CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<「週末を有意義に過ごしたい・なにか少しでも被災地に貢献したい」という人にオススメ>若林区三本木で市民農園を始めよう | Main | 協働する福祉事業所を探しています<就労支援プロジェクトで、障がい者の「働く」を支える>複合機清掃サービス»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年05月03日(Wed) 資金調達は、一緒に目標に向かう賛同者を増やすこと<サポセンブックレビュー>


こんにちは。スタッフの松田です。
サポセン1階にある図書コーナーには、市民活動やまちづくりに関する書籍があります。
その中から、今回ご紹介する本はこちらです。


ぼくらがクラウドファンディングを使う理由
12プロジェクトの舞台裏

5_お役立ち本.jpg

2011年の東日本大震災をきっかけに、被災地復興事業の資金調達のひとつとして一気に注目されたクラウドファンディング。「ある目的」を達成するために、「こんなサービスをしたい」「こんなモノをつくりたい」「こんなふうに解決したい」と、アイデアやプランをインターネットを通じて発信し、共感した人から資金を集める方法です。
目標資金達成までに最も重要なことは、多くの人の共感を集めること。そのためには説得的で魅力的な工夫が必要です。

本書では様々な分野でクラウドファンディングに挑戦した12のプロジェクトから、実際にやってみたからこそわかるメリットやデメリットや、成功の秘訣をご紹介。
例えば、若者の地元離れを解決するために地元食材を全国に届けたいと挑戦した高校生の広報戦略。閉鎖の危機にあるスラムの診療所を継続するために無料の医療サービスの仕組みを作る挑戦で考え出された、日本人の深層心理への働きかけ方など。

単なるお金集めだけではなく、自分の夢の実現と新しい価値を創出することができるクラウドファンディング。想いを形にするために挑戦してみたい方に読んでいただきたい一冊です。

==================
編著者:山本 純子・佐々木 周作
監 修:佐藤大吾
出 版:学芸出版社
==================

喫茶店サポセンで本を借りよう
サポセン図書コーナーには、「何か始めたい!」と考えている方のヒントになるもの、市民活動の参考になるようなもの、様々な図書がございます!貸出期間は2週間で、1人1回につき2冊までお貸出ししています。お気軽にご利用ください。