CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12月15日〆切り <全日本社会貢献団体機構社会貢献活動支援のための助成事業>のお知らせ | Main | 11月19日〆切 寄付先募集中!<2017子ども駄菓子屋プロジェクト>»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年11月07日(Tue) 仙台での暮らしをより良く便利に!<NPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会>〜ぱれっと取材日誌〜

こんにちは。スタッフの小野です。
木枯らしが吹くようになり、寒さが本格的になってきましたね。

サポセンニュースレターの「ぱれっと」は12月号の取材に入りました。
ぱれっとの中面3ページでは、仙台で活動する市民活動団体を紹介しています!
12月号ではNPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会をご紹介します。

10月28日、青葉区中央市民センターにて、ICAS日本語講師の河田さん、熱海さん、高橋さんの3名にお話を伺いました。
取材を担当してくれたのは、市民ライターの小野恵子さんです。
この日は、「さっと日本語クラブ」の活動の様子を見学させていただきながらの取材となりました。

DSC06362 (640x427).jpg
▲中国、韓国、ベトナムをはじめとした様々な国に縁のある子どもたちに英語を教える河田さん。(写真左)

DSC06324 (640x426).jpg
▲「さっと日本語クラブ」に来る子どもたちは、小学生から中学生まで幅広い年齢です。

NPO法人ICAS国際都市仙台を支える市民の会は、仙台に住む外国人が、日本での暮らしをより良く充実させることを目的に活動をしています。

主な活動は、日本語講座の開催です。
大人や留学生を対象にした「ICAS日本語講座」と「せんだい日本語講座」。
日本語を母国語としない子どもを対象にした「さっと日本語クラブ」は、青葉区中央市民センターや仙台観光国際協会などとの協働開催です。
また、要請に応じて日本語講師を派遣なども行います。
その他にも、日本文化を紹介する交流イベントの開催や、日本語講師ボランティアの人材育成にも携わります。

DSC06373 (640x427).jpg
▲年齢や日本語の理解度にあわせて個別の教材が用意されていました。

この日は、2ヶ月に一度の「あそびの日」。
日本語の学習の後は、講師やボランティアも一緒にプラバンづくりをしました。手(チョキ)
普段は日本語が苦手でコミュニケーションがうまくとれず、学校で孤立しがちな子どもたち。
同じ思いを抱えた同士で遊ぶことも、リフレッシュの方法です。

DSC06396 (640x427).jpg
▲子どもたちにプラバンの作り方を教える熱海さん(写真右)を取材する小野恵子さん。(写真左)

「さっと日本語クラブ」で学ぶ子どもたちの中には、なかなか打ち解けられず、おずおずと教室に入るお子さんもいました。
ICASの日本語講師やボランティアと一緒に、わからない所を解決しながら日本語を学ぶうちに、だんだんと笑顔が咲き、リラックスした様子に。
最後は「さようなら!」と元気に声を出して挨拶をする姿も見られました。

子どもたちに向き合い、楽しみも交えながら日本語を教えることで、仙台での暮らしをサポートする姿は、小野恵子さんの目にどう映ったのでしょうか?
ぱれっと12月号をお楽しみにexclamation×2

バックナンバーはこちらからご覧いただけます→☆☆☆