CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11月29日説明会開催 第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展 学生ボランティア募集説明会のお知らせ | Main | 12月15日〆切 <あい基金助成制度>公募開始のご案内»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年11月13日(Mon) それぞれが超えるべき壁は何か<最終日・磨き合う>市民ライター講座2017


こんにちは。スタッフの松村です。

10月14日から始まった、市民ライター講座が最終日を迎えました。
前回の添削を受け、今日は、「磨き合う」と題した合評会です。
前回同様グループに分かれ、自分の原稿だけでなく、他の人の原稿についてもみんなで意見交換をしました。

DSC06635 (800x533).jpg

「本当に伝えたかったことは何ですか」と、改めて問い直す菊地デスク。
前回から原稿を修正した結果、取材した団体の一番象徴的なことが霞んでしまった人に手を差し伸べます。

DSC06617 (800x533).jpg

一方で、原稿に落とし込むときには、「記者が」という主語は使いません。
今回の原稿のスタイルは、感想文ではないからです。
記者が取材した団体について、読者に伝えようとしたとき、記者(自分)にとって必要な情報ではなく、読者にとって必要な情報を選ぶ必要があります。
「読者にとって、どう書くべきかを意識してみよう。『自分が』という壁を超えましょう」と投げかける大泉デスク。

DSC06628 (800x533).jpg

三浦デスクのグループでは、写真撮影についてもコメントが。
空間の取り方、画面に入れるべき情報など、今後も役立つものばかりでした。

最後に大泉デスクから、「みなさん、他の原稿への指摘が具体的になっていて驚きました!」と、コメントが。合評会の成果は読む力にも現れました。

読む力は、書く力にもつながります手(グー)
残るは、最後の合評会で得たことを、さらに原稿に反映し、最終原稿の提出です。

でも!ひとまず、5回連続講座は今日で終了!

DSC06651 (800x533).jpg
▲合評会で身も心も抜け殻に…!?最後の力を振り絞ってパチリ
※お1人欠席

ぴかぴか(新しい)最後は14人でゴール!
それぞれが生み出した原稿には、その人の個性やクセ、考え方など多くのことが影響します。
その原稿をさらけ出し、指摘をし合った仲間たちです。

受講生14人が書いた14本の記事は、 サポセンブログで順次公開します。 また、その中から選りすぐりの5本を河北新報の夕刊にも掲載する予定です。お楽しみに!

位置情報これまでの様子→★★★