CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6/29開催!<心を癒し健康につながる心のケア活動>ビューティーケア・ボランティアについて学べます | Main | 申込期間6/12〜7/14…自立した組織体制と事務機能を強化して、次のステップへ〜事務用ブース使用団体募集〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年06月04日(Sun) マーブルロードおおまちのオルガン奏者、齋藤めぐむさんにお話を聞きました〜ぱれっと取材日誌〜


こんにちは。スタッフの宮崎です。
仙台のまちのシンボルの一つに、多くの商店が立ち並ぶアーケードがあります。
仙台駅前から始まり、青葉通りや広瀬通、定禅寺通りなどのメインストリートをつなぐように走っています。

大町のアーケード、「マーブルロードおおまち」内には電子オルガンが設置してあります。
実はこのオルガン、定期的に生演奏を行っているのはご存知でしたか?

3.jpg
▲いつものアーケード

2.jpg
▲の、ここです!

ぱれっと7月号のワクワクビトでは、マーブルロードおおまちのオルガン奏者、齋藤めぐむさんを紹介します。
取材は、市民ライターの生沼未樹さんが担当しました。

ブログ.jpg
▲取材を受ける齋藤さん(右)と生沼さん(左)


普段、齋藤さんは、仙台や石巻で音楽活動をしています。
オリジナル楽曲の作成なども手がけており、仙台市地下鉄のホーム内で曲が流れていたこともあるそうです。

取材では、実際にオルガンのそばまで入り、お話を聞くことができました。
普段はできない貴重な体験に、取材を担当した生沼さんも終始楽しげでした。
どんな記事になるのでしょうかひらめき

ぱれっと7月号をお楽しみに!

ぱれっとバックナンバーはこちら→★★