
合評会のレポートもお楽しみに!