CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«3/22〜25開催!いざという時の防災・減災の対応を<シュミレーションゲームで楽しく学んでみませんか> | Main | SHIRO Lab. ともにつくる、実験場。後編〜ぱれっと取材日誌〜»
プロフィール

サポセン@仙台さんの画像
サポセン@仙台
プロフィール
ブログ
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
TweetsWind
最新記事
検索
検索語句
月別アーカイブ
リンク集
bnr_01.jpg
http://blog.canpan.info/fukkou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/fukkou/index2_0.xml
2017年03月19日(Sun) ご報告<サポセンスタッフが神戸のまちづくりをみてきました!>まちのわライブラリー


こんにちは、スタッフの小野です。
サポセン入り口すぐの「まちのわライブラリー」は黄色のテーブルが目印です。
まちのわライブラリーは、サポセンスタッフが全国各地から収集した、フリーペーパーやユニークな小冊子、書籍が読めるコーナーです。市民団体と企業、行政などが共に作成したものや、事例をまとめた報告書などをご覧いただけます。

DSC02707 (640x360).jpg

2月16日から3月15日は、サポセンスタッフが2016年に兵庫県神戸市へ視察に行った際、見てきた事例の中から、「デザイン都市・神戸」のまちづくりについての様子を紹介しました。

題して
クリエイティブ都市神戸のデザインによるまちづくりです。
--------------------------------------------------------------------------

DSC02708 (640x360).jpg
▲「デザイン都市・神戸」についての資料。各号毎の色鮮やかなNLが特徴です。

神戸市は「住み続けたくなるまち、訪れたくなるまち、持続的に発展するまち」を目指しています。2008年、アジアの都市で初めてユネスコの創造都市・ネットワークのデザイン分野に認定されました。
これをきっかけに、デザインの力で、様々な立場の市民がまちづくり関わる機会を作り、神戸のまちの魅力を活かすまちづくり「デザイン都市・神戸」を推し進めてきました。


展示内容は、サポセンスタッフが視察先で手に入れたまちづくりに関する公共施設や行政が発行する資料、神戸市内で見つけてきたNLやユニークなフリーペーパーです。展示したものからいくつかを紹介いたします。

DSC02709 (640x360).jpg
▲東日本大震災後に始まった「阪神・淡路大震災+クリエイティブ タイムラインマッピングプロジェクト」。

+クリエイティブプロジェクトは、神戸市が設置した様々な地域の課題をクリエイティブの力で解決するための施設「クリエイティブ・デザインセンター神戸(KIITO)」の市民参加型プログラムです。
「阪神・淡路大震災+クリエイティブ タイムラインマッピングプロジェクト」もそのひとつ。
このほかにも、子どもたちがプロの仕事に触れることで知識や技を学ぶことができる「ちびっこうべ」のパンフレットや高齢化に向き合うプロジェクトの成果物「高齢社会における、人生の作り方。の本」を展示しました。

DSC02712 (640x360).jpg

市民と行政、市民とNPOが発行したフリーペーパーも展示しました。
住宅地が美術館へ様変わりするアートイベント「下町芸術祭」のタブロイド版フリーペーパーや、市民が独自にまちのスポットを紹介する小冊子「LOOP」などがあります。
そのほかにも、企業が防災の備えを親しみやすいデザインで解説する冊子や、行政が発行する教導と参画についての通信も展示しました。

皆さんの活動や配布物のデザインの参考になれば幸いです。
展示は終了いたしましたが、紹介しました資料を覧になりたい方は、
スタッフまでお声がけください手(パー)ぴかぴか(新しい)